ブランディングメディアとは?ファン化させるステップと成功メディアのポイント

資格の勉強

「ブランディングメディアってなに?」
「ブランディングメディアの効果は?」
「ブランディングメディアのやり方を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「 ブランディングメディア」と検索しても、信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、オウンドメディアを含め事業経営を行なっている株式会社FiiTがブランディングメディアについて分かりやすく簡潔に紹介します。

ブランディングメディアについて詳しく知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、ブランディングメディアについての理解を深め、事業拡大のヒントを得られることをお約束します。

読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

ブランディングメディアとは

ブランディングメディアとは、「メディアを通じて自社の商品、サービスなどをブランド化するために情報を発信したり、活動を行ったりなどして、メディアをブランド化する」ことです。自社が持つメディアをブランド化することで、ビジネスをより優位に進めることができます。

そもそもブランディングメディアとは『ブランディング』という概念から生まれたものです。ブランディングとは、マーケティング戦略の一つで、お客様やユーザーから共感や信頼を得ることによって特定の商品やサービスの価値を高めていくことを指しています。

インターネットなどのオンライン環境が充実した現代では、数えきれない程のメディアが運営されているのが現状です。ブランディングメディアを行うことで、数あるサイトの中から自社のメディアをアピールすることができます。自社メディアの発展を目指すならば、ブランディングメディアは欠かせない要素です

ブランディングメディアが持つ3つのメリット

ブランディングメディアを運営することで、得られるメリットを解説します。ブランディングメディアのメリットは主に以下の3つです。

  • 自社商材のブランディングができる
  • 価格競争を避けられる
  • 広告費などのコスト削減に繋がる

順に深堀して解説していきます。

自社商材のブランディングができる

自社商材のブランディングができることが、ブランディングメディアが持つ最大のメリットです。自社が販売・提供する商品やサービスをブランディングすることにより、より多くの顧客を得ることができます。

現代の日本は商品やサービスに溢れているのが現状です。ブランド力がない商品やサービスは数多の商材に埋もれて、ユーザーから知ってもらうことさえできません。「いかにして自社ブランドの認知度を高められるか」が現代ビジネスで成功するために必須の要素です。

ブランディングメディアの運営に成功できれば、自社の商材をより多くのユーザーに知ってもらうことができます。ブランディングに成功すれば、徐々に自社の商品やサービスの認知度も高まり、より多くの顧客を得ることができるでしょう

価格競争を避けられる

価格競争を避けられることも、ブランディングメディアのメリットです。ブランディングメディアの運営に成功すれば、高い共感と信頼をお客様から得られるため、必然的に価格競争を避けることに繋がります。

特に大手企業が市場を席巻している業界では、いかにして価格競争を避けるかがポイントです。商品やサービスの開発力・生産力に優れている大手企業に『価格』で勝つことは不可能でしょう。特に中小企業や個人事業主は価格競争を避けなければ、競争の激しい業界で生き残ることができません。

ブランディングメディアを運営することで、自社ブランドの認知度を高め、価格以上の魅力をユーザーに伝えることができます。ブランド力が高い商品やサービスは、大手企業の商材に比べて価格が高かったとしても、お客様からの需要を得ることが可能です。

広告費などのコスト削減に繋がる

ブランディングメディアを運営することで、広告費などのコスト削減に繋げることが可能です。ブランディングメディは初期投資となる『サイト制作』や『リソース確保』の費用が必要ですが、基本的にその他の費用はかかりません。

インターネット広告として代表的なものに『検索連動型広告』とも呼ばれるリスティング広告があります。リスティング広告は効果が高く人気がありますが、広告費用が高くなってしまうのが弱点です。

初期投資こそ高額になりがちなブランディメディアですが、中長期的に見ればコストを削減することができます。運営に成功すれば、初期投資の回収を早期に行うことも可能です。

ブランディングメディアをファン化させるためのステップ

ブランディングメディアをファン化させ、運営を成功させるためのステップを解説します。ブランディメディアをファン化するためのステップは以下の通りです。

  • ブランドのアイデンティティを明確にする
  • ペルソナを絞り込む
  • 立ち上げ方法を決める
  • 発信する
  • SEO対策を行う

順に深堀して解説していきます。

ブランドのアイデンティティを明確にする

ブランディングメディアを運営する第一ステップとして、ブランドのアイデンティティを明確にすることが必須です。ブランドのアイデンティティとは「ブランドにとっての普遍的な価値やイメージ」を指します。いわゆるお客様やユーザーに提供させたい『自社ブランドのイメージ』です。

ブランドアイデンティティはメディアを運営するための“目的”に位置付けられます。ブランドアイデンティティを明確にすることで、メディア運営のゴールを設定することが可能です

ブランドアイデンティティが明確になっていないと、今後のメディア運営にも悪影響を及ぼします。メディア運営のマーケティング戦略は全てアイデンティティを元にしたものとなるので、手を抜かずしっかりとブランドアイデンティティを明確にしておきましょう。

ペルソナを絞り込む

ブランドアイデンティティが明確になったら、次は『ペルソナ』を絞り込んでいくことが大切です。ペルソナとは、「メディア運営で集客したいターゲット」のことです。ペルソナを細かく設定しておくことで、今後の情報発信においても一貫性を持たせることができます。

ペルソナを決定する際には、『性別・年齢・家族構成』などできるだけ細かく特性を設定することが大切です。特性を細かく絞り込むことで、マーケティング戦略をより明確にすることができます。あまりにも大まかなペルソナ設定だと発信する情報自体も目的のないものになりがちなので注意しましょう。

またSEO対策を実行する際にも、ペルソナの設定は非常に大切です。ペルソナが検索しそうなキーワードに沿って対策を行うため、時間をかけて綿密にペルソナを設定しましょう。

立ち上げ方法を決める

ブランディングメディアの目的と集客チャネルを考えたら、次は立ち上げ方法を検討し、実際にブランディングメディアを作成します。ブランディングメディアの立ち上げ方法は、主に以下の3つです。

  • 業者に委託する(外注)
  • 開発者を採用する
  • 自社で作成する

どの方法を取るのかは、ブランディングメディアの規模や予算によって異なります。業者や開発者を採用すればブランディングメディアの実践経験がなくてもクオリティが高いものを作成できる一方で、高いコストがかかります。

コストをより抑えたいなら自社で作成するのがベストですが、『Wordpress』などのスキルが必要です。自社に合った立ち上げ方法をよく検討してから、ブランディングメディアを作成しましょう。

発信する

ペルソナ設定や立ち上げ方法が決まったら、実際にブランディングメディアに情報を発信していきます。先に決定したメディア媒体に基づいて情報発信を積極的に行いましょう。

前述した通り、ブランディングメディアのSEOを高め、ユーザーを増やすためにも情報の発信量は非常に重要です。1ヶ月に数記事しか発信しないとSEOが上がらず、ブランディングメディアが本来の役割を発揮することができません。

また単に記事を量産するのではなく、あくまでペルソナに価値のある情報発信をすることが大切です。キーワードをよく検討することはもちろん、SEO対策だけでなく、〝本当に価値のある情報を発信する”ことを心がけましょう。

SEO対策を行う

ブランディングメディアを作成したからといって、放置したままでは何の効果も得られません。そこでブランディングメディアを作成したら、次の段階として『SEO対策』を行うことが大切です。

SEO対策とは、「Googleなどの検索エンジンの検索結果で自社(自分)のWebサイトをインデックスさせて露出を増やしたり、上位表示させて検索流入を増やすための対策」のことです。SEO対策によって、ユーザーにWebサイトの情報をきちんと届けることができます。

SEO対策を行うことで、検索順位が上がり、より多くの人に自社のブランディングメディアを閲覧してもらうことができます。ブランディングメディア内に自社商品やサービスへの内部リンクがあれば、ブランディングメディアそのものが売上を生み出してくれる可能性も高いです。ブランディングメディア作成後はサイトを放置せず、必ずSEO対策を行いましょう。

ブランディングメディアの成功事例

ブランディングメディアの参考事例を紹介します。今回紹介するメディアは以下の5つです。

  • サイボウズ式【株式会社サイボウズ】
  • Red Bull【レッドブル・ジャパン株式会社】
  • mercan【株式会社メルカリ】
  • OnLINE【LINE株式会社】
  • 北欧、暮らしの道具店【株式会社クラシコム】

順に深堀して解説しています。

サイボウズ式【株式会社サイボウズ】

サイボウズ式は、ソフトウェア開発会社である『株式会社サイボウズ』が運営するオウンドメディアです。『新しい価値を生み出すチームのメディア」をコンセプトに、「カイシャ・組織」「働き方・生き方」「家族と仕事」といったテーマでコラムやインタビュー記事を発信しています。

サイボウズ式では、サイボウズの働き方情報を積極的に発信しているオウンドメディア。自社の働き方を積極的に発信することで、競争の激しいIT業界の中でもブランド力を高める取り組みをしています。

また昨今ではIT業界に就職を希望する人が増えている時代です。IT業界の中でも知名度の高いサイボウズが積極的に自社の働き方を紹介することにより、IT業界に就職を希望するユーザーからの閲覧を集めています。

サイボウズ式

Red Bull【レッドブル・ジャパン株式会社】

レッドブル・ジャパン株式会社は、言わずと知れたエナジードリンク『Red Bull』の販売を行なっている企業です。 レッドブルが発売される以前から、エナジードリンクは存在していましたが、日本のみならず世界にエナジードリンクを大普及させたのは、間違いなくレッドブルでしょう。

レッドブルが成功した秘訣の一つは、まさに商品ブランディングが成功したからです。「翼を授ける」のキャッチコピーを全面に打ち出して、市場を席巻しました。

またレッドブルのブランディングメディアでは、各スポーツ競技や生活シーンにおける「レッドブルを飲むことのメリット」を発信しています。ユーザーに対してレッドブルを飲むシチュエーションを具体的に表現しており、圧倒的なブランディング力を構築しているのが特徴です。

Red Bull

メルカン

メルカンはフリマアプリ『メルカリ』を運営する株式会社メルカリのオウンドメディアです。メルカンは“採用”ジャンルに特化したオウンドメディアになります。

メルカンでは、メルカリの採用に関した情報を発信しているオウンドメディア。日本のトップを走る企業の採用に関する情報を分かりやすく・かつユーモア溢れる内容で閲覧数を増やしています。

メルカンは『メルカリ』という企業ブランドの認知度を最大限生かしたオウンドメディアです。「いかにして企業ブランドの認知度を強化していくのか」の参考にすることが出来るでしょう。

メルカン

OnLINE【LINE株式会社】

OnLINEは、SNSアプリ『LINE』を運営するLINE株式会社が発信するオウンドメディアです。LINEは日本でも多くの人が利用しているサービスで、知らない人は最早いないほどのSNSアプリになりました。

OnLINEでは、LINE株式会社社内で行っている様々な取り組みを発信しています。日本トップの人気を誇るLINEを運営している企業が発信だからこそ、多くのユーザーを獲得しているオウンドメディアです。

またOnLINEでは、LINE株式会社が運営する様々なサービスの紹介を行っています。LINE株式会社は広告宣伝活動に投資するだけでなく、オウンドメディアを使って自社サービスの紹介を行っているのが特徴です。

OnLINE

北欧、暮らしの道具店【株式会社クラシコム】

北欧、暮らしの道具店は、『株式会社クラシコム』が運営する北欧雑貨や食器を扱うEC サイトです。自社集客と脱モール化を掲げており、自社サイト自体をブランディングメディア化しています。

北欧、暮らしの道具店の特徴は、『ECサイトにて自社ブランド商品の販売』と『収納術などのお役立ち情報』などを一体化させていることです。販売サイトとオウンドメディアを一体化させることにより、ユーザーの利便性と満足度を高めている事例になります。

また北欧、暮らしの道具店はSNS発信にも非常に力を入れているのも特徴です。『Facebook』のいいね数42万人、『Twitter』のフォロワー数2万6千人と、SNSでも高い人気を誇っています。WebサイトとSNS共に成功している事例です。

北欧、暮らしの道具店

ブランディングメディアでより良い経営を

ブランディングメディアを運営することで、企業経営における様々な効果を得ることができます。日本では年々、どの業界・業種でも市場競争が激化しています。ブランディングメディアを運営することで、競争の激しい市場環境でもより良い企業経営を行えるはずです。ぜひ今回の記事を参考にブランディングメディアの運営を検討してみてください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用