インストラクター5業種の紹介と目指し方を徹底解説!

「インストラクターには、どんな業種があるのか気になる」

「インストラクターになるための資格は必要なのか」

「インストラクターとトレーナーには、どんな違いがあるのか?」

上記のような疑問を抱えていませんか。

現在、健康ブームに伴いヨガやピラティス、エアロビクスなどのインストラクターの需要は拡大傾向です。そして、おうち時間が増えたことで、運動不足解消のためにオンライン講座や動画配信などの利用が増えて、インストラクターの仕事も大きく変化しています。

インストラクターの種類は多種多様なので、どのようなインストラクターを目指したらよいのか悩みますよね。 そこで今回は、インストラクターの5業種の紹介と目指し方、インストラクターとトレーナーの違いについて解説します。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード

インストラクターはどんな仕事?

インストラクターとは、特定の分野で技術などを指導する職業のことを指します。スポーツに関する指導者のことを「スポーツインストラクター」と呼んでいます。

主な仕事内容は、利用者に合わせたレッスン内容の考案や適切なトレーニング指導、悩みに対してのアドバイスなどを行います。また、施設内の清掃やマシンの点検などを行い、利用者が安全に気持ちよくレッスンできるように環境整備も重要な仕事です。

そもそもインストラクターは、国家資格ではなく民間資格です。基本的には、民間団体の認定試験に合格してからインストラクターになるのが一般的です。インストラクターの資格は、大学や専門学校、通信講座などで取得できますが、独学でもしっかりと勉強すれば合格することも可能でしょう。

インストラクターの5業種

スポーツに関するインストラクターは多種多様で、民間資格の種類も豊富です。ここでは、代表的なインストラクターの5業種とインストラクターとして働く上で必要な民間資格についてご紹介します。

ヨガインストラクター

ヨガインストラクターは、体を伸ばすや負荷をかけるなどポーズをしながら、姿勢と呼吸に意識を向けさせるように指導する仕事です。ヨガには、心の平常心を高め、全身に酸素をいきわたらせることで新陳代謝を高める効果が期待できます。ハタヨガやホットヨガ、マタニティヨガなど30種類以上あります。

ヨガインストラクターの代表的な民間資格は以下の通りです。

  • 国際的ヨガライセンス資格
  • 美容・健康系ヨガ資格
  • 心身向上系ヨガ資格
  • ヨガライフセラピスト
  • ヨガインストラクターjp資格

インストラクターの認定資格としては、NPO法人日本YOGA連盟や一般社団法人全日本ヨガ協会などがヨガインストラクター資格を認定しています。また、海外でも全米ヨガアライアンスのRYT200といった有名な認定資格もありますよ。 

エアロビクスインストラクター

エアロビインストラクターは、音楽に合わせて有酸素運動であるエアロビクスを指導する仕事です。生徒たちの経験や能力に合わせて、プログラムを構築し、指導する能力が求められます。

ちなみに、エアロビインストラクターとして働くにあたって必要な資格は特にありません。しかし、エアロビクスの基本的な知識と技術を学び、資格取得すれば生徒たちの信頼を得ることができます。そして、エアロビクスはエクササイズとして認知されてから、インストラクターの資格保有者が指導するのが一般的となっています。主に、スポーツジムや商業施設などで教室や講座を開催して直接指導することが多いです。

エアロビインストラクターの代表的な民間資格には以下の2つがあります。

  • エアロビックダンスエクササイズ(ADI)
  • JAF認定エアロビック指導員

ピラティスインストラクター

ピラティスインストラクターは、体の内側の筋肉のインナーマッスルを鍛える方法など正しいピラティスを指導する仕事です。ピラティスを指導するにあたって、正しい呼吸法や筋肉の動きを指導するためには、知識や実践経験が求められます。

ピラティスインストラクターの民間団体の資格は以下の通りです。

  • IBMA認定ピラティスインストラクター
  • BSSJ
  • ピラティスインストラクター

ピラティス関連の資格は、種類が豊富なのでご自身が学びたい資格は何かをしっかりと見極めましょう。

アクアフィットネスインストラクター

アクアフィットネスインストラクターは、水中の有酸素運動や筋力強化などを指導をする仕事です。水中の力学的特性や水中での安全管理などの基本的な知識と技能、適切な指導方法が求められます。児童や高齢者、障害者、妊婦まで幅広いニーズに対して、適切に指導するためのカリキュラムの作成も重要な仕事です。

アクアフィットネスインストラクターは、一般社団法人日本スイミングクラブ協会認定の資格を取得するのが一般的です。

アクアフィットネスは、関節にやさしく体への負担が少ないため高齢者向けのエクササイズとして人気です。また、水中エクササイズやウォーキング、スイミングスクールの指導など幅広い仕事があります。

ダンスインストラクター

ダンスインストラクターは、音楽に合わせてダンスをしながら技を指導する仕事です。ダンスのインストラクターは必須となる資格は特にありません。しかしダンスは、バレエやフラダンス、社交ダンスなどジャンルごとにインストラクターを認定する団体があります。団体の認定資格を取得してからインストラクターとして仕事をするケースが一般的です。

現在、スポーツジムやフィットネスジム、ダンススタジオだけでなく教育現場でも需要があります。ダンスインストラクターは、ジャンルごとに民間資格があります。

  • 認定ダンス指導士
  • プレコリオ系ダンスレッスンプログラム資格
  • 社交ダンス関連する資格
  • バレエやフラダンス、ヒップホップなどのレッスン資格

ご自身が得意とするダンスにてキャリアを積み、専門の資格を取得することでインストラクターとしての仕事の幅が広がるでしょう。

インストラクターを目指すには?

ヨガインストラクター

インストラクターは、必須となる資格や学歴は必要はありません。しかし、インストラクターとして専門知識や技能を学び、資格の取得することで信頼性を高めることが可能ですここでは、インストラクターを目指すためにはどのような方法があるのかについてご紹介します。

スポーツまたは健康系の学校に通う

一般的なルートとしては、スポーツまたは健康系の大学や専門学校などで専門知識や技能を学ぶ方法があります。養成学校に通うと、人間の体の構造やケガの応急措置、トレーニング方法などを基礎から身につけることができます。また、養成学校によってはスポーツ指導者やヨガインストラクターなどの資格取得が可能です。養成学校に通いながら、フィットネスジムなどに働くことで、実践的な技能を磨くことができますよ。

ただし、養成学校の入学金や授業料、テキスト代などの費用がかかります。また、短期集中型や長期通学型などさまざまコースがありカリキュラムも異なります。まずは、ご自身がどのようなインストラクターを目指したいのかといった目的を明確にすることが重要です。そして、専門性の高いカリキュラムがあるのか、目指している資格を取得できるのかなど、養成学校の情報を集めるようにしましょう。

インストラクターのアシスタント

インストラクターの養成校に通わずに、フィットネスジムなどで働きながらプロのインストラクターのもとで知識や技能を身につける方法です。学生の頃にスポーツ経験をした方やダンスやヨガなどの経験者などが、インストラクターのアシスタントになることが多いです。大手のフィットネスジムなどで働く場合は、スポーツ経験や人柄、コミュニケーション能力などを重視して採用されるケースがあります。

基本的には、養成学校で専門知識を学んでいなくても、独学でインストラクターの資格取得も可能です。ご自身が憧れるインストラクターのもとで技能をしっかりと学び、スキルアップを目指すことが大切です。ただし、資格試験を受ける際には、基礎的な部分においては間違った認識をする可能性があるので注意が必要です。資格取得を目指す際には、正しい知識や技能を身につけるためにオンライン講座や通信講座を利用して、効率よく勉強することをおすすめします。

インストラクターに有利な資格

インストラクターは、活躍するための有利な資格があります。インストラクターとしてステップアップをしたい方は、ぜひ資格の取得を目指しましょう。

健康運動指導士

健康運動指導士は、「健康・体づくり事業財団公認」の民間資格です。生活習慣病の方や高齢者の方に対して、運動プログラムの作成や運動指導、調整などを行います。運動施設だけでなく、病院や介護施設などさまざまな場所で注目を集めている資格です。

資格を受験するための条件は、4年制の体育系大学を卒業(見込み)者や医療系の資格保有者で指定の講習会を修了した者です。学歴や資格がない方であれば、健康運動指導士養成校に入学して養成講座を修了する必要があります。健康運動指導士の資格試験の範囲は広いですが、しっかりと勉強すれば合格する可能性はあります。

NSCA認定パーソナルトレーナー

NSCAは、世界88カ国と地域において約45,000名以上の認定資格者をもつ有名な団体です。スポーツ科学や医療分野、フィットネス分野などさまざま専門家とともにスポーツパフォーマンスの向上を目的とした活動をしています。NSCAは、信頼性の高い資格となっており国内でも資格認定が可能です。

NSCA認定パーソナルトレーナーになると、アスリートなどに対して健康増進や維持などの指導を行うことが可能です。認定試験は、医学的、運動生理学的な専門知識や指導技術など幅広い知識を身につける必要があります。独学での合格は難しいため、体育系の大学や専門学校などで理論や専門技能をしっかりと学んでから、試験に臨むことをおすすめします。

似ているトレーナーの違いについて

インストラクターは、ある特定の専門知識や技術を指導することが仕事です。また、安全管理や健康管理に関するサポートを行い、技術が向上するためのカリキュラムを組みます。主に、スポーツジムやフィットネスにてエアロビクスや水泳、ヨガなどを指導するのがインストラクターです。基本的には、利用者の目的にあわせて指導にあたります。

一方トレーナーは、運動能力向上や筋肉増強トレーニングなど健康的な体づくりに関する指導や管理を行う仕事です。トレーニング指導からケガの予防やリハビリ、健康管理など幅広い分野の知識が必要です。トレーニング理論などの専門知識が必要なため、関連する資格を取得する方が多いです。また、医学やスポーツ科学に関する知識を身につけるために柔道整復師や理学療法士の国家資格を取得しているトレーナーもいます。国家資格を取得することで、スポーツジムだけでなく病院や介護施設などで活躍することも可能です。

まとめ

ここでは、インストラクターの5業種の紹介と目指し方についてご紹介しました。インストラクターには、ヨガ、エアロビクス、ピラティス、アクアフィットネス、ダンスなどの業種があります。基本的には、専門の資格や学歴がなくてもインストラクターとして働くことは可能です。しかしインストラクターを目指す方は、各団体が認定している民間資格を取得することを推奨します。 

今後は、健康ブームによりヨガやピラティス、ダンスなど専門性の高いインストラクターの需要が増えると考えられます。各団体や協会が認定している資格を取得することで、活躍の場が広がります。まずは、どのような種類のインストラクターになるのかといった目的を明確にして、自分に合ったインストラクターの資格取得を目指しましょう。

 

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。