社員のやる気を引き出す方法!運動不足が原因かも?

「社員のやる気を引き出す方法を知りたい!」
「最近部下のやる気が低い気がする」
「社員のやる気がなくなる原因は何なの?」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「社員 やる気 方法」「社員 やる気 落ちる 原因」と検索しても、会社経営の経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、社員のやる気について分かりやすく簡潔に執筆しました。

社員のやる気について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、社員のやる気が出ない理由・やる気を引き出す方法などについて短時間で学べることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

社員のやる気が出ないことによるデメリット

まずは社員のやる気が出ないことによるデメリットについて解説していきます。社員のやる気が低下することによって様々なデメリットが発生し、企業経営にも悪影響を与えるでしょう。社員のやる気が出ないことによる主なデメリットは以下の3つです。

  • 仕事の生産性が低下する
  • 他の社員のモチベーションに悪影響を与える
  • 離職率が上がる可能性がある

それでは順に深堀して解説していきます。

仕事の生産性が低下する

社員のやる気が落ちることで、仕事の生産性が低下する危険性があります。仕事の生産性を高めるためには、社員一人ひとりが意欲を高く持ち、仕事に取り組むことが必須です。社員のやる気は仕事の生産性と直結しており、やる気が落ちると生産性も低下し、業績にも悪影響を及ぼすでしょう。

特にマネージャーなどの管理職クラスのやる気の低下は、企業の経営を揺るがす危険性が高いです。適切な業務指示ができなくなるため、部下の仕事の生産性が低下していきます。また教育面においてのパフォーマンスも低下するため、優秀な人材が育たない可能性が高いです。

他の社員のモチベーションに悪影響を与える

社員のやる気の低下は、他社員のモチベーションにも悪影響を与えます。特にチームで仕事をしている場合は要注意です。やる気が落ちている該当社員以外にも悪影響を与え、チーム全体のパフォーマンスが低下する可能性があります。

またマネージャーなどの管理職クラスのやる気が落ちてくると、部下のやる気も比例して低下するでしょう。適切な指示ができないばかりか、部下の仕事に対する意欲を無くす要因となってしまうのです。

離職率が上がる可能性がある

社員のやる気が落ちてくると、必然的に離職率も比例して上がってきます。やる気の低下には様々な要因がありますが、やる気の低下により「これ以上仕事を続けることができない」と社員が判断すれば、会社を去ってします可能性が高いです。

また離職者が一人出ると、他社員の離職率も高まると言われています。結果的に企業全体の離職率が高まってしまうのです。離職率は企業イメージそのものに大きく影響してきます。企業イメージが低下すると、就職希望者が減るだけでなく、取引先などの関連企業にも悪いイメージを与える結果となってしまう危険性が高いです。

社員のやる気が出ない理由

社員のやる気が出ない理由について解説していきます。社員のやる気が低下する主な理由は以下の5つです。

  • 給与や働き方に不満がある
  • 人間関係に不満がある
  • 仕事そのものにやりがいを感じない
  • 会社に将来性を感じない
  • 運動不足などが原因で健康問題がある

それでは順に深堀して解説していきます。

給与や働き方に不満がある

社員のやる気が落ちる最大の理由としては、給与や働き方に不満を抱えている場合が多いです。この理由でやる気が落ちる社員の多くは、数年〜数十年働いている社員にありがちです。新卒や新規中途社員は企業への在籍期間が短いので、給与や働き方に不満が出る場合は少ないでしょう。一方で数年〜数十年働いている中堅社員や古参社員は、給与や働き方に対する長年の小さな不満から、やる気を低下させていくようです。

特にここ数年で業績が伸びてきており、仕事が忙しくなってきている企業は注意が必要になります。以前と比べ働き方が大きく変わってきている場合は、中堅社員や古参社員が働き方の変化についてきておらず、やる気を低下させてしまっている可能性が高いです。

人間関係に不満がある

人間関係にストレスや不満がある場合も、社員のやる気が落ちる原因の一つです。人間関係が仕事に与える影響は非常に大きく、仕事のやる気そのものに大きく影響してきます。特に直属の上司や先輩は毎日のように顔を合わせる存在。直属の上司や先輩との人間関係が悪化していると、やる気が低下し、最悪の場合は離職に発展します。

また新卒社員もしくは新規採用した中途社員と既存社員との人間関係も大切です。新しい人材との人間関係が悪いと、両者ともにやる気が低下していきます。「上司の〇〇さんが理不尽な指導をしてくる」「新卒の〇〇さんと上手くいかない」などの声がある場合は、早急に何らかの対策を講じる必要があるでしょう。

仕事そのものにやりがいを感じない

仕事そのものに対してやりがいを感じていない人も、やる気が落ちやすいです。やりがいを感じない原因は様々ですが、「結果を出せていない」「できる仕事が少ない」などがあります。特に近年では「結果だけを評価する」という風潮が強まっています。決して悪いことではありませんが、あまりにも直属の上司や企業が『結果に対する評価』に厳しすぎると、社員のやる気が落ちていってしまいます。

また仕事のやりがいを自らで見出せない人も多いです。「どうしたらこの人はやりがいを見出せるのか」を上司や先輩が試行錯誤し、仕事を与えることが大切です。できる仕事が増え、結果を少しずつ出せるようになれば、自然とやる気も高まってくるでしょう。

会社に将来性を感じない

会社に将来性を感じない人は、自然とやる気も落ちていってしまいます。特に日本は経済低迷期にあり、企業の先行きを不安視させるニュースで溢れているのが現状です。特に新卒などの若手社員は、自身の将来に対して不安を抱きがち。企業の業績や働き方が思わしくないと、仕事に対するやる気が落ちていってしまうようです。

また近年は転職が当たり前の時代になりました。社会人の2人に1人が転職経験があると言われており、転職をするのは珍しいことではなくなっています。そのため会社の将来に不安を感じると転職を検討する社員が増えているのが現状です。既に転職を検討している社員も、仕事に対するやる気が落ちていってしまいます。

運動不足などが原因で健康問題を抱えている

実は健康問題が原因で、仕事のやる気が落ちていってしまう場合もあります。特に現代はオンライン技術が進歩し、PCさえあれば、一日中デスクワークで仕事ができる時代です。そのため社員の運動不足が問題視されており、実際に運動不足が原因で様々な健康問題を抱えている人が多くいます。

心と身体は密接に繋がっており、身体に不調があれば、仕事に対するやる気にも悪影響が出てくるようです。過度な労働時間による睡眠不足で身体に不調が生じれば、仕事の判断力も低下しミスも多くなります。このように健康を害している状態であることで、社員のやる気が落ちてしまっていることも多いです。

社員のやる気を引き出す方法

社員のやる気を引き出す具体的な方法について解説していきます。社員のやる気は仕事の生産性に大きく影響し、企業の業績にも直結してくる要素です。社員のやる気を引き出すことで、業績も安定し、企業経営も上手くいく可能性があります。ここで紹介する方法をぜひ参考にしてみてください。

報酬制度を見直す

まずは自社の報酬制度や働き方を見直してみましょう。給与や昇級などの報酬面は、社員が働くうえで大きな原動力となる要素です。ただし、いきなり給与を上げてもほぼ効力はないので注意しましょう。大切なことは、「正しく社員を評価し、それに見合った報酬を与えること」です。

例えば、仕事が全くできない上司が会社から高い給与や役職を得ていると、当然部下の不満は大きくなります。反対に優秀な人材が適切に評価されておらず、報酬も成果に見合っていないものであれば、不満は大きくなっていくでしょう。現代は、『年功序列』ではなく『成果主義』の時代です。正しく社員を評価し、それに見合った報酬を与えることで、社員のやる気も自然と高まってきます。

働き方を見直す

働き方を見直すことも、社員のやる気を引き出すための方法です。給与と同じく、働き方も社員のやる気に大きな影響を与えます。特に最近は『働き方改革』の影響もあり、企業の残業時間や休日出勤などに対する価値観が一昔前と比べ大きく変革している時代です。特に20代〜30代の若手社員は、働き方に非常に敏感な世代。残業時間が多いほど、やる気を失ってしまう可能性が高いです。

現在、多くの企業が働き方の改革に取り組んでいます。転職サイトを閲覧しても『ワークライフバランス重視』を掲げる企業が多いです。それほど現代で働く人は、働き方に重きを置いています。働き方を今一度見直すことで、社員のやる気を引き出し、仕事の生産性を高めることに繋がるでしょう。

1on1ミーティングを実施する

やる気が落ちている社員に対して、上司やマネージャーと1on1ミーティングを行う機会を作りましょう。1対1で話をすることで、「やる気が落ちている原因は何なのか」を把握できる可能性が高いです。ただし間違っても、やる気がないことに対して叱責することは避けましょう。

1on1ミーティングの目的はあくまで、やる気がない原因をはっきりさせることです。決してやる気を高めるためのミーティングではありません。原因を特定し、時間をかけて社員のモチベーションを上げていくための『キッカケ作り』です。1対1で話し合うことで、社員の今の状況を把握しましょう。

会社のビジョンを浸透させる

社員のやる気が落ちてしまう要因の一つは、「会社と社員の目指す方向性が一致していない」ことです。企業が目指すビジョンが分からないまま仕事をしても、業務をこなすだけの日々になります。今一度ビジョンを全社員に浸透させ、共に成長していく環境作りを行うことが大切です。

もしビジョンを共有しても、やる気が高まらず、仕事に身が入らない社員が居れば、企業に適さない人材かもしれません。前述した通り、やる気がない社員は周りにも悪影響を与えます。決して甘やかさず、できる限りのアプローチをしましょう。

社員の健康に目を配る

前述した通り、社員のやる気が落ちてしまう要因の一つに、健康問題を抱えている場合があります。社員はロボットではなく人間です。健康を害してしまえば、当然仕事にも悪影響を及ぼします。仕事の成果だけに目を向けるのではなく、社員の健康にも目を配りましょう。

おすすめなのが、健康関連の福利厚生サービスを導入すること。特におすすめな複利厚生サービスとして『パーソナルジムの法人会員サービス』があります。フィットネスクラブとは違い、プロのトレーナーが丁寧に健康作りを指導してくれるので、トレーニングの知識が無くても効率良く健康維持・向上に取り組むことが可能です。

社員のやる気を引き出してより良い企業経営を

社員のやる気は企業の経営にも影響する重要な要素です。社員のやる気を引き出すことで、より良い企業経営に繋がるでしょう。本記事では、社員のやる気が落ちる原因とその対策方法について詳しく解説してきました。この記事の内容を参考に、ぜひより良い企業経営を行なってください。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。