離職率が低い会社の特徴まとめ!業界ごとの特徴やデメリットも

「離職率が低い会社の特徴を知りたい」
「会社の離職率が低いけれどデメリットはあるの?」
「業界ごとに離職率って違いがあるの?」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「会社 離職率 特徴」「会社 離職率 デメリット」と検索しても、会社経営の経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、会社の離職率について分かりやすく簡潔に執筆しました。

会社の離職率について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、離職率が低い会社の特徴、業界ごとの特徴やデメリットについて短時間で学べることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて、生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

離職率が低い会社の特徴

離職率が低い会社には必ず理由があります。離職率が低い会社によくある特徴は以下の5つです。

  • 仕事に対するストレスが少ない
  • 残業が少ない
  • 職場の人間関係が良好
  • 給料が高い
  • 教育環境が整っている

それでは順に解説していきます。

仕事に対するストレスが少ない

仕事に対するストレスの度合いは、離職率と直結します。ストレスが多い仕事ほど離職率も高いです。例えば、ノルマの厳しい保険営業マンや介護士は仕事に対するストレスも大きく、離職率が高い傾向にあります。反対に仕事のストレスが低い場合は、離職率も比例して低くなるのが特徴です。

どんなに人間関係や給料が良くても、仕事自体のストレス度が高ければ、離職の原因になります。企業努力により、給料面や人間関係が良好な環境であっても、ストレスが多い仕事は長くは続かないでしょう。

残業が少ない

残業が少ないことも離職率が低い会社の特徴です。近年では『ワークライフバランス』という言葉が流行しており、企業もワークライフバランスを整える努力をしています。そのためどの業界でも全体的に残業時間は減少傾向にあります。しかしベンチャー企業や医療・介護業界では、未だに残業時間の大きな改善が見られず、離職率も高いのが現状です。

残業が少なければ、プライベートの時間に割ける割合も増え、より充実した生活を送ることができます。仕事のストレスも緩和され、同じ仕事を長く続けられる要因となるでしょう。残業時間が少ないことにより心身の健康を維持できるので、離職率も低下するようです。

人間関係が良好

職場の人間関係が良好であることは、離職率が低い会社の特徴です。どんなに給料が良く、残業が少なくても人同士の関係性が悪いと、仕事に対するモチベーションも低下してしまいます。職場の人間関係は、会社員が抱える最も大きな問題です。反対に人間関係が良好であるなら、仕事のストレス度が高く残業が多い場合でも、離職率が下がることさえあります。

人間関係が仕事に与える影響は大きく、職場での人間関係を見直すことで離職率改善に繋がるでしょう。離職率の低い会社は人間関係の構築が非常に上手くいっており、それぞれの企業が社風や風土にあった関係を構築しています。

給料が高い

給料が高い会社も離職率は低い傾向にあります。働く以上、生活を十分に出来るだけのお金を稼ぐ必要があります。給料が少ないと生活は困窮し、より生活が豊かになる企業に転職してしまう可能性が高いです。反対に給料が高いと生活も豊かになり、仕事へのモチベーションも高まります。

また「成果や責任に見合った報酬を得られるか」も大切です。責任が重い仕事をしていたり、高いパフォーマンスを出しているのに、それに見合った給料が得られていないと、離職の原因となります。給料が高いことはもちろん、きちんと成果と責任に見合った報酬を与えている会社の離職率は低いです。

教育制度が整っている

教育制度が整っている会社も離職率が低いです。入社後のサポートをしっかりしてくれるので、仕事を覚えるスピードも早くなり、こなせる仕事も増えていきます。一人で結果を出せるようになれば、自然と仕事への意欲も高まるでしょう。

反対に教育制度が整っておらず、入社後のサポートが十分に出来ていない会社は離職率も高いです。仕事が中々覚えられず、出来る仕事の範囲も限られているため、仕事への意欲も低下していきます。ベンチャー企業の離職率が高くなる要因の一つが、この教育制度が整っていないことにあるのです。

離職率が低い業界について

離職率が低い以下の3つの業界を紹介していきます。

  • 電気・ガス・熱供給・水道業
  • 製造業
  • 運輸業、郵便業

これらの業界にはそれぞれ離職率が低い理由があります。業界ごとの特徴を深堀して解説していくのでぜひ参考にしてみてください。

電気・ガス・熱供給・水道業界

「東京電力」や「東京ガス」といった私たちの生活を支えるインフラ整備を主に扱う業界です。インフラを扱う企業は業績も安定しており、競合も少ないことから、働き方自体もホワイトである企業が多いのが特徴。給料も安定しており、残業も少ないので、離職率も低くなっています。中には離職率が0%の企業もあるほどです。

製造業界

製造業も離職率が低い傾向にあります。製造業界の中でも特に自動車や電化製品を製造している大企業は給料が高く、そういった理由も離職率の低さに反映されていると考えられます。しかし大企業の下請けである中小企業の部品製造などは、残業時間も長く、給料も低いため、離職率は高め。同じ製造業でも離職率には差があります。

運輸業界

運輸業界の中でも鉄道業は、離職率が低いです。私たちの生活に欠かせないインフラを支える仕事であり、仕事の責任は大きいですが、やりがいや給料の高さは他業界よりも秀でています。また鉄道業界は新卒で入社し、長く勤め上げる人が多いことも、離職率が低い要因です。

離職率が低い会社のメリット

離職率が低いことは様々なメリットがあります。人が辞めにくい環境であることは、会社にとって大きなアドバンテージであり、企業イメージも高くなりやすいでしょう。会社の離職率が低いことのメリットは以下の3つです。

  • 人が育ちやすい
  • 採用コストを下げられる
  • 人間関係が成熟しやすい

それでは順に解説していきます。

人が育ちやすい

離職率が低い会社は、人が育ちやすいです。仕事を覚えて一人前になるには、最低でも3年かかると言われています。離職率が低いことは、長期的に勤めている人が多く、業務の経験年数が長い人が多いということです。必然的に人が育ちやすく、パフォーマンス能力が高い人材が多くなるでしょう。長い時間をかけ業務を覚え、経験を積んでいく。営業職ならば人脈が広がっていきますし、事務職やバックオフィス系の仕事ならば業務効率が良くなります。会社の離職率が低いことは、人が育ちやすい企業である証です。

採用コストを下げられる

離職率が低い会社は、必然的に採用コストを下げることができます。人の入れ替わりが少ないので、新たに人を採用する必要がないのです。1人あたりにかかる採用コストは、新卒社員で約50万円・中途社員で約40万円と言われています。転職エージェントや転職サイトを経由すれば、さらにコストは大きくなるでしょう。

離職率が高くなれば、採用コストが次々に嵩んでいきます。どれだけ利益を出している会社でも採用コストが高くなれば、元も子もありません。離職率が高い会社であれば、採用コストを下げることができ、利益率も高くなるのです。

人間関係が成熟しやすい

離職率が低い会社は、人間関係が成熟しやすい環境を作ることができます。どれだけコミュニケーション能力が高い人でも、お互いを知るには2ヶ月〜3ヶ月、人見知りの人なら半年〜1年間は人間関係を作りあげるのに時間がかかるでしょう。離職率が低い企業は、会社の勤続年数も長いので、人間関係が自然と成熟していきます。

お互いを深く知ることができれば、仕事の連携も活発になります。仕事でトラブルが発生しても、お互いに助け合う関係を築けるのです。

離職率が低い会社のデメリット

離職率が低いことは、得られるメリットが多く、素晴らしいことです。しかしデメリットが存在しない訳ではありません。離職率が低い会社のデメリットは以下の通りです。

  • 会社内で少子高齢化が起こる
  • ポストが空かず昇進しにくい
  • 人間関係のマンネリ化が発生する

それでは順に深堀していきます。

会社内で少子高齢化が起こる

離職率が低い会社は、社内で少子高齢化が起こる可能性が高いです。長期的に勤続している人が多くなり、どうしても年齢層が高くなります。採用を行う機会も少なくなるため、若手が入社する機会も少ないです。これにより会社内で少子高齢化が発生します。

若手は企業にとって重要な存在であり、アイデアの創出や課題の発見になくてはならない存在です。若手が少ない企業は、時代の波について行けなくなる可能性さえあります。少子高齢化が進んでいる場合は、若手を積極採用していく必要があるのです。

ポストが空かず昇進しにくい

会社の離職率が低いことで、ポストが空かず、若手や中途採用で入社した社員が昇進しにくくなる可能性が高いです。一人あたりの勤続年数が長いので、ポストに付く期間も長く、部下が昇進しにくい環境になります。昇進ができないため、実力のある若手や中途社員が、同じポストに留まってしまうのです。

しかし近年では日本も欧米に習って『実力主義』の風潮が強くなっています。『年功序列』であった一昔前の文化は崩れつつあり、実力のある人が重要ポストにつく企業も多いです。そのため実力がないのに重要ポストについている中堅社員は、肩身が狭くなってきています。もし自社の離職率が低い場合は、積極的に『実力主義』の文化を作り上げることが大切です。

組織のマンネリ化が進行する

離職率が低い会社は、組織のマンネリ化が進む危険性が高いです。組織のマンネリ化は「同じ人間とばかり仕事を行うことで、会社の発展や成長が阻害されること」を指します。若手や中途社員の入社が少ないので、同じ人間とばかり仕事をすることになり、嫌でも『慣れ』が生じるのです。

会社の離職率が低い場合は、「組織にマンネリ化が起こっていないか」「人間関係に“慣れ”が生じて、良い意味での緊張感がなくなっていないか」に着目しましょう。もしこれらの現象が起こっているのならば、人事異動や若手・中途社員の採用を積極的に行うべきです。

離職率が低い会社がすべきこと

ここまで離職率が低い会社のメリット・デメリットを解説してきました。離職率が低い会社は、優良企業である場合が多く、企業イメージも高いです。しかし離職率が低いからといって、何もしないのでは経営が衰退してしまう可能性もあります。離職率が低い会社がすべきことを3つのポイントに絞って解説します。

若手社員の積極採用を行う

前述した通り、離職率が低い会社は、若手が少なくなってしまう傾向にあります。これを防ぐために20代〜30代の若手社員を積極的に採用していくことが大切です。特に40代後半〜50代の社員が大半を占める会社は、若手の積極採用を行うべきでしょう。

若手を採用することで、新しいアイデアや時代に沿った方針の提案をしてくれる可能性が高いです。既存社員では見つけられない会社の課題を見出してくれることもあります。採用コストこそかかりますが、得られるメリットも大きいでしょう。

組織のマンネリ化に着目する

離職率が低い会社は、組織がマンネリ化していないかに着目しましょう。「上司と部下の上下関係がハッキリしているか」や「最近新しいアイデアの創出が出来ているか」など、マンネリ化によって起こる現象がないかに目を配るべきです。もしこういった現象が見受けられるならば、若手を新たに採用するか人事異動を行ないましょう。これらを実行することで、組織の成長に繋がります。変化の激しい現代では、マンネリ化が進行した企業は衰退しています。現状に満足するのではなく、常に変化・変革を求める企業のみが、厳しい現代ビジネスで成功することができるのです。

社員の健康を労わる

離職率が低い会社は、既存社員の健康を労わることも実は大切です。前述した通り、離職率の低い会社の従業員の平均年齢は高くなりがちです。年齢が高くなれば、健康リスクも比例して高くなります。勤続年数が長く、会社への貢献度が高い社員の健康が崩れてしまうと、会社のパフォーマンスは一気に低下します。

最近では福利厚生の一部として『パーソナルジムの法人会員制度』などを設ける会社も多くなってきました。“健康経営”という言葉が生まれるほど、社員の健康を考えることが重要な時代なのです。

離職率が低いからといって安心しないことが大切

会社の離職率が低いことは素晴らしいことであり、優良企業である証です。しかし自社の離職率が低いからといって安心してはいけません。本記事でお話しした通り、離職率が低いことにはデメリットも存在します。企業の現状を的確に判断し、最適な企業経営を行うことが大切です。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。