【2022年度】神奈川衛生学園専門学校の就職・コースをご紹介!

鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師、看護師、アスレティックトレーナーなど医療業界で働いてみたいという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。これらの職業を目指せるのが、69年の長い伝統と至高の技術をあわせもつ「神奈川衛生学園専門学校」です。

神奈川衛生学園専門学校では、2種類の学科に分かれてそれぞれ目指したい職業に向けて専門的な授業や実技が実施されます。そのほかにも「どんな授業があるのか」「どういった職業に就けるのか」など、気になることがたくさんありますよね。

そこで今回は、神奈川衛生学園専門学校の特徴や学科、主な就職先について紹介していきます。医療の現場で働きたい人にも必見の内容ですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

神奈川衛生学園専門学校とは

神奈川衛生学園専門学校は、東洋医療総合学科と看護学科の2つの学科をあわせもつ3年制の専門学校です。系列校には東京衛生学園があり、いずれも東洋医療に特化した専門学校となります。

神奈川衛生学園専門学校では、人の生命の輝きを支えていく強く高い志と「おもんぱかりの心」をもった「心ある、そして考える医療人」の育成を目的としています。そのために東洋医療総合学科と看護学科の2学科を設置しており、特に「チーム医療」の考え方や姿勢を学ぶ教育に力を入れているのが特徴です。

半世紀以上の伝統が生み出した神奈川衛生学園独自のカリキュラムで、医療のスペシャリストを目指すことができます。

神奈川衛生学園専門学校の特徴

鍼灸師

ここからは神奈川衛生学園専門学校の特徴について詳しく見ていきましょう。

チーム医療を身につける教育

神奈川衛生学園専門学校には「東洋医療総合学科」と「看護学科」の2学科が設置されています。どちらも「チーム医療」の考え方と姿勢を学ぶ教育に注力しており、学生の「考える力」を養いながらも時代が求める医療人の育成を目指しています。

3年間で6つの資格取得が目指せるカリキュラムや、看護学科は1年次から国家試験対策や少人数制の実技演習を行うなど、一人ひとりの知識や技術力を高められるのが特徴です。

伝統から生み出された教育ノウハウ

神奈川衛生学園専門学校がもつ69年の伝統から生み出された独自のカリキュラムによって、医療スペシャリストを育成するための専門知識や技術がしっかりと身につくようになっているのが本学園の特徴です。

また、代々継承されている貴重なあん摩の技術を学べるのも本学園が人気の理由のひとつです。ここでしか身につけられない門外不出の本物の手技や、近年注目されているリンパ浮腫治療の基礎について学べます。

症状や原因、メカニズムといったリンパドレナージの基本的なスキルを学ぶためのカリキュラムも満載なので、あん摩マッサージ指圧師を目指している人にもおすすめです。

5,000人以上の医療人を輩出した就職実績

神奈川衛生学園専門学校では5,000人以上の卒業生がさまざまな医療分野で活躍しています。学生が企業担当者と直接顔を合わせて話ができる就職ガイダンスを実施しているので、さまざまな企業の社風や実際に働いている方々の様子を聞くことも可能です。ガイダンスを通じて自分が将来働くときの姿をイメージできるようになっています。

また、1年次から2年後の就職について意識してもらうために病院説明会も開催しています。病院それぞれの強みや特徴を知ることで、自分が働く場所についての理解を深められるでしょう。

充実した設備と恵まれた学習環境

充実した施設や設備が用意されているからこそ、キャンパスライフを楽しみながら学びを深めることができます。1番のポイントは図書室や食堂、トレーニングルームといった、在学生が過ごしやすい環境を最優先に考慮し設計された校舎です。

ウェイトトレーニングマシンや測定機など各種機器も設置されているので、スポーツ医学やAT(アスレティックトレーナー)コースの授業でも活用できます。また各ベッドに小型液晶モニターを設置されているため、授業で教員の実演映像を見ながら複雑な手技を実践することも可能です。

地域貢献

「地域に信頼され、地域と共に歩む学園」を目指している本学園では横須賀、三浦地区の方々の健康づくりの一環である公開講座や教育活動支援活動を常時実施しています。

また、学内にある「附属はりきゅう臨床施設」は、地域の方々への治療室として利用することが可能です。一般公開講座では「楽しく安全に」をコンセプトに講義と運動の2本立て講座を開講していて、地域の多くの人々から人気を集めています。

神奈川衛生学園専門学校で目指せる就職先

ここからは、神奈川衛生学園専門学校のおもな就職先を紹介します。神奈川衛生学園専門学校での学びはどのような職業に活かすことができるのかについて見ていきましょう。

看護学科(3年制)

看護師

保健師、助産師、看護師、准看護師のことを総括して看護師と呼びます。保健、医療、福祉の場で人々に寄り添い健康を守る役割を果たしているのがこの看護師です。

仕事内容は主に傷病者や妊産婦のケアをしたり、診療の補助を行うことです。病気やケガを負った人々を身体や精神だけでなく社会、文化といったさまざまな側面から捉え、必要な看護を的確に判断していきます。

看護師が活躍できる場は病院や診療所などの医療機関のほかに、訪問看護や福祉関連施設が挙げられます。今後もますます高齢化が進むため、日本の医療現場を支える看護師の存在は必要不可欠です。人々の命と生活をサポートする専門職として活躍できるフィールドはより広がりを見せていくでしょう。

健康運動実践指導者

保健医療関係者と連携しながら安全で効果的な運動プログラムを作成したり実践指導計画の調整を行う仕事です。運動に関する知識と技術を持ったトレーニングのスペシャリストなので、スポーツ愛好家はもちろん高齢者向けの有酸素運動、ストレッチ、筋トレといった運動の実践指導も行います。

健康運動実践指導者は、現在の医療制度改革において医療費適正化対策の柱のひとつとしても重要な存在です。また、今後展開されていく生活習慣病対策においても健康づくりのための運動を指導する専門家として需要が高まっていくでしょう。

健康運動実践指導者の資格を取得するためには、健康・体力づくり事業財団の養成講習会を受講後、認定試験に合格しなければなりません。神奈川衛生学園専門学校ではほとんどのカリキュラムが正課授業内に組み込まれているため、2年次には受験資格が取得できるようになっています。

救急法救急員

救急法救急員とは、日常生活における事故防止や止血方法、包帯の使い方はもちろんのこと、人工呼吸や心臓マッサージの方法、AEDを用いた電気ショック(除細動)、骨折箇所の固定、搬送の方法などの救急法に関する知識や技術を習得した救急員のことです。

取得には「基礎講習」と「救急員養成講習」の受講が必要で、全国の支部や赤十字施設で講習が行われます。救急法救急員の資格を取得するためには日本赤十字社の「基礎講習」と「救急員養成講習」を受講して検定に合格しなければなりません。

全国の支部や赤十字施設で講習が行われますが、神奈川衛生学園専門学校では集中講習がカリキュラムに組まれているため在学中でも資格取得が可能です。

アスレティックトレーナー(AT)の受験資格要件にも救急法救急員の資格が必要になるので、この資格は在学生のほとんどが取得しています。

東洋医療総合学科(3年制)

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師とは「あん摩」「マッサージ」「指圧」の3つの技術を使って患者の不調を解消軽減する医療手技のスペシャリストです。

患部に手を当てて治療するため、人の手の温かさが伝わる医療として老若男女かかわらず多くの人々から親しまれている医療法でもあります。揉む、擦る、押す、叩くといった徒手療法で患部を刺激し、人間が本来持っている自然治癒力を促進させて病気の予防や治療を行うことができます。

あん摩マッサージ指圧師の資格を取得するためには国家試験に合格する必要があります。規定の学校や養成施設で3年以上、あん摩マッサージ指圧師として必要な知識や技術を習得しなくてはいけません。

はり師

鍼を刺して経穴と呼ばれるツボを刺激することで気の流れを整え、人間が本来もつ自然治癒力を高めて病気の予防や不調改善といった治療ができる東洋医学の治療法です。

はり師の資格を取得するためには、はり師ときゅう師の両方の国家試験に合格しなければなりません。規定の学校や養成施設で3年以上、必要な専門知識および技能を習得します。

きゅう師

経穴の上にもぐさを乗せて燃やし、熱の力でツボを刺激する温熱療法を行う治療法です。こちらもはり同様、人間が本来もつ自然治癒力や免疫力を活性化させることで身体の不調を改善することができます。

ほかにも生活習慣病の予防、健康維持増進などさまざまな病気に有効とされています。こちらの資格もはり師ときゅう師両方の資格を取得する必要があります。

アスレティックトレーナー

アスリートが常に最高のコンディションで試合に臨めるように、食事の管理やトレーニング、ケガに対する応急処置やリハビリテーションまで、身体づくりと競技力向上全般をサポートするトレーナーです。アスレティックトレーナーは医療とスポーツをつなぐ大切なパイプ役として、現在需要が高まりつつある職業でもあります。

本学園は平成11年に日本スポーツ協会から「アスレティックトレーナーコース承認校」として認定されています。そのため、3年間のカリキュラムの附帯授業を履修すれば受験資格が得られるようになっています。

神奈川衛生学園専門学校の学科コースとその特徴

続いて、神奈川衛生学園専門学校の学科コースについてそれぞれの特徴を紹介していきます。

東洋医療総合学科

3年間で6つの資格が取得可能

神奈川衛生学園専門学校では、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の3つの医療国家資格に加えて、希望者にはアスレティックトレーナー、健康運動実践指導者、救急法救急員の取得支援をしています。

本学園は日本で唯一、3年間で鍼灸マッサージ師の国家資格とアスレティックトレーナーの資格を同時に取得できる学校です。これらの資格を取得することで、ケガや病気の予防を含めた健康づくりをはじめ、スポーツ医学、治療など幅広いニーズへの対応が可能となります。

また、学習サポートとして放課後に教員との勉強会を開催するなど、資格取得に必要な学習環境も整えています。

「手を創る」豊富な実技授業

「手を創る」というのは、あん摩マッサージ指圧の手技療法だけではありません。鍼や灸の技術のもとでもあり、患者が触れられた際に手のぬくもりから感じる「安心感」にもつながります。

本学園ではプロの治療家を目指すための大事な土台作りとして、総授業時間数の60%以上を実技や演習実習の時間に充てているのが特徴です。実技では複数の教員が授業を担当し、臨床実習では3~5名の教員が実技指導をします。また授業中だけではなく、放課後にも実技室で教員の指導のもと実技練習をすることも可能です。

充実したスポーツ系授業

本学園は東洋医学とスポーツ医学を中心として、幅広い知識と技術を兼ね備えた治療家の育成を目的としています。授業では「スポーツ栄養学」「スポーツ心理学」「健康運動実践」「運動処方」といったカリキュラムを学ぶことで、スポーツ医学の観点からも患者にアドバイスすることが可能です。

トレーニング指導だけでなく治療もできる「本物のトレーナー」として活躍できるように、附帯授業ではアスレティックトレーナーの資格取得も目指しています。また、民間スポーツクラブと同等の設備のトレーニングルームを常時開放しているので、実技を学ぶ環境も充実しているのも嬉しいポイントです。

看護学科

69年もの伝統ある学科

本学園は開設以来69年ものあいだ看護教育に携わり、現在に至るまで約5,000名の看護師を輩出してきました。長年培った経験、実績、病院とのネットワークを活かして、看護師を目指す学生に対して充実のサポートも用意しています。

安心の学習サポート

授業形態は少人数制のため、一人ひとりの成長を確認しながら指導してもらえます。また、学習に集中できる環境や教員のサポートのほか独自のカリキュラムが用意されているので、3年間をかけて看護師に必要な資質が身につきます。

充実の学習環境

小児から老人在宅介護、妊産婦のケアまで幅広い層の患者を看護できるように最先端設備を備えた環境で実践的な看護教育を行っています。施設は陽光が降り注ぐ、明るく広い実習室が人気です。

神奈川衛生学園専門学校のカリキュラム

ここでは、東洋医療総合学科と看護学科のカリキュラムの一例を紹介します。どのような授業が行われているのかをチェックしておけば、学校の雰囲気や授業のイメージをつかみやすくなるでしょう。

東洋医療総合学科

後藤流按腹術

後藤柳三郎翁氏が考案した、本学園に代々継承される手技療法と理論を学べます。

マニュアルセラピー

機能解剖、運動学、生理学といった基礎医学知識や東洋医療学をベースに応用できる総合的な徒手療法を学びます。

ドイツ式オイルマッサージ

実際にドイツで行われているクラシックオイルマッサージを通して、オイルを使用したマッサージの手法について学びます。

東洋医学概論

中国伝統医学をベースにした鍼灸治療の理論や実技を学べます。

エアロビクス

有酸素運動の理論と実技を、実際に体験しながら学ぶことができます。エアロビックダンス、ボクササイズヒップホップを取り入れた授業は在学生からも人気を集めています。

テーピング(スポーツ傷害概論)

指や足、関節に巻いてケガをしやすい部位を補強したり、動きを制限してケガを予防し、再発防止をするためのテーピング技術が習得できます。

看護学科

看護学概論

看護とは何かについての定義やその対象となる人々、健康を守る社会のシステムについて学びます。グループワークや病院見学もあるので、看護についての基礎や専門的な知識が深められます。

基礎看護技術演習

看護技術演習では、実践力の基礎を身につけられます。座学で学んだ科学的思考や問題解決思考が実際に医療現場で活かせるように、実習で力をつけていくことが可能です。

ベテラン講師陣による丁寧に演習支援もあり、また授業を行う基礎看護実習室では専門的な技術を習得するための最新設備も備わっています。

高齢者疑似体験

手足に重り、特殊眼鏡、ヘッドホンなどを装着したまま日常生活動作を行う体験授業があります。加齢による筋力、視力、聴力などの低下を疑似体験することが可能です。高齢者の心身の変化を身をもって知ることができるので、看護援助のあり方やコミュニケーションのとり方などついても学んでいけるでしょう。

リンパドレナージ療法

ドイツのリンパ浮腫専門フェルディクリニックを立ち上げたPro.Dr.med.Fold;によって体系づけられたリンパ浮腫治療の基礎を学べます。リンパ浮腫の原因、症状、メカニズムなど、リンパ浮腫に関する基礎知識と、症状緩和および解消のためのリンパドレナージの基本的なスキルを習得し、患者への治療やケアを安全に実施するためのカリキュラムがあります。

まとめ

神奈川衛生学園専門学校は鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師、看護師になるための知識や技術を養うための専門学校です。69年にわたる伝統の手技や独自のカリキュラムがあるので、現場で活かせる実力を身につけることができます。

学科は東洋医療総合学科と看護学科の2種類があります。3年間の過程でさまざまな資格を取得できるようになっているので、スポーツ、介護、美容とさまざまな分野において活躍できる医療のスペシャリストとして成長することも可能です。

卒業後は鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師、アスレティックトレーナーなどさまざまな進路が用意されているので、自分のキャリアプランに合った職業に就くことができます。医療現場で働きたいと考えている人は、ぜひ本学園への入学を検討してみてください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。