【注意】本ページはプロモーション・アフィリエイトリンクを含みます。また、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合に各企業から支払いを受け取ることや、本ページに紹介する商品・サービスに当社が運営するサービスを一部紹介することもあります。当サイト内の表示に関して、提携の有無や支払いの有無、当社製品かどうかが影響を及ぼします。予めご了承の上、本記事をご参考ください。

解剖生理学の勉強方法や活かし方・おススメの本を3冊ご紹介!

解剖生理学は覚える単語が難しかったり、暗記する内容が多かったりして、どのように勉強すればよいのか分からないことはありませんか?また、授業の内容がわからなかったり、ちょっと興味があるけど講座を受けるほどじゃないと思っているときにどのような書籍を読めばよいかご存じですか?

この記事では、解剖生理学とはどのような学問なのか、どんな職業に必要なのか、どのような勉強法があるのかを伝授していきます。解剖生理学につまずいている方は、ぜひ参考にしてください。

解剖生理学とは

まず解剖生理学とは「解剖学」と「生理学」を総称した呼び方です。しかし、解剖学と生理学は切っても切り離せない密接な関係があり、人体の構造や機能を理解する上では基本の土台となります。

しかし、多くの医学生にとっても、ヨガやスポーツジムのインストラクターにとっても、解剖生理学は内容が難しくてとっつきにくいイメージを持っているかもしれません

まずは、解剖生理学がどのような学問なのか、どのように対策すべきかを知るところから始めましょう。

最新情報:ジム・パーソナルジムの集客方法

・本当にアクセスあるジム検索サイトへ掲載したい
・コスパ良く掲載できるジム検索サイトを探している
・パーソナルトレーニングの集客ができてない…

そんな方向けに、業界最大級のアクセス数を誇るジム検索サイト「FitMap」は特におすすめ!サイトへの掲載にかかるスピードは最短即日1時間と早く、価格も大手サイトと比較し安くてコスパも◎。お気軽にご相談ください。

▶︎ まずは資料ダウンロード!

解剖学とは

解剖学とは、人体の構造を理解する学問であり、人体を扱う職種において必要不可欠の学問です。さらに解剖学は、肉眼解剖学や神経解剖学、局所解剖学や系統解剖学などに分類でき、より詳細な範囲で人体の構造を理解できます。簡単に言うと、「体のどこに、どんなものがあるか」を学ぶ学問です。

しかしながら、解剖学を苦手とする方は多く、また、解剖学は医学の基本中の基本であるため、ここでつまずくと後々他の分野の内容が分からなくなることも多々あります。そのため、解剖学がどのような分野で、どのように対策すべきかを押さえておきましょう

専門用語が多い

解剖学では覚えるべき専門用語が多数あります。手や足の筋肉や神経について話す際も、医学においては厳密に定義しなければいけない為、すべてに固有の名称がついてます。そのため、単純な動作についての解説でも、専門用語の多さに話の内容が全く分からないこともしばしば起こります。専門用語はいきなり覚えようとせず、できるだけ目にする機会や耳にする機会を増やして、専門用語に対する抵抗を減らすことから始めましょう

暗記量が多い

解剖学はとにかく暗記内容が膨大で、医学生が初めにつまずくであろう分野です。これらを短期間ですべて丸暗記することは非常に難しく、ある程度はゴロで覚えたり、頭を使って内容を意味づけて覚えることが大事になってきます。

生理学とは

生理学は、人体の細胞や血管、臓器や筋肉がどのように機能するかを扱った、医学の基礎的分野です。生理学を学ぶことにより体の正常な状態を把握でき、病気やケガが発生したときに身体がどのようになっているかを理解できます。簡単に言うと、「人間の体内の各器官がどのような働きをしているか」を学ぶ学問です。

論理的に意味づける

解剖学で学んだ内容を踏まえ、それぞれがどのように機能しているのかを意味づけて学ぶ必要があります。具体的な体の運動や変化を例に考えながら、体系的に理解すると覚えやすいでしょう。

立体で考える

参考書のイラストや、実際に自分で描いてみたイラストは平面であることがほとんどです。しかし、実際に人間の身体は立体であり、平面だけで考えていると余計に物事がわかりづらくなります

立体的に見えるイラストを参考にしたり、平面のイラストを頭の中で回転させて考えた方が、より実際の体に近い形で学べます。

解剖生理学を学べる場所

解剖生理学は基本的に医療に携わる職種で必要になるため、主に大学の医学部で学ぶことが多いですが、現在はセラピストやスポーツトレーナーを目指す方が増え、解剖生理学を学ぶ場所は多様になっています。それぞれ詳しく見てみましょう。

大学や専門学校で学ぶ

現状では、大学や専門学校で解剖生理学を学ぶことが最も多いのではないでしょうか。医学部はもちろんのこと、薬学部や看護学部、健康科学部やその他福祉、栄養に関する学部で解剖生理学に関する科目を受講できます。しかし、大学や専門学校では解剖生理学を単体で学ぶことは少なく、国家資格取得のために履修することがほとんどです。

逆に、大学や専門学校に通うことで、病理学、免疫学、微生物学など、基礎医学を体系的に学べます。

夜間学校、通信制の講座で学ぶ

現在すでにインストラクターやセラピストとして働いている方は、働きながらでも解剖生理学を学ぶために夜間の学校に通ったり、通信制の講座を受講したりできます。エステや整体、アロマなどを専門としたスクールもあり、講座を受ける期間も数か月からあるため、自分の目指す職業や今の自分のレベルに応じたコースを受講しましょう。

本を読む

本

解剖生理学を学ぶために参考書で理解を深めることは非常に大事です。とはいっても、大学や通信講座のカリキュラムの補助として、独学で本を読む場合が多いでしょう。また、解剖生理学にハードルの高さを感じてしまっている方が、初めのとっかかりとして、分かりやすく内容がかみ砕かれた書籍を読むのは非常によい考え方です。

解剖生理学は暗記事項が膨大で、そのうえ論理的思考も必要な分野です。授業ではわからないことをサポートする役目として、初心者向けに書かれた書籍や、イラストや図解で分かりやすく説明されたものを適宜使うのがおすすめです。

おすすめの勉強法

解剖生理学は「解剖学」と「生理学」に分けることはできますが、互いに密接な関係があります。とはいえ、どちらも複雑で難しいため、挫折してしまう方も多いのではないでしょうか?

そのような場合はぜひ、以下のような勉強法を試してみてください。

初めから全部理解しようとしない

まず、解剖生理学はとても暗記項目が多く、専門用語の数もたくさんあります。教科書の頭から順番に読み進めようとすると必ずどこかでつまずいてしまい、先に進めず、そのせいで解剖生理学が面白くないと感じてしまいます。そうなると、結局解剖生理学を学べなくなり本末転倒です。

教科書は何周も読み直して初めて理解できるものだと覚悟しておきましょう。また、目次のページを開いて、自分の興味のある分野や、得意な分野から読み進めていくのも効果的なやり方です。

完璧にすべて理解しようとしない

学校の試験や、資格試験において、大事な箇所とそうでもないマイナーな情報とを見極めることも大切です。参考書の隅に書いてあるおまけのような項目にとらわれず、まずは概要を大きく理解してから、徐々に細かい部分に手を付けましょう

また、過去問などを通して、よく出題されるなどの重要な分野から勉強するのも良いでしょう。

イラストを参考にし、自分でも描いてみる

机とノート

教科書や参考書は、できればわかりやすいイラストや図解のついたものを選びましょう。解剖生理学は人体の構造を理解するところから始まります。そのため、人間の身体をきちんと把握しなければなりません。

イラストを見て立体的に理解したり、実際に自分で模式図を描いてみたり、自分の体を見て比較してみたりすると、より深く理解できるでしょう。

とにかく繰り返し問題を解く

解剖生理学に限らず、何かを学ぶ上で大切なのは勉強時間の量です。とにかく問題集や試験の過去問などを繰り返し解きましょう

そして、勉強時間を確保するために大切なことは、解剖生理学を好きになることです。「好きこそものの上手なれ」ということわざの通り、解剖生理学が楽しいと思えれば、勉強時間を割くことは苦でなくなります。また、勉強すればするほど人体の仕組みがわかるようになり、解剖生理学がより好きになります。このループに入れば解剖生理学はますます得意になるでしょう。

隙間時間に動画や音声で学ぶ

最近はYouTubeなどの動画サイトを通じて解剖生理学などの勉強ができるようになっています。また、SNSやインターネット上で解剖生理学の周辺情報も得られます。さらに、zoomを使った有料の通信講座なども存在し、勉強方法は机の上だけでするものではなくなっています

目で見る、手で書く、触ってみる以外に、耳で聞く、人に話すことで、記憶の定着率ははるかに向上します。ぜひやってみてください。

解剖生理学の実際の活かし方

解剖生理学は主に医療の現場に携わる方が必要とする学問です。しかしながら、ヨガインストラクターやセラピスト、スポーツジムのパーソナルトレーナーにとっても必要な知識であると近年注目を集めています。

ではなぜ、医療現場以外で働く人たちに解剖生理学が必要なのでしょうか?

なぜ解剖学が必要なのか

解剖生理学は、人間の体の構造とその機能についてまとめた学問です。そのため、私たちの病気やケガを治療する医師にとっては必ず知っておかなければならないものです。

一方、セラピストやパーソナルトレーナーは、私たちの体に触れ、体の症状を治療するもしくは運動機能の向上を図るのが仕事です。そのため、骨や筋肉との関わりやそれらがどのように機能するのかを把握しておく必要があります。

また、リハビリメニューを組んだり、ボディメイクを効率的に行うアドバイスをしたり、コンディションを整えたりするためには、解剖生理学について知っていた方が、よりクライアントを満足させられるでしょう。

解剖生理学に関する資格

勉強中の男女

解剖生理学に絞った資格はありません。しかし、数多くの国家資格や民間資格において解剖生理学が必須となります。

また、取得できる資格がなかったとしても、解剖生理学の知識を得ることで、パーソナルトレーナーやヨガのインストラクターなどは、業務の幅が大きく広がります。場合によっては昇給なども見込めるため、解剖生理学を学んで損はないでしょう。

解剖生理学を活かした職業

解剖生理学を活かした職業には主に以下のようなものが挙げられます。それぞれ詳しく見てみましょう。

医者、看護師

解剖生理学は骨格や筋肉、血液や神経から、呼吸器や循環器、消化器など人体のありとあらゆる器官の構造と機能を扱います。よって、私たち人間の体に異常が起きた時、健康な状態に戻すためにどのような手順でどのような処置を施せばよいかを医師は知っておかなければなりません。主に医者を目指す医学部生はまず解剖生理学を、医学の土台である基礎として学びます。

もちろん医者以外にも、看護師などの医療に従事する職業の方は解剖生理学を学んでおく必要があります。

理学療法士、作業療法士

理学療法士や作業療法士を目指すうえでも、解剖生理学は基礎との学問となります。運動学とともに、実際に働くうえですべての土台となる学問です。実技を通して実際に学び、患者それぞれの症状に合った治療を施します。また、国家試験にも直結する分野なので、必ず勉強しておきましょう。

トレーナー

女性インストラクター

近年フィットネスブームが世間で熱く盛り上がり、それに伴ってジムでのインストラクターやパーソナルトレーナーを目指す人も増えてきました。その多くはスポーツジムでスポーツパフォーマンスを向上させたり、筋肉量を増やしたりするトレーナーや、ヨガやピラティスなどのフィットネスを通して体の健康を保つインストラクターです。

そのため、自分や相手の体の動きを細かい範囲で理解し、それをもとにトレーニングメニューを組んだり、ストレッチやリハビリをしたりします。トレーナー資格には民間資格もありますが、解剖生理学を学ぶことでさらなる顧客満足につながったり、安心につながったりします。

解剖生理学のおすすめの本3選

解剖生理学は、大学や講座の授業内容が難しく、話についていけない場合があります。また、セラピストやヨガ、スポーツジムのインストラクターとしてより活動の幅を広げたいと思って、解剖生理学を学びたいと思っている方もいるでしょう。

今回は、解剖生理学が苦手だなと思う方解剖生理学が全然わからないという方解剖生理学を学び始めたいが完全初心者向けの内容がよい方に向けて、おすすめの本を3つ選びました。ぜひ参考にしてください。

のほほん解剖生理学

引用:Amazon.co.jp

Amazonの病理学カテゴリーでベストセラー1位にも選ばれた解剖生理学に関する本です。無料でアニメ動画を公開しているWEB玉塾の解剖生理学を書籍化したもので、1冊だけで解剖生理学の重要語句をまとめて覚えられます

解剖生理学は専門用語の数が非常に多く、構造や機能を理解する前に言葉が理解できず挫折してしまう方が多いのが特徴です。この本は、解剖生理学を網羅して学ぶことはできませんが、解剖生理学を学び始めた方、少し興味があっても解剖生理学を敬遠しがちな方におすすめです。

ぜんぶわかる人体解剖図―系統別・部位別にわかりやすくビジュアル解説

引用:Amazon.co.jp

解剖生理学入門の決定版ともいえる、プロ、アマ共に愛用する一冊です。主に解剖学を中心に、人体各部の仕組みと働きを初心者にもわかりやすく豊富なイラストと共に解説しています。生理学を交えながら体の部位別に説明されており、非常に見やすいことから多くの方に人気の本となっています。

大きな図解とわかりやすい説明で、教材としても使っているところもあります

ヨガの解剖学

引用:Amazon.co.jp

ヨガの基本のポーズである太陽礼拝を題材に、ヨガのアーサナに通じる身体の使い方を分かりやすく解説しています。内容は解剖学の基本ばかりを取り扱い、これから解剖生理学を学ぼうとしている方にはピッタリの一冊です

特に、ヨガのインストラクターやセラピストを目指している場合には、実際のヨガのポーズを実践しながら学べるため、解剖学のとっかかりとしては非常によい本となっています。

また、基本的にヨガは見様見真似でやることが多いですが、この本を通じて論理的にヨガを楽しめます。インストラクターとして働くには大いに参考になるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。解剖生理学は医療に携わる方や、インストラクターなどで人の体に触れる業種の方には必要不可欠な学問です。しかし、専門用語や暗記項目が非常に多く、挫折する方も少なくありません。気を張って一度に完璧に理解しようとせず、自分が理解できるところから始めて、参考書や問題集を繰り返し読んで解くようにしましょう。

また、イラストを描いてみたり、自分の体を触ってみたり、動画音声で耳からインプットしたり、人に説明したりして、五感をフルに使った勉強法を試してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

WEB集客数が大幅UP


・本当にアクセスあるジム検索サイトへ掲載したい
・コスパ良く掲載できるジム検索サイトを探している
・パーソナルトレーニングの集客ができてない…

そんな方向けに、業界最大級のアクセス数を誇るジム検索サイト「FitMap」は特におすすめ!サイトへの掲載にかかるスピードは最短即日1時間と早く、価格も大手サイトと比較し安くてコスパも◎。お気軽にご相談ください。

資料ダウンロードはこちら【初期費用無料】

ジム経営の総合相談窓口

お客様の現状やなりたい姿を徹底的にヒアリングをした上でお客様に寄り添って最適な提案をさせていただきます。開業、集客、採用、マシン導入、システム構築、HP制作、広告運用、店舗展開、物件探し、内装工事、サービス設計などジム経営に関する全ての業務がサポート範囲です。お気軽にご相談ください。

相談は無料です。必ず有意義な時間にします。

ご相談申込みはこちら【初回無料】

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

ジム・パーソナルジム特化の内装「ジム内装」

「ジム内装」サービスは、フィットネス業界、特にパーソナルジム業界を中心に展開。ただのおしゃれなジムを作るだけではなく、集客に影響できる設計も含め提案しているのが特徴的です。

また株式会社FiiTでは月間30万人が利用する業界最大級のジムポータルサイトFitMapを運営しており、約500店舗以上のジム事業者と関わりもあるため、パーソナルジム業界でウケるデザインや集客に繋がる内装、やってはいけないポイントなども熟知しております。

【施工イメージ】

内装のご相談はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

パーソナルトレーナー

八代・熊本のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:熊本県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

黒崎・北九州のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:福岡県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

直方のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:福岡県
■採用形態:業務委託

人事

【台東区勤務】人事&オフィスサポート 未経験◎

■勤務地:東京都
■採用形態:アルバイト

人事

未経験OK!人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

人事

未経験◎ 人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

パーソナルトレーナー

長崎のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:長崎県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

御殿場・静岡のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:静岡県
■採用形態:業務委託

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。