ジョイフィットの法人会員になるには?料金や詳細情報を徹底解説

「ジョイフィットの法人会員になるにはどうしたらいいの?」
「ジョイフィットの法人会員になるメリットとデメリットを知りたい」
「ジョイフィット法人会員の詳細を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「ジョイフィット 法人会員」と検索しても、福利厚生サービスの導入経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、ジョイフィットの法人会員に関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

ジョイフィットの法人会員について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、ジョイフィットの法人会員になるための方法とメリット・デメリットを短時間で学べることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

ジョイフィットの法人会員とは?

ジョイフィットは『株式会社ウェルネスフロンティア』が運営する300店舗以上を超える(FIT365を含む)スポーツジムになります。ジョイフィットの法人会員とは、企業がジョイフィットに法人登録を行い、自社の従業員が法人会員価格で施設利用できる福利厚生サービスです。

近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、社員の健康に関するサポートが企業経営においても重要視されています。「ジョフィットと直契約をする」もしくは「対象の福利厚生代行会社と契約する」ことで、通常の会費よりもお得にジョイフィットを利用してもらうことで、社員が自ら健康の維持・向上に取り組む文化を作ることが可能です。

実際に大企業・中小企業を含む多くの企業が、ジョイフィットの法人会員契約をしています。低料金かつ全国300店舗以上のジムを利用できるので、健康関連の福利厚生サービスを導入したい企業には非常におすすめです。

ジョイフィットの法人会員になるメリット

ジョイフィットの法人会員になるメリットを解説していきます。ジョフィットの法人会員になる主なメリットは以下の5つです。

  • 従業員のヘルスケアができる
  • コスパ良く利用ができる
  • 店舗数が多く利用しやすい
  • 24時間いつでもトレーニングができる
  • 企業への健康支援サービスが充実している

それでは順に深掘りして解説していきます。

従業員のヘルスケアができる

ジョイフィットの法人会員となることで、従業員のヘルスケアをすることができます。近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、企業が従業員の健康をサポートすることが重要視されている時代です。

ジョイフィットの法人会員になることで、24時間充実した施設でいつでもフィットネスを楽しむことが可能です。特にデスクワークが多くなりがちな職場だと、運動の頻度・機会は必然的に減ってしまいます。ジョイフィットの利用を通して運動不足を解消し、健康維持・向上が可能です。健康が維持できれば、仕事の生産性もアップし、企業の売上貢献にも繋がるでしょう。

コスパよく利用できる

ジョイフィットの法人会員は、非常にコスパが良いことも大きなメリットです。月々6,578円(税込)で利用することができます。一般的なフィットネスクラブが月々1万円前後であることを考えると、かなりコスパが良いです。また同じ株式会社ウェルネスフロンティアが運営する『FIT365』なら月々3,278円(税込)で利用することができます。店舗数自体も少なく、設備もややジョイフィットに比べると劣っていますが、コスパは24時間ジムの中でもダントツです。

ジョフィットは、『企業負担100%』もしくは『個人負担100%』の2種類からプランを選択することができます(FIT365は個人負担100%のみ)。企業の福利厚生制度によってプランを選べるので、非常に便利です。

店舗数が多く利用しやすい

店舗数が多く、利用しやすいこともジョフィットの法人会員になるメリットです。全国に300店舗以上を展開し、24時間ジムの中では、業界トップクラスの店舗数を誇ります。駅周辺にある店舗が多いので、仕事前後に立ち寄ることが可能です。またFIT365は地方を中心に店舗を展開しており、中には無料駐車場を完備している店舗もあります。

職場近くにジョイフィットもしくはFIT365があるのならば、ぜひジョイフィットの法人会員契約をすることがおすすめです。職場や自宅の近くに店舗があれば、従業員も「ジムに行く」という健康習慣を身に付けることができるでしょう。

24時間トレーニングができる

ジョイフィット(もしくはFIT365)は24時間営業のスポーツジムです。早朝・深夜問わず、ジムを利用することができます。フィットネスクラブやスポーツジムは、ピークタイムと呼ばれる時間帯は、人が多くなり、思うようにジムを利用することが難しいです。しかし24時間営業のジムならば、ピークタイム時間外に通うことで、混雑する時間帯を回避することができます。

また24時間営業なので、夜勤社員や早朝出勤の社員も非常に利用しやすいです。一般的なサラリーマンと生活リズムが違う場合でも、時間に制約なくジムに通うことができます。

企業への健康支援サービスが充実している

ジョフィットを運営する株式会社ウェルネスフロンティアは、健康支援に関する企業サポートに非常に力を入れています。実施している健康支援サービスは以下の3つです。

  • 店舗利用型:ジョフィットもしくはFIT365をお得に利用できる
  • JOYFIT App・FIT365 App:オンライン端末を利用してレッスンを受講できる
  • WELL FIT:トレーナーを企業に派遣するサービス。企業内にて運動・栄養指導を実施

中でも『WELL FIT』はトレーナーを企業に派遣してくれるサービスで、プロのトレーナーが企業に赴き、健康・運動指導をしてくれるサービス。普段ジムに行く習慣がない人が多い企業におすすめの健康支援サービスです。

ジョイフィットの法人会員になるデメリット

ジョイフィットの法人会員になるデメリットを解説していきます。ジョイフィットの法人会員のデメリットは以下の3つです。

  • プールやお風呂がない
  • 都度利用は不可
  • 混雑する時間帯がある

順に深掘りして解説していきます。

プールやお風呂がない

ジョイフィット(もしくはFIT365)にはプールやお風呂は完備されていません。そのためスイミングをしたい人やトレーニング後に入浴がしたい人には、不向きです。最低限の更衣室やシャワールームは設置されていますが、コナミスポーツやティップネスなどと比べ、施設の規模や充実度は劣ります。

ただし福利厚生として『ベネフィット・ステーション』や『福利厚生倶楽部』を既に導入している場合は、コナミスポーツクラブやティップネスなどの大型フィットネスクラブを法人会員価格で利用することが可能です。どうしてもプールやお風呂を利用したい人は、こうした福利厚生サービスを利用するのがおすすめになります。

都度利用は不可

ジョイフィット(もしくはFIT365)は、都度利用することができません。プランは月額制会員のみです。そのため月に1,2回しかジムに通わない人にはやや不向きです。ただし大型フィットネスクラブの月会費が1万円前後であることを考慮すると、ジョイフィットは月々6,578円(FIT365は月々3,278円)で利用できるので、月のコスパは大型フィットネスクラブに比べかなり優れています。

従業員のジムへ通う意欲が高ければ、ジョイフィットの法人会員はかなりおすすめです。しかしジムに行く頻度が高くない従業員が多い場合は、あまりおすすめできません。もし導入する場合でも、個人負担100%のプランで契約をしましょう。

混雑する時間帯がある

時間帯によっては、かなり混雑する場合もあります。特に平日の18時〜20時、土日の14時〜18時はフィットネスクラブの『ピークタイム』と言われ、かなり混雑する時間帯です。コロナ禍による密集エリアへの立入を禁止している企業は注意が必要になります。

ジョイフィット(もしくはFIT365)は、24時間営業のジムです。早朝や深夜でも、もちろん利用することができます。早朝・深夜は比較的混雑しにくい時間帯です。混雑したジムでトレーニングをしたくない場合は、早朝・深夜に通うのがおすすめになります。

ジョイフィットの法人利用料金

ジョフィットの法人会員サービスは『JOYFIT』もしくは『FIT365』を利用できる2つのプランがあります。それぞれのプランの料金プランについて詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

JOYFITの料金プラン

月会費入会金事務手数料オプション
企業契約
(企業負担)
6,578円550円0円※1
企業契約
(個人負担)
6,578円550円0円※1
福利厚生会社6,578円0円0円※1
福利厚生会社
(ヨガ店舗限定)
8,980円0円0円※1

※1:登録者自身で負担

月々6,578円で利用することができます。また『企業負担100%』と『個人負担100%』を選ぶことが可能です。企業の方針に応じて、どちらのプランにするかを選択しましょう。また本プランでは『JOYFIT24』以外にも『JYOFIT』もしくは『JOYFIT YOGA』も利用することが可能です。

福利厚生会社は『福利厚生倶楽部、ベネフィット・ステーション、えらべる倶楽部、WELBOX』が該当します。既に福利厚生として導入している場合は、株式会社ウェルネスフロンティアとの契約不要です。

FIT365の料金プラン

月会費入会金事務手数料セキュリティ費相互利用カード発行料オプション
企業契約
(個人負担)
3,278円0円0円0円無料5,500円※1

FIT365を利用したい場合は、個人負担100%のみのプランになります。企業側が負担することは不可能です。また本プランでは、JOYFITを利用することができないので、注意しましょう。

ジョイフィットの法人会員になる方法

ジョイフィットの法人会員になるための手順は以下の通りです。

  1. 株式会社ウェルネスフロンティへ問い合わせ
  2. 法人会員登録へ申し込み
  3. 企業審査
  4. 契約締結
  5. 利用開始

まずはジョイフィット(FIT365)を運営する株式会社ウェルネスフロンティアへ問い合わせをしましょう。その後、申し込みを行った後に企業審査が行われます。企業審査が通れば契約締結をし、晴れてジョフィット(もしくはFIT365)を利用することが可能です。また従業員が5名以上いないとジョイフィットとの法人契約をすることができないので注意しましょう。

ジョイフィットの法人会員サービスを利用してより良い企業経営を

ジョフィットの法人会員サービスを利用することで、社員のヘルスケアをサポートしましょう。近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、社員の健康を企業がサポートすることが重要視されている時代です。社員の健康を維持・向上させることで、仕事の生産性もアップし、企業経営においてもプラスに働くでしょう。またジョイフィットの法人会員サービス以外にも『パーソナルジム法人会員制度』などの福利厚生サービスも実施されており、多くの企業が利用しています。ぜひ今回の記事を参考に、福利厚生サービスを実施し、より良い経営に繋げていただけると幸いです。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用