ジムの法人契約はおすすめ?導入のメリットと全手順を徹底解説

「ジムの法人契約をするにはどうしたらいいの?」
「ジムの法人契約をするメリットを知りたい」
「ジムの法人契約で注意することは何?」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「ジム 法人契約」と検索しても、ジムの法人契約に関わった経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、ジムの法人契約に関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

ジムの法人契約について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、ジムの法人契約をするメリットと契約時のポイント、契約の全手順を短時間で学べることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

ジムの法人契約とは

ジムの法人契約は、企業がフィットネスクラブやスポーツジムに法人登録を行い、自社の従業員が法人会員価格で施設利用できる福利厚生サービスです。

近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、社員の健康に関するサポートが企業経営においても重要視されています。「スポーツジムと直契約をする」もしくは「スポーツジムを法人価格で利用できる福利厚生代行会社と契約する」ことで、通常の会費よりもお得にフィットネスクラブやスポーツジムを利用してもらうことが可能です。社員が自ら健康の維持・向上に取り組む文化を作ることができます。

実際に大手企業から中小企業まで多くの企業が、スポーツジムと法人契約を結んでおり、福利厚生の一部としています。従業員の健康維持・向上を促進することで“健康経営”に繋げるのがジムの法人契約です。

ジムの法人契約をするメリット

ジムの法人契約をするメリットを解説していきます。ジムの法人契約をする主なメリットは以下の5つです。

  • 従業員のヘルスケアができる
  • 従業員の満足度が高まる
  • 節税効果がある
  • 社内のコミュニケーションが活発になる
  • 企業のPRができる可能性も

順に深掘りして解説していきます。

従業員のヘルスケアができる

ジムの法人契約をすることで、従業員のヘルスケアをすることができます。近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、企業が従業員の健康をサポートすることが重要視されている時代です。

ジムの法人契約をすることで、トレーニングルームやプール、お風呂など充実した施設でいつでもフィットネスを楽しむことが可能です。特にデスクワークが多くなりがちな職場だと、運動の頻度・機会は必然的に減ってしまいます。

ジムの法人会員となり施設を利用することで、運動不足を解消し、健康維持・向上が可能です。健康が維持できれば、仕事の生産性もアップし、企業の売上貢献にも繋がるでしょう。

従業員の満足度が高まる

ジムの法人契約をすることで、既存従業員の満足度が向上する可能性が高いです。近年、『働き方改革』の影響もあり、従業員の会社に対する満足度は働き続ける上で大きな指標となっています。そのため企業側も従業員の満足度を高めるための様々な福利厚生を実施しているのです。

それ代表的な例が『ジムとの法人契約』です。従業員が割安でスポーツジムを利用することでにより健康を向上させることで、仕事・プライベートともに充実していきます。結果的に従業員がより充実した毎日を過ごすことで、企業に対する満足度も高まっていくはずです。

満足度が高まれば短期離職を防止することにも繋がり、採用費などの大幅節減に繋がるからです。福利厚生を導入することで、既存従業員の満足度を高め、『採用に関するコスト削減』や『企業イメージアップ(離職率が低いことによる)』というメリットを得ることができます。

節税効果がある

ジムの法人契約という福利厚生を導入することで、節税にも繋がります。福利厚生にかかった費用が条件を満たしており、国から「福利厚生費」として認められば、『経費』として福利厚生にかかった費用は計上できるのです。

福利厚生費を経費として計上できれば、法人税の算出根拠となる利益を下げられるので、支払う法人税が安くなり、節税に繋がります。

ただし福利厚生費が経費として認められるには、「社内規定が整備されていること」「従業員全体が対象となっていること」「支出金額が、社会通年上妥当な範囲であること」の3つの条件を満たしていることが必須です。

社内コミュニケーションが活発になる

ジムと法人契約を結び、従業員にジムを利用してもらうことで、社内コミュニケーションが活発になる可能性が高いです。

本来、職場の人間関係というものは会社内で完結してしまうもの。しかしフィットネスジムやスポーツジムの利用を通して、職場以外の場所で仲間と交流を深めることが可能です。交流の場が増えるだけで、コミュニケーションも活発になり、仕事にもプラスの影響を及ぼすでしょう。

また「ジムに通う」という共通の趣味ができることで、コミュニケーションも活発になり、従業員同士の中も深まるはずです。仕事以外の話をする良い機会にもなるでしょう。

商品やサービスのPRができる可能性も

ジムの法人契約をすることで、企業の商品やサービスのPRができる可能性もあります。理由は、複数のスポーツジムが法人契約を結んだ企業に対して、『法人企業の商品・サービスのPR活動を実施しているから』です。主なPR方法は以下の通りです。

  • ジム内に商品・サービスのPOPを設置する
  • リーフレットやパンフレットの設置
  • ジムのHPに法人企業の商品・サービスの広告バナーを設置

上記以外にも様々な方法で、PR活動を行ってくれます。特に健康関連の商品・サービスをしている企業は、ジムに通っている人とニーズがマッチしているので、大きな成果が生まれる可能性も高いです。

ジムの法人契約をする際のポイント

ジムの法人契約をする際のポイントを解説して行きます。ジムの法人契約を行う際のポイントは以下の3つです。

  • 従業員の意欲を確認する
  • プランの詳細を確認しておく
  • 利用できる店舗に注意する

順に深掘りして解説していきます。

従業員の意欲を確認する

ジムの法人契約を行う前に、必ず従業員のジム通いへの意欲を確認することが大切です。ジム通いへの意欲が低いのに、ジムと法人契約を締結してしまうと、コストの無駄使いになってしまいかねません。

ジム通いへの意欲が高い従業員が多い場合は、迷わずジムと法人契約を締結し、福利厚生の一部として導入しましょう。従業員の満足度も高くなり、会社の経営においても大きなメリットを得ることができます。

従業員の意欲を確認するための方法としては『アンケートの実施』がおすすめです。従業員全員に対してアンケートを実施し、導入すべきかを検討します。万が一意欲が低かった場合は、ジムとの法人契約を見送ることも大切です。

プランの詳細を確認しておく

ジムの法人契約で大切なポイントの一つが、契約プランの詳細を確認しておくこと。フィットネスクラブやスポーツジムによって、プラン内容は様々です。

料金・利用可能人数・契約期間・利用可能店舗など、様々な要素を詳細に確認しておきましょう。万が一、自社と合わないプランで契約してしまっても、一定期間プラン内容を変更できない場合があるので注意が必要です。

自社に合ったプランは何なのか」「従業員が利用しやすいプランは?」などを考慮しましょう。ジムの法人担当者ともよく相談してプランを決定することが大切です。

利用できる店舗に注意する

ジムの法人契約をする際には、利用できる店舗に注意しましょう。利用する店舗の営業時間・設備・会社からジムまでの距離など、店舗の詳細を確認しておきます。

特に営業時間には注意が必要です。フィットネスクラブの中には24時間営業でない店舗も多くあります。契約した店舗が24時間営業でなかった場合は、当然早朝や深夜に通うことはできません。

また『全店利用可能』なのか『登録店舗のみ利用可能』なのかも大切なポイントです。もしプラン内容が登録店舗のみ可能というものだった場合、出張先でジムを利用することはできません。利用できる店舗には細心の注意を払って、契約を締結することが大切です。

ジムの法人契約をするための全手順

ジムの法人契約するための手順を解説していきます。

  • 契約希望のジムへ問い合わせを行う
  • 見積作成依頼・確認・相談
  • 契約締結
  • 従業員へ契約内容の周知をする
  • 利用開始
  • 利用状況の確認・プランの変更

順に深掘りして解説します。

契約希望のジムへ問い合わせを行う

まずは法人契約を希望するためのジムへ直接問い合わせを行いましょう。連絡先は、フィットネスクラブやスポーツジムの公式HPに掲載されていることがほとんどです。メールやSNSで問い合わせることも可能ですが、契約の金額が大きいので、直接担当者に電話で問い合わせるのがおすすめになります。

見積作成依頼・確認・相談

スポーツジムへ問い合わせを行った後は、見積もりを作成してもらいましょう。見積もりを作成してもらう前に、ある程度の予算を伝えておくことが大切です。

見積もり作成後は、必ず料金とプランの詳細を担当者に確認し、要望があれば変更の相談をします。注意すべきは「金額だけでなく、プランについても詳しく説明してもらう」ことです。料金が予算内であっても、契約プランが自社に合っていないと、後で思わぬトラブルを招く可能性があります。

契約締結

見積もりを確認し、プランの修正を行ったら、契約締結に入ります。契約締結の方法は様々ですので、担当者によく確認をしておきましょう。

従業員へ契約内容の周知をする

ジムの契約が締結したら、自社の従業員へ契約内容をリリースしましょう。従業員の負担額・利用ルール・契約開始日など、ジム利用においての詳細を説明します。従業員がよりスムーズにジムを利用できるように、契約内容を説明しましょう。

利用開始

契約内容の周知が完了したら、いよいよジムを利用していきます。ここからは従業員自身がジムのフロントにて手続きすることがほとんどです。もし契約内容が理解できていない社員がいれば、再度詳しく契約内容を説明しましょう。

利用状況の確認・プランの変更

従業員の利用が始まったら、利用状況をまず確認します。1ヶ月ほど経過してから、自社の従業員の利用状況を確認しましょう。企業が予想していたよりも利用状況が悪いならば、「何故利用しない従業員が多いのか」を把握することが大切です。

具体的な解決策がなく、コストに無駄が発生しているならば、プランの変更をジムの法人担当者に申し出ましょう。ただし契約から一定期間が経過していないとプランを変更できない可能性があるので、注意が必要です。

ジムの法人会員サービスを利用してより良い企業経営を

ジムの法人会員サービスを利用することで、社員のヘルスケアをサポートしましょう。近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、社員の健康を企業がサポートすることが重要視されている時代です。社員の健康を維持・向上させることで、仕事の生産性もアップし、企業経営においてもプラスに働くでしょう。またスポーツジムやフィットネスクラブの法人会員サービス以外にも『パーソナルジム法人会員制度』の福利厚生サービスも実施されており、多くの企業が利用しています。ぜひ今回の記事を参考に、福利厚生サービスを実施し、より良い経営に繋げていただけると幸いです。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。