スポーツコーチングについて解説!通信講座でも資格取得できる?

サッカー 練習

「スポーツコーチングってどんなことをやるの?」

「スポーツコーチングをしたいけど資格っているの?」

「スポーツコーチングのための資格を取得したいけど、通信講座でも取得できる?」

このようなことで悩んだりしていませんか?

スポーツコーチングをしたいと思っていても具体的に何をするのかやどのように目指せばいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。また、スポーツコーチングをしていくうえで必要な資格があるのかを疑問に持っている方も多いはずです。

そこで今回はスポーツコーチングの目的や役割、必要な資格などについて解説していきます。ぜひ本記事で、スポーツコーチングについてより深く知り、資格取得に向けて役立ててくださいね。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「無料トレーナーキャリア相談」

・年収1000万円ほしい
・いつかは独立したいと思っているけど、何から始めたらいいか分からない

上記でお悩みの方は無料のトレーナーキャリア相談をご活用ください。

現状や目標を確認させていただき、トレーナー様の今後のキャリアについてお話しします。
※無料でのキャリア相談は近日中に終了予定ですので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

「コーチング」とは?

指導者

そもそも「コーチング」とはどんな意味なのでしょうか。ここからは「コーチング」の意味や種類について解説していきます。

「コーチング」の意味

コーチングとは、目標達成のために相手のなかにあるヒントや答えを引き出すことをいいます。コーチングはスポーツのみならず、ビジネスや家庭、習い事などにおいても目標達成のために、相手の必要としている答えを引き出すことが求められています。

コーチングで重要なことは「教える」や「指導する」ということではなく、相手が目標達成に必要としている答えについて自分自身で気づかせてあげることです。また、「指導する」とは違った意味合いであり、あくまで相手との対等な関係でサポートしていくことがコーチングといえます。

元々コーチングの語源の由来は「馬車(コーチ)」です。馬車のように相手が行こうとしている目的地までしっかりと連れていくことから、コーチングは相手の目標達成の実現に向けたサポートをしていくこととして定着されています。

スポーツコーチングをしていく際には、相手の目標としているところまで対等な立場でサポートすることが大切です。

「コーチング」の種類

コーチングはスポーツのみならず、社会や人間関係などでも重要な役割とされているため多くの分野で必要とされています。

さまざまな分野があるコーチングの一部として以下のようなものがあります。

 ・メンタルコーチング

 ・ビジネスコーチング

 ・ヘルスコーチング

 ・キッズコーチング

コーチングにはさまざまな分野のものがありますが、相手の目標達成のためのサポートという基礎の部分は変わりません。対象の相手と場所が変わっているだけなのです。

コーチングの基本となる部分は変わらず、対象が変わっているということを理解しておくようにしましょう。

「コーチング」と似た言葉の違い

コーチングには、「コーチ」「ティーチング」の2つの似たような言葉でも全く違う意味のものがあります。コーチングとそれぞれの意味の違いについて解説します。

「コーチ」との違い

コーチとは、「相手を目標達成のゴールまで連れて行くこと」を意味します。よく野球やサッカーなどのスポーツでも耳にしますよね。

しかし、「相手の目標達成のために必要なものを引き出す」コーチングとは違う意味であり、コーチは「目標達成のために導いていくこと」とされています。「引き出す」と「導く」では相手に対してのアプローチは全く違うため、似ている言葉であっても違う意味であるということを理解しておくことが大切です。

「ティーチング」との違い

ティーチングとは知識や経験のある人が、相手に対して「教える」ことを意味します。ティーチングは「引き出す」のではなく、答えを求めている相手に対して「教える」ことが基本です。

学校の教育や講演会などがティーチングに当てはまるため、最もみじかなものであると言えるでしょう。また、「教える」ということは相手の関係は上下関係となるため、コミュニケーションの方法としては一方通行に近い形となってしまいます。

ティーチングは全くの経験や知識がなくて答えを求めている相手に対して、短期間で経験や知識を伝えることが大切です。

スポーツコーチングとは?

ラグビースポーツコーチングは具体的にどのようなことをしていくのでしょうか。ここからはスポーツコーチングついて解説していきます。

スポーツコーチングの役割

スポーツコーチングは、スポーツをしている人や選手に対して目標達成に必要なものを引き出すことが大切です。例えば野球で「速い球を投げられるようになりたい」「ホームランを打ちたい」と目標がある選手に対して、足りていないものや必要なものを気づかせてあげることがスポーツコーチングでは重要になってきます。

コーチのように「もっと力を抜いて」「ここでは肘を高くあげなさい」などといったように、教えることで選手がダメになってしまうことも多くあります。力を抜こうとしているけど、次から次へと指導や注意を受けてしまうと多くのことを考えてしまうため行動が鈍ってしまうことに繋がってしまうのです。

スポーツコーチングでは、無理にアドバイスをしたりすることなく、選手自身が正しいやり方に気づくような支援を行なっていくことが重要な役割になってきます。

「教えないこと」の重要性

目標達成のために教えないことがスポーツコーチングにおいて大切です。ここからは、教えないスポーツコーチングについて解説していきます。

教えないコーチングとは?

スポーツコーチングにおいて教えないコーチングが大切だとされています。教えないことで自ら目標達成のために足りていないものを見つけることができたり、解決策を見つけたことでモチベーションのアップにも繋がります。

「教える」ということは、相手の関係に上下関係が生まれてしまうとともに、相手が教えられたことに対して考え込んでしまい、動きが鈍くなってしまうのです。相手のためを思ってしている「教える」ということが、実は相手の動きを鈍くしてしまうことやモチベーションを下げてしまうことにすら繋がってしまうので注意が必要です。

強要や注意に近い形の「教える」ということではなく、「教えない」コーチングをすることで選手自身が目標達成をするために必要なことを自分自身で考えて行動していくことができるような支援をしていくことが求められます。

ティモシー・ガルウェイのコーチング論

コーチング論「インナーゲーム」の著者であるティモシー・ガルウェイは教えない指導法」の大切さについて著者のなかで書かれています。ティモシー・ガルウェイはテニスのコーチをしていた頃に、いままで通りの「教える」という指導法を選手たちに対して行なってきました。

しかし、従来の教え方である「教える」という指導方法をしていると、調子が悪くなってしまう選手がいることにティモシー・ガルウェイは気付きました。そこで、選手に対して指導することを控えて観察した結果、選手たちが正しいやり方を自然とマスターしていることがわかったといいます。

ティモシー・ガルウェイはそこから「教えない」コーチングについて研究していきます。テニスの選手たちに「ラケットがどこにあるか感じてみて」といいました。これは、ボールを打つ際にラケットを引くタイミングが早いか遅いかなどの動作を自分で確認することができるため、自然とラケットの位置に対する意識があがっていったのです。

ティモシー・ガルウェイはラケットのどこの位置が適切か不適切かをコーチ自身が決めるのではなく、選手の状態を観察したうえでどうなっているのかを選手に伝えることで、選手自身が考えていくことを支援していくことが大切であるとしています。

指導することで強制的に改善していく必要はなく、選手自身が自然と適切な行動や使い方などに直していくことを支援することがスポーツコーチングにおいて最も重要なことであると言えるでしょう。

「信頼関係」が成功への近道

スポーツコーチングをする際に大切なのは「信頼関係」です。コーチングは相手との対等な関係から目標達成のためのプロセスがともに考えたり、探っていくことが重要になってきます。

相手との間に信頼関係がないと、コーチングする側だけが答えを知っている認識になってしまいやすく、どうしても答えを与えてしまうことが多くなってしまいます。答えを教えてしまうと一方的な指導にもなってしまうことからコーチングをするにあたっては避けなければなりません。

信頼関係を築いていくことは簡単なことではありませんが、まずは相手を信頼することから関係を築いていくようにしましょう。コーチングを成功するための近道には信頼関係が必要不可欠なものであるため、決して一方的な指導にならないように注意しましょう。

スポーツコーチングに最適な資格を取得しよう

参考書

スポーツコーチングをする際には資格を持っていなければいけないということはありません。しかし、資格を持っていることで信頼されたり、自信に繋がったり、団体からのサポートを受けることもできます。ここからは、スポーツコーチングにおいて最適な資格について解説していきます。

公認スポーツ指導者

公認スポーツ指導者の資格は、スポーツコーチングにおいて最適な資格です。公認スポーツ指導者は日本スポーツ協会が認定している資格であり、資格の種類もさまざまなものがあります。

公認スポーツ指導者資格の種類は以下の通りです。

・スポーツ指導者基礎資格

・競技別指導者資格

・メディカル・コンディショニング資格

・フィットネス資格

・マネジメント指導者資格

スポーツ指導者基礎資格は基礎的なスポーツ指導などにあたるための資格であり、コーチングをしていく際にもスポーツの指導の基礎となる部分でもあるため、コーチングをしていくにあたって重要な資格になってきます。

競技別指導者資格においても、地域のスポーツクラブからトップチームや実業団などにコーチングをすることができるものまであります。また、競技種目によって指導資格の種類が変わってくるため注意が必要です。

詳しくはこちら(日本スポーツ協会:公認スポーツ指導者概要)をご覧ください。

資格の取得方法

公認スポーツ指導者の資格はさまざまな種類があるため、各団体競技団体によって講座の申し込み方法は異なってきます。詳しくはこちら(日本スポーツ協会)をご覧ください。

資格取得の講座では、資格の種類によって適切なトレーニングの方法やメンタルなどの心理学においても学ぶことができます。また、スポーツ指導の専門性に優れているため、各競技の理論や実践なども学ぶことができるのも魅力的です。

日本スポーツ協会のカリキュラムでは、現場においてのスポーツ実習があるものもあります。スポーツコーチングの講座のほとんどはスポーツの現場で学ぶ機会がありません。

公認スポーツ指導者の講座で実践を学ぶことで、いざスポーツコーチングをする際にもスムーズに進めることができるため、スポーツの指導者をしていくうえでとても大切な経験になります。

通信講座でも資格取得できる?

勉強

公認スポーツ指導者のスポーツ指導者基礎資格である「コーチングアシスタント」は通信講座での取得が可能です。この通信講座は、学習資料で学び期限内に課題を提出することが基本となります。

提出課題の成績が60%以上で合格とされています。通信講座での資格取得を検討している方はこちら(日本スポーツ協会)をご覧ください。

資格の取得後からがスタート

スポーツコーチングの資格は取得してからがスタートになります。資格を持っているだけでは相手から信頼してもらうことができず、資格取得のために講座で学んだことをどのように実践で活かしていくのかが大切になってきます。

資格を取得できたからといって安心するのではなく、資格を取得したからこそどうサポートしていけばいいのかを考えるようにしていきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?スポーツコーチングをするには、コーチングの本質をしっかりと理解したうえで、相手の目標達成のために力を引き出すことが求められます。

コーチングでは以下の点がとても重要になってきます。

・選手自信が課題に気付くような支援

・選手との対等な関係

・「教えない」コーチング

・選手との「信頼関係」が成功への近道

といったものです。スポーツコーチングは選手の目標達成のための支援をするとても大切な役割をになっています。

また、スポーツコーチングをする際に最適な資格である公認スポーツ指導者には、通信講座で取得できるものもあるため、自分の取得したい方法で資格取得を目指すようにしましょう。この記事を読んで、スポーツコーチングをするための参考になればうれしい限りです。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。