柔道整復師の平均年収や給料を上げる方法を徹底解説!

柔道

「柔道整復師の給料はどのくらい?」
「柔道整復師に収入を増やす方法はある?」
「柔道整復師より他の資格の方が稼げる?」

柔道整復師を目指す人は実際に働いた後の収入面が気になるのではないでしょうか。せっかく念願の資格を取得できても、給料が少なすぎて困るなんてことになったら大変です。給料事情は事前に調べておきたいところ。

そこで本記事では柔道整復師の平均年収から給料を上げる方法まで、わかりやすく解説します。進路を決める前にこの情報を頭に入れておけば、人生の選択を間違わなくて済むようになるでしょう。これから資格を取ろうとする人や、すでに柔道整復師として働いていて自分の給料が適切か知りたい人は、ぜひご覧ください。

柔道整復師の給料はどのくらい?

お金

柔道整復師は厚生労働大臣が免許を発行する国家資格です。骨折や脱臼、打撲、捻挫など怪我をしてしまった人に、手術ではなく腕の技術で固定、治療する施術をおこないます。

代表的な勤務先は整骨院や整骨院、整形外科など。気になる給料はどのくらいなのでしょうか。

柔道整復師の初任給

求人サイトを調べたところ、柔道整復師の初任給は26万円程度が相場のようです。

厚生労働省の調査によると学歴別の初任給は次のようになっています。

学歴初任給
大学院修士課程修了23万8900円
大学卒21万200円
高専・短大卒18万3900円
高校卒16万7400円

社会人全体を見ると柔道整復師の初任給は高い傾向だと言えそうです。

初任給だけ高めでもその後の昇給がなければ意味がありません。年収の相場をみてみましょう。

柔道整復師の平均年収

こちらも求人サイト情報では柔道整復師の平均年収は約367万円です。国税庁によると日本の平均年収は約461万円ですので、柔道整復師の平均年収は日本全体の平均より低い傾向にあります。

ただし勤務先や働き方、スキル、経験年数などによって大きく変わるのが現実。公務員と違って自分の努力と工夫次第で年収を上げることができる職業です。

柔道整復師の収入内訳

一般企業や公務員と比べて柔道整復師の給料内訳はやや異なります。年収額だけでなく内訳まで確認しておくと将来の給料変動を予測できるでしょう。

大きく分類すると柔道整復師の収入は次の項目に分けられます。

  • 基本給
  • 資格手当
  • 能力手当
  • 歩合給
  • 賞与(ボーナス)

実際は勤務先によって変わりますが一般的には上記の5つに分けられます。

基本給

基本給は一定期間働くことで必ず発生する給与のことで、勤務先から受け取る賃金のベースとなる部分。賞与の金額にも影響するため、とても重要な項目です。

資格手当

資格手当は保有している資格に対して支給される給与のことで、柔道整復師だけでなく他の資格を取得していればプラスでもらえる場合があります。

例えば同じ国家資格の鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師を取得している人は、資格手当が多くなる傾向にあるようです。

能力手当

能力手当は、施術の技術や能力に応じて支給される給与のことで、勤務先によって様々な評価方法があります。

例えば保険施術や自費メニューの技術、保険請求作業のスキルを習得することで評価が上がることもあります。

歩合給

歩合給は、施術を担当した数によって上乗せされる給与のことで、実力がある人ほど多くの金額を得られます。勤務先によっては固定給だけの場合もあるため、歩合で働きたい人はよく確認しましょう。

賞与(ボーナス)

賞与は、毎月定期的に支払われる給与とは別に支給される給与のことで、企業のサラリーマンと同じく夏と冬の年2回支給されることが一般的です。

基本給の1.5~2ヶ月分くらいの金額が賞与になる企業が多いですが、業績によって変動するため、年によって増減があったり支給されなかったりすることもあります。

令和3年度賃金構造基本統計調査のデータ(参考)

厚生労働省が発表している調査データでは柔道整復師は「その他の保健医療従事者」に分類され、そこでの平均年齢や平均年収は次のようになっています。

平均年収423万円
月給30万円
ボーナス64万円
平均年齢37.7歳

ただしこのデータは柔道整復師だけでなく、その他の医療従事者も含めた数値です。ひとつの参考データとして捉えたほうがよいでしょう。

柔道整復師と他資格の給料比較

手もみ

柔道整復師の給料は基本給に加えて歩合給もあり、がんばり次第では稼ぎやすい職種と言えます。ただ気になるのは、他の資格保有者の給料事情です。そこで柔道整復師の仕事と似ている職業の給料をチェックしていきましょう。

あん摩マッサージ指圧師の給料

あん摩マッサージ指圧師は「あん摩」「マッサージ」「指圧」の3つの技術を使って身体の不調を解消する東洋医学の専門家です。

求人統計データを見るとあん摩マッサージ指圧師の平均年収は約367万円で柔道整復師とほぼ同額。

鍼灸師の給料

鍼灸師は「はり師」と「きゅう師」両国家資格をもつ治療家。経穴(けいけつ)と呼ばれるツボを刺激して身体を内側から治療します。

求人統計データでは鍼灸師の平均年収は約373万円。柔道整復師とは微妙な差です。

整体師の給料

整体師は国家資格ではなく民間資格なので医療行為はできません。ストレッチなどの施術で身体を癒すセラピストの役割があります。

同じ求人データによると整体師の平均年収は約370万円。こちらの柔道整復師と大きな差はありません。

理学療法士の給料

理学療法士は怪我や病気で身体に障害を負った人の回復させるリハビリテーションの専門家です。

平均年収は約361万円でやや低い傾向にあります。また、医師の指示で仕事をする職種のため歩合給のある勤務先はなく、柔道整復師と違ってがんばり次第で収入を増やすことは難しい職種です。

平均年収を比べても大差なし

柔道整復師と他資格の平均年収を比べても統計データ上で大差はありません。あくまで統計なので実態とかなり違いがある可能性はあります。特に歩合給のある会社の場合、個人の成績に大きく収入が変動するため「収入は自分の努力次第」と言っていいかもしれません。公務員であればそうはいきませんが。

では柔道整復師が収入を増やすためにはどうすればよいのでしょうか。ここから解説します。

柔道整復師の給料を上げる方法

柔道整復師

柔道整復師は工夫次第で給料を上げることができます。収入を増やす働き方があると言ったほうが正確かもしれません。結論を先にお伝えすると収入を増やす方法は次の6つです。

  • 歩合制の勤務先を選ぶ
  • 昇進する
  • プラスの資格を取る
  • 介護業界で働く
  • スポーツ業界で働く
  • 独立開業する

それぞれ解説します。

歩合制の勤務先を選ぶ

歩合給のある勤務先を選べば、患者さんの数が増えるにつれて給料が上がります。会社に所属しながらでも自分の能力次第で収入をいくらでも増やせる点は手に職のある人のメリット。それだけ技術や人間性も問われる厳しい環境でが、やりがいや達成感は大きく充実した毎日になることでしょう。

昇進する

整骨院の院長やマネージャーに昇格することで収入を増やす方法もあります。他の職種と同じように役職が上がるにつれて手当は増えるのが一般的。昇進するためには単に施術の技術が高いだけでなく、コミュニケーション力やマネジメント力、収益を増やすためのマーケティング力も求められます。就職先を探す際は「院長候補」といった記述がないかチェックしましょう。

プラスの資格を取る

新たな資格を取得することで年収のアップにつながります。ただし柔道整復師と似たような他資格、例えば鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師ではなく、もっと柔道整復師としてのキャリアアップにつながる資格がおすすめです。それは次の2つ。

  • 機能訓練指導員
  • 管理柔道整復師

概要は以下。

機能訓練指導員とは

機能訓練指導員は介護保険法で決められている職種です。怪我や病気などで支援が必要になった人に対して機能訓練をおこない、健康的な生活を送れるようにサポートする役割があります。

柔道整復師が機能訓練指導員になると介護業界で重宝される傾向にあるため、収入アップにつなげることができるでしょう。

管理柔道整復師とは

管理柔道整復師は簡単に言うと保険請求ができるようになる資格です。保険請求というのは、整骨院や接骨院で患者さんが保険を使って施術を受けた際に、施術料金を健康保険組合に請求してお金をもらうこと。つまり管理柔道整復師がいなければ保険を使った治療はできなくなります。

ですから管理柔道整復師は必ず必要な人材であり資格をもっているスタッフは優遇され、また将来独立開業する際にも役に立つ大変有益な資格です。

スポーツ業界で働く

医療業界ではなくスポーツ業界で働くことも収入アップになる可能性があります。柔道整復師は機能解剖学だけでなく治療の技術も身につけているため、スポーツチームやアスリートからも重宝される存在です。フリーのトレーナーとしてプロと専属契約を結べば年収1,000万円以上も可能な世界。成果主義のきびしい環境なので常に技術を磨き結果を出し続ける必要があります。スポーツが好きであればチャレンジする価値は十分にある選択でしょう。

独立開業する

柔道整復師の国家資格を取得するメリットは開業権が認められていることです。整骨院や接骨院を自分で開業して経営すれば、会社に雇用されているだけの収入よりはるかに多い金額を稼げる可能性がでてきます。

整復の技術だけでなく経営の知識も必要です。コンビニ以上に整骨院が乱立している現代ではライバル競争も激しくなるでしょう。でもだからこそ成功すれば年収1,000万以上の高収入が実現できます。

また独立開業は、自分の城をもつことの自己肯定感、満足感を満たしてくれる効果も。独立の不安を払拭するだけの価値ある選択となるはずです。

柔道整復師の給料が1,000万を超えるまでのロードマップ

接骨院

この記事を読んでくださっているあなたは高収入を得たいと思っているはず。そこでここからは稼げる柔道整復師になる手順を5ステップで解説します。結局収入を増やせるかどうかは自分次第。次の手順をひとつの参考に将来の道を考えてみてください。

ステップ1.柔道整復師の資格を取得する
ステップ2.歩合制の接骨院で勤務する
ステップ3.管理柔道整復師を取得する
ステップ4.院長候補を募集している整骨院へ転職する
ステップ5.独立する

それぞれ説明します。

ステップ1.柔道整復師の資格を取得する

まずは柔道整復師として働くために国家試験を受けて合格しなければいけません。柔道整復師養成施設として認定されている専門学校(3年以上)、短大(3年)、大学(4年)で所定の科目を履修して卒業すれば国家試験が受験できます。

ステップ2.歩合制の接骨院で勤務する

就職先は歩合給のある接骨院や整骨院を選びます。就職してからも常に勉強して技術を磨いてください。固定給に甘んじてはいけません。成果が出たら給料は増える、結果が出なければ給料は下がる、この感覚を身につけることが大事です。

ステップ3.管理柔道整復師を取得する

実務経験を積んだら、健康保険を扱える管理柔道整復師の資格を取得します。資格を取得することで給料が上がる可能性もありますが、真の目的は将来あなたが独立したときに役立てるためです。

ステップ4.院長候補を募集している接骨院へ転職する

経験を積んで患者さんも増え、管理柔道整復師も取得したら役職を上げる方法を考えます。今働いている場所で院長やマネージャーになれるならよいですが、可能性が薄いなら「院長候補募集」と掲載されている求人を探して好条件の接骨院へ転職しましょう。いずれあなたは独立して自分の城をもちます。それまでに管理職を経験しマネジメントを学んでおきましょう。

ステップ5.独立する

ここまでくれば「これなら自分でできそうだな」と感じる日が来ます。そのときこそ独立して年収1,000万円以上を狙うときです。接骨院や整骨院を開業してもいいし、フリーの施術者としてプロスポーツチームと契約してもいい。大事なことは最初から「将来は独立して稼ぐ」というビジョンを持って働くこと。あとは勇気と努力と工夫次第です。

まとめ

柔道整復師

いかがでしたか?
柔道整復師の初任給はやや高めですが、平均年収は低い傾向です。他の医療系国家資格と比べても大差はありません。しかし歩合制の勤務先を選んだり他の資格を取得したりすれば給料を増やすことができます。なにより開業権があるので将来は独立開業して年収1,000万円以上を稼ぐことも夢ではありません。

柔道整復師は稼げないからやめておこうと考えるのはとても残念です。なぜならあなたの努力と工夫次第で収入は変えられるから。データ上の数値は参考程度にして、お金以外の価値にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。