社内スポーツイベントはいらない?メリットデメリットと導入の全手順

「社内スポーツイベントってどんなものがあるの?」
「社内スポーツイベントって導入すべき」
「社内スポーツイベントのメリットとデメリットを知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「社内スポーツイベントとは」「社内スポーツイベント 導入事例」と検索しても、社内スポーツイベントの導入経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、社内スポーツイベントに関する事項を分かりやすく簡潔に執筆しました。

社内スポーツイベントについて知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、社内スポーツイベントのメリット・デメリットから導入事例まで短時間で学べることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

社内スポーツイベントとは?目的と対象者について

社内スポーツイベントとは、その名の通り『会社で行うスポーツレクリエーションイベント』を指します。

運動会やフットサルなど様々な種目があり、実際に社内スポーツイベントを実施している企業も多いです。社員の健康を気遣ったり、社内交流を活発にすることが一般的な狙いになります。

社内スポーツイベントの目的

社内スポーツイベントを実施する目的は企業によって様々ですが、その最たるものは『社内交流を活発化すること』でしょう。特に規模が大きい会社では、他部署との交流が減少する傾向にあります。

社内スポーツイベントを実施することにより、普段交流できない部署の人と活発にコミュニケーションを取る機会を得ることが可能です。交流が活発化されれば、今までになかった仕事上の連携も可能になり、課題解決の糸口になることさえあります。

また『健康維持』のために社内スポーツイベントを実施する企業も多いです。普段デスクワークが主となる仕事では運動不足により、社員の健康が害される可能性があります。社内スポーツイベントを実施することによって、運動不足を解消し、社員の健康増進をすることが狙いです。

ただし運動不足解消が目的で社内スポーツイベントを実施するのならば、かなり頻度を高めてイベント実施する必要があります。そのため、運動不足解消のみが目的で社内スポーツイベントを実施する企業は少ないようです。

社内スポーツイベントの対象者

社内スポーツイベントの対象者は、従業員とその家族になります。企業によっては正社員・パートタイマー・派遣社員・従業員家族など、大勢でイベントを行う会社も多いです。

社内スポーツイベント実施の最たる目的は、前述した通り社内交流を活発化することにあります。正社員と非正規社員との壁を取り除くことも、社内スポーツイベントを実施する狙いです。

また従業員の家族を呼ぶことで、会社に対しての理解を高めることもできます。「夫は普段どのような人と働いているのか」「会社の社風や上層部の人間はどんな人なのか」を従業員家族が知るための機会となるでしょう。従業員家族の会社に対する理解が増すことで、従業員の定着率も高まる可能性があります。

社内スポーツイベントを導入するメリット

社内スポーツイベントを導入するメリットを解説します。社内スポーツイベントのメリットは様々で、実施方法によって得られるメリットも異なるのが事実です。ここでは社内スポーツイベントを導入する最も一般的な5つのメリットを解説します。

社内交流が活発になる

社内スポーツイベントを実施する最大のメリットは「社内交流を活発化させることができる」ことです。普段関わりのない部署の人とコミュニケーションを取ったり、面接でしか話したことのない会社幹部や社長と接する機会にもなります。

普段関わりのない人とイベントを通じて交流しコミュニケーションを取ることで、会社の課題解決や部署連携に繋がる可能性が高いです。そのため大手企業や従業員数や部署が細かく別れている企業は、積極的に社内スポーツイベントを福利厚生の一部として取り入れている傾向にあります。

リフレッシュになる

社内スポーツイベントを福利厚生の一部として導入することで、従業員のリフレッシュになる可能性も高いです。スポーツを通して運動をすることは、ストレス解消になります。また普段は上司と話す機会が少ない人でも、スポーツを通して会話ができる機会にもなるでしょう。

普段言えなかった悩みを吐露してくれる機会になるかもしれません。またバスケットボールやソフトボールなどのチームスポーツをイベントとして実施すれば、一体感が生まれる可能性も高いです。どんな職場にも人間関係の悩みは付き物ですが、社内スポーツイベントを通して解消されるケースもあります。

運動不足解消になる

社内スポーツイベントを導入することで、従業員の運動不足解消に繋げることも可能です。特に普段デスクワークが主となる企業では、社内スポーツイベントから得られる運動不足解消の恩恵は大きいでしょう。

運動不足解消は社員の健康維持にも直結します。社員の健康が高まれば、生産性も高まり、業績にも良い影響を及ぼす可能性が高いです。ただしデスクワーク中心の企業には運動が苦手な人も多いため、実施する競技は十分に考慮する必要があります。

バスケットボールやフットサルなどの球技系種目は運動が苦手な人にとっては、難易度が高くなる可能性も高いです。「どんな競技ならば全従業員が楽しみながらスポーツができるか」を考えることが大切になります。

福利厚生の一部として企業アピールができる

社内スポーツイベントを福利厚生として導入することで、企業アピールをすることが可能です。現在就職者のリテラシーの高まりもあり、給与以外に「どんな福利厚生を導入しているか」ということが就職者が企業を評価する重要な指標となっています。

社内スポーツイベントを導入することで、『活発な企業』『社風が明るい企業』という印象を就職者に抱いてもらえる可能性は高いです。こうした印象は特に体育会系出身の就職者から好印象を持ってもらえるでしょう。

一方で、コミュニケーションを苦手とする人や仕事とプライベートを区別したい人からは、マイナスの印象を抱かれてしまう可能性も否定できません。「どんな属性の就職者に応募して欲しいのか」も考えたうえで社内スポーツイベントの福利厚生を取り入れましょう。福利厚生は企業イメージを表現する重要な要素です。

従業員家族との交流の場となる

社内スポーツイベントを導入することで、従業員家族との交流の場とすることができます。従業員家族が会社に抱く印象は非常に重要です。

短期離職してしまう人の中には、会社に対する家族の理解が乏しいことが離職の要因となるケースさえあります。社内スポーツイベントを実施し、従業員家族も呼ぶことで、会社の雰囲気や上司の人柄を知ってもらえる機会にすることができます。

ただし社内スポーツイベントの雰囲気が悪く、上司の対応も良くなかった場合は、家族から反対に悪いイメージを持たれてしまう危険性もあるので注意が必要です。従業員家族を呼ぶ場合は、入念にイベントの準備を整え、リスクも考慮したうえで実施しましょう。

社内スポーツイベントを導入するデメリット

ここまで社内スポーツイベントのメリットについてお話ししてきました。しかし社内スポーツイベント導入することでデメリットがあるのも事実です。

社内スポーツイベントの導入を検討している人は、しっかりとデメリットも考慮したうえで導入を決定しましょう。

コミュニケーションが苦手な人には向かない

社内交流が活発になるなどのメリットがある社内スポーツイベントですが、コミュニケーションが苦手な人にとっては苦痛でしかない福利厚生になる可能性もあります。

多数の従業員が集まる可能性が高い社内スポーツイベントでは、必然的に不特定多数の人とのコミュニケーションが必要です。

そのためコミュニケーションが得意な人には楽しいイベントでも、反対に人と接するのが苦手な人には憂鬱なイベントになるでしょう。

自社には「コミュニケーションが得意な人が多いか」「大多数が嫌がる社内行事になる可能性はないか?」をよく検討しておくことが大切です。

コストがかかる

社内スポーツイベントは当然無料で開催することは不可能です。イベントの規模によりますが、多額のコストが発生することは間違いありません。

特に従業員が多い会社や参加人数が多い社内スポーツイベントを開催する際は、あらかじめ費用の算出を行っておくことが必須です。社員を喜ばせたいあまり多額のコストをかけてしまうと、経営自体に悪影響を及ぼす可能性もあります。

経営に悪影響が出ない範囲で予算を組み、あらかじめ開催にかかるコストを計算してから実施しましょう。

怪我の可能性もある

社内スポーツイベントでは、怪我人が出る可能性もあります。普段からスポーツを行っている体育会系企業ならばリスクは低いでしょうが、デスクワークなどで体が鈍っている従業員に対しいきなりスポーツを実施させると思わぬ怪我をしてしまう可能性が高いです。

実際に社内スポーツイベントを行っている会社のほとんどが、イベント最中に何らかの怪我をする従業員を出しています。もし開催する場合は万が一の怪我に備えた準備も行っておきましょう。

社内スポーツイベントの導入事例

ここからは実際に社内スポーツイベントを開催する際の導入事例を紹介していきます。

多くの企業が実施しているスポーツイベントで、種目ごとに様々な楽しみ方やメリットがあります。社内スポーツイベントの導入を検討している場合は、ぜひ参考にしてみてください。

ボーリング

最も一般的な社内イベントはボーリングです。誰もがやったことのあるスポーツで、男女の競技力の差が出にくいので開催しやすいでしょう。

また会場を借りるだけで済むので、開催がしやすいというメリットもあります。また会場によっては、お酒を飲みながら楽しめるので歓迎会や忘年会でボーリングを実施する企業も多いです。

運動会

社内運動会を開催する企業も多いです。運動会の最大のメリットは、チームで得点を競うことができること。

部署毎に別れてチームを組み、上位を目指すことで、チームの一体感も高まります。また従業員の家族も運動会に呼び、交流を深める企業も多いです。景品などを豪華にすることで一層盛り上げることもできます。

フットサル

フットサルも社内スポーツイベントで人気の競技です。5vs5で戦うフットサル競技は、少人数の会社にはピッタリのスポーツイベント

同じフィールドで戦うことで、社内の交流もより活発になるでしょう。ただしフットサルは男女の競技力に差が出やすいスポーツです。ハンデルールなどを設け、全員が楽しめる工夫を凝らすことが大切です。

ウォーキング・登山

最近ではウォーキングや登山も社内スポーツイベントとして人気です。歩くことがメインなので、怪我のリスクが少ないことが最大のメリット。

またコミュニケーションを取りやすいので、交流もより活発になるでしょう。ただし天候などに左右されやすいデメリットがあるので注意が必要です。

ゴルフ

年配の人も参加しやすい社内スポーツイベントがゴルフです。社内での実施はもちろん、景品などを用意して取引先との合同コンペとして実施する企業も多くあります。ただし初心者にはハードルが高いスポーツなので注意しましょう。普段からゴルフを行っている人達で実施するのがベストです。

社内スポーツイベントを導入する際のポイント

社内スポーツイベントを導入する際のポイントを詳しく解説していきます。何となくイベントを開催してしまうと、従業員から反感を買う危険性もあるので、しっかりと「自社にとって社内スポーツイベントの開催することにメリットがあるのか?」を検討してから導入しましょう。

社風や従業員の属性に合っているか

社内スポーツイベントを導入する前に、まずは「自社の社風や従業員の属性に合っているか」を考えましょう。例えば普段デスクワークしかしない人達が、いきなりスポーツイベントの開催を周知されても気乗りしないでしょう。

またコミュニケーションが活発でない会社もスポーツイベントの開催には不向きです。開催しても盛り上がらない可能性が高く、労力やコストだけが無駄にかかってしまいます。反対に体育会系出身者が多く、普段からコミュニケーションが活発な企業は社内スポーツイベントの開催が推奨されます。社内の交流が一層高まり、仕事の面でもプラスに働く可能性が高いです。

従業員の参加意欲は高いか

社内スポーツイベントを開催する場合は、必ず前もって「従業員のイベントへの参加意欲が高いか?」を把握しておくことが大切です。

社内スポーツイベントが失敗する代表的な例は、経営幹部のみの判断でイベントを開催してしまうこと。一般社員の声を聞かず、経営幹部のみで開催を決定してしまうと、従業員から思わぬ反感を買うリスクもあります。

アンケートなどを実施して従業員の参加意欲が高いかどうかを予め把握しておくことが大切です。

コストや労力がどのくらいかかるのか

コストや労力がどのくらいかかるのかを把握しておくことも大切です。社員を喜ばせるために行った社内スポーツイベントが、会社の経営を圧迫してしまっては元も子もありません。

また社内スポーツイベントの開催は、想像以上の労力を要します。イベントの実行委員になる人の仕事量が増えることも予め理解しておきましょう。コストや労力に見合っていないのならば、社内スポーツイベントは行うべきではないでしょう。

社内スポーツイベントを取り入れる方法

社内スポーツイベントを取り入れる方法には、『自社でイベントを企画する』もしくは『外部の会社に依頼する』の2種類があります。双方について詳しく解説していきます。

自社でイベントを企画する

自社でイベントを企画する場合は以下の事項を考える必要があります。

  • 社員の参加意欲と参加人数の確認
  • 競技の選定とイベント内容
  • 開催日の決定
  • 会場の確保と設営
  • 当日の進行方法

自社でイベントを開催する場合、コストは抑えられる反面、労力をかなり要します。実行委員などを設置し、予定通りにイベントを開催するための段取りを確実に進めましょう。

外部業者に依頼する

社内スポーツイベントを企画してくれる外部会社に依頼する場合です。

  • 企画書作成
  • 進行マニュアル作成
  • 会場の手配と設営
  • 当日の進行と安全管理
  • 審判やスタッフの手配

外部業者に依頼した場合、上記の事柄を全て業者が行ってくれます。コストこそ割高ですが、より充実した社内スポーツイベントを開催したいのならば、プロである外部業者に依頼するのがおすすめです。

社内スポーツイベントは熟考したうえでの導入が必須

社内スポーツイベントを実施する場合は、メリットやデメリットについてよく熟考したうえで導入することが必要です。

よく検討して実施しなかった場合、思わぬリスクが発生する場合があります。また社員の健康維持のためだけに社内スポーツイベントを開催するのはおすすめしません。もし健康維持が目的の福利厚生を導入したいのならば、『パーソナルジム』の法人会員制度を利用するのが最もおすすめです。

プロのトレーナーがマンツーマンで社員の健康を管理してくれるので、従業員の満足度も高まるでしょう。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。