ジムトレーナーになるには?勉強方法のメリットデメリットも!

スポーツトレーナー

「筋トレが好きだからジムトレーナーになりたい!」

「身体を動かす仕事がしたい」

と考えてジムトレーナーを目指す人も昨今増えてきています。好きなことを仕事にできてやりがいもある仕事の分、ジムトレーナーは需要だけでなく供給も増えているのが現状です。

しかし、ジムトレーナーとして働くためにはいったい何から始めたら良いのでしょうか。また、この職業のメリットだけでなくデメリットも合わせて見ることで就職後のミスマッチも防げます。

そこで今回はジムトレーナーになる方法とメリットとデメリットについても紹介していきます。ジムトレーナーを目指す人におすすめの内容ですので、ぜひ参考にしてみてください。

読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

ジムトレーナーとは

スポーツトレーナーの仕事内容

 

ジムトレーナーとは、総合フィットネスクラブ等などの場で利用者に向けてトレーニングやマシンの使い方などを指導する職業です。

一般の方向けに健康を目的としたトレーニングを指導したり、アスリートに対してパフォーマンス向上を目的としたトレーニングをすることもあります。そのため、運動や身体に関する専門的かつ幅広い知識が必要になります。

ジムトレーナーは独立して個人でプロチームと契約を結んだり、また派遣会社に登録して仕事を請け負ったりして仕事をします。職場は民間や公共のトレーニングジムやパーソナルジムなど多岐にわたります。

生徒一人ひとりに丁寧に指導して、手本として多くの生徒の前に出ることもあるので、指導力やコミュニケーション能力も問われる仕事です。

ジムトレーナーの仕事内容

利用者をサポートするパーソナルトレーナー

ジムインストラクターとは、スポーツジムやフィットネスクラブで運動する人のトレーニング指導やサポートをする仕事ということを解説しました。しかし、これはジムトレーナーの仕事のほんのひとつです。

ここからは、ジムトレーナーの具体的な仕事内容について紹介します。

①ジム利用者の指導とカウンセリング

トレーニングジムエリアで困っている人を見かけたら、マシンの使い方を教えたり適切なフォームでのトレーニング方法をアドバイスします。ジム利用者には積極的に声をかけてコミュニケーションをとりながら、身体に関する悩みを聞くこともあります。

②スタジオレッスン

ジムエリアでのトレーニング指導のほかにエアロビクスやダンス、ヨガ、リラクゼーション、水泳などのクラス担当する場合もあります。

子ども向けのスイミングレッスンや、高齢者向けの体操クラスなど、経験を積めばさまざまなスタジオレッスンの講師を担当させてもらえるでしょう。

③トレーニングメニューの作成

体組成計の測定結果や利用者の目標を総合的に判断して、その人に適切なトレーニングメニューを作成します。

ダイエットや筋力増強、柔軟性向上、健康増進などトレーニングする目標は人それぞれです。利用者がいかに継続しやすいトレーニングメニューにできるかも腕の見せ所でしょう。

④フロアの清掃や器具の消毒

トレーニング業務だけでなく、勤務している施設の清掃やトレーニングマシンの消毒も重要な仕事のひとつ。営業前後の掃除からスタートして、オープン後はモップがけやマシンについた汗を拭きとるなどのこまかな清掃もしなくてはいけません。

床に落ちた汗を放置すると利用者が滑って転倒する恐れもあるので、定期的な清掃はしっかりしておきます。

⑤フロント受付

ジムでの新規顧客の入会手続きやトレーニングウェアやシューズの貸し出しなども行います。受付はジムの顔でもあるので、笑顔でお迎えとお見送りをするのがポイントです。

⑥その他

新規のジム利用者のオリエンテーション、スイミングプールの監視、ジムエリアでの迷惑行為への注意、日報などの事務作業、季節ごとのイベントの企画運営などの仕事も含まれます。

ジムトレーナーになる方法

トレーナー

「ジムトレーナーになるためにまず何をしたら良いの?」「ジムトレーナーは資格が必要?」など分からないことも多いのではないでしょうか。この項目では、ジムトレーナーになるために何をすべきかという方法について紹介します。

①体育系の専門学校や大学に進学する

ジムトレーナーになるために体育系学科のある専門学校・短大・大学を卒業する方法もあります。

大学ではトレーニングに関する知識を重点的に勉強できます。生理学や機能解剖学、栄養学のほかに、トレーニング理論などの座学からテーピング、応急処置といったさまざまな実習を通して幅広い知識が学べます。

専門学校は3年制のところが多く、座学より実践的な学習に特化しているのが特徴です。専門学校は即戦力がつきやすいメリットはありますが理論的な内容は大学と比較すると少ないため、知識面は自分で学習して補う必要があります。

フィットネスクラブの正社員雇用の場合は新卒者のみを対象とするところもあるので、新卒採用枠に該当する方が就職には有利かもしれません。

②未経験OKの求人に応募する

トレーナー未経験の人におすすめなのが、未経験でもやる気重視で採用してくれるフィットネスクラブに応募することです。

アルバイトの雇用形態で募集をかけているフィットネススラブが多いため、トレーナーとして経験を積みたい人に最適でしょう。頑張り次第でアルバイトから正社員へ登用してくれるフィットネスクラブもあるので、まずは自分が興味のあるジムなどの求人情報をチェックしてみましょう。

ただし、実戦での経験は積めますがトレーニング理論や食事指導に関する知識は自分でつける必要があります。さらに成長したい場合は自分で勉強をしなくてはいけなくてはいけないでしょう。

ジムトレーナーのメリットとデメリット

どの職業に就く際も、給料や仕事内容などのメリットやデメリットを見ておく必要があります。本項目では、ジムトレーナーになったときのメリットとデメリットを比較していきたいと思います。

メリット

「身体を動かすこと」を仕事にできる

ジムトレーナーで働くメリットは、なんといっても「好きなことを仕事にできる」という点です。ジムトレーナーを目指す人の多くは、身体を動かすことやスポーツが好きな人です。

ジムトレーナーはまさに、運動が好きな人にとっては天職と言えるでしょう。自分自身が身体を動かしながら働ける仕事は少ないです。体力に自信がある人や自分のスポーツスキルを活かした仕事がしたい人にはやりがいを感じられるでしょう。

ニーズが高まっている職業

近年、運動不足や生活習慣病の人が増えて健康ブームが勢いをつけています。その流れでジムトレーナーという職業も年々ニーズが高まっているのが現状です。フィットネス業界の仕事は機械と代替される可能性が低く、比較的安定している職種と言えるでしょう。

ニーズが高まっている分求人も多くかけられているので、ジムトレーナーとして活躍できる場も多いというメリットがあります。

自分自身の健康にも役立つ

ジムトレーナーで働く大きなメリットとして、自分自身の健康にも役立つという点があります。

自分自身が鍛えることでジム利用者からも信頼されるので、業務時間外でも体力筋力づくりは必要になります。食事面もアドバイスできるようになれば、さらに自分の健康管理面でも役立つでしょう。

体力が資本の仕事なので、適度な運動や食事管理は非常に重要です。ジムトレーナーになれば働いているうちに運動や食事に関する基本的な知識が身につくため、お客様や自分自身の健康にも役立てられるでしょう。

デメリット

給料が低い

先ほども紹介したように、ジムトレーナーの年収は日本人の一般的な収入に比べて低い傾向にあります。ジムトレーナーはトレーニング指導のほかにプログラム作成や施設の清掃点検、季節のイベント企画運営業務など多岐にわたります。トレーニング以外の業務が多いにもかかわらず給料が低いため、転職を考える人も多いようです。

好きであれば続けられるかもしれませんが、なかなか給料も上がりにくい職業の部類なので収入メインで仕事を探している人にとってはデメリットと言えるでしょう。

体調管理が大変

ジムトレーナーとして働くデメリットは体力が必要な点です。業務時間中は基本的にずっと身体を動かしているため、疲れていたり体調が悪かったりすると業務に支障が出てしまいます。

年齢とともに身体への負担も大きくなるため、30代の若さでジムトレーナーをやめてしまう人も多いです。

自分の身体の調子を見ながら働かなくてはいけませんが、ジムトレーナーとして現場の仕事を離れてもジム運営や経理、マネジメント業務などデスクワークにキャリアチェンジすることもだ脳です。

休みが不規則になりやすい

正社員で勤務する場合、基本的シフト制での勤務形態になります。そのため、休みが不規則になりがちというデメリットが出てきてしまいます。

特にジム利用者が多い土日や長期休暇中などはどうしても出勤しなくてはいけません。世間的には休みのタイミングは繁忙期となるため、友人や家族との休みが合わせづらいでしょう。

カレンダー通りに休みたい人にとっては、ジムトレーナーの仕事はプライベートと折り合いをつけるのが大変かもしれません。

ジムトレーナーの年収

たくさんのドル札

ジムトレーナーの仕事の平均年収は307万円で、日本の平均年収と比較するとやや低い傾向にあります。月給換算だとおよそ26万円となり、アルバイトやパートの平均時給は995円となっています。

現役ジムトレーナーの話や求人情報サイトを参考に収入データを収集してみると、プロと契約するジムトレーナーは能力や経験が考慮されるケースが多いです。年収だとおよそ300万~1800万円と幅があります。プロと契約する場合は1000万円を超える人も少なくありません。

一方、フィットネスクラブなどに所属するジムトレーナーは、平均給与が18~24万円、年収だと300万~400万円が相場です。正社員として働く場合は勤続年数とともに年収がアップしたり経験や能力によってインセンティブがつくことが多かったりと、努力次第でいくらでも収入を上げられるでしょう。

地域による給料の違い

ジムトレーナーの給料は、地域によっても多少差があります。平均年収で一番少ない地域だと秋田県・佐賀県・宮崎県・沖縄県で300万円前半の場合が多いです。

高年収ベスト3の1位は東京都で588万円、2位は大阪府で504万、3位は愛知県で462万円です。

ジムトレーナーにおすすめな資格6選

トレーナー

ジムトレーナーとして働くために必要な資格はありませんが、ほかのトレーナーと差別化を図ったりお客様から信頼を得たりするためには資格取得がおすすめです。

本項目ではジムトレーナーのキャリアアップにおすすめな資格6選を紹介します。どの資格もジムトレーナーとして活躍するのに役立つものばかりなのでぜひ参考にしてください。

①NSCA-CPT

NSCA-CPTは、NSCA(全米ストレングス&コンディショニング協会)が認定するパーソナルトレーナーの資格です。NSCAは人々の健康増進やアスリートの疾病予防とパフォーマンス向上を目指し、トレーニングとコンディショニングの知識を普及するための活動を行っています。

この資格で個人の健康と体力を評価、動機付け、トレーニング指導、コンディショニングを行う専門的能力が身につきます。アスリートだけでなく、年齢や性別、スポーツ経験を問わず幅広い層へのトレーニング指導ができる力を養えるでしょう。

②NESTA-PFT

NESTA-PFTはNESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)が認定する資格で、フィットネス、ウェルネスの総合的な知識や技術を習得したと認定されたトレーナーに与えられます。

この資格によって科学的根拠に基づいたプログラムに沿ったトレーニングを指導ができる能力が身につきます。

この資格は国際的な認知度も高いため、将来的に世界で活躍したいという人にもおすすめです。トレーナーに必要なの知識や技術だけでなく、社会人に求められるビジネススキルも学べるもNESTA-PFTの特徴です。

③JATI-ATI

JATI-ATIはJATI(日本トレーニング指導者協会)が発行しており、日本の環境に合ったトレーニング理論や知識を証明する資格です。

トレーナー系の資格は海外(特にアメリカ)のトレーニング理論を基にしているものが多いです。その中で日本人に適したトレーニング理論を理解し実践に活かせる能力があれば、よりトレーナーとしてのスキルもアップします。

上級資格として「上級トレーニング指導者」や「特別上級トレーニング指導者」などの資格もあります。

④健康運動実践指導者

健康運動実践指導者とは、健康・体力づくり事業財団が認定している民間資格のひとつです。資格取得することで、積極的な健康づくりを目的とした運動を安全で効果的に実践できる能力があると認められます。

また、健康・体力づくり事業財団が開催している講習会への参加も可能です。医療施設や介護施設では認知度が高い資格なので、介護系の職業を目指している人にもおすすめです。

⑤公認スポーツ指導者

公認スポーツ指導者とはスポーツの価値や未来への責任を担い、常に自らも学び続けながらプレーヤーの成長をサポートすることを通じてスポーツ文化の創造や社会的貢献ができる者に与えられる民間資格です。

この資格を発行している日本スポーツ協会は、東京オリンピック開催翌年の1965年から50年以上スポーツ指導者の養成という役割を担っています。現在はライフステージに応じたさまざまなスポーツ活動をサポートするスポーツ指導者の育成に励んでいます。

⑥スポーツプログラマー

スポーツプログラマーとは日本スポーツ協会が認定している民間資格のひとつです。スポーツ医学や科学などの理論に基づいてトレーニングメニュー作成や指導できる能力が身につきます。

フィットネスクラブの利用者は年齢も体力レベルもさまざまなので、利用者が怪我なく安全で効果的にできるトレーニング方法を考案・指導するのがスポーツプログラマーの仕事です。

運動指導の際は実際にマシンや器具を使ってお手本を見せることもあるので、ある程度の運動技術も必要になるでしょう。

まとめ

ジムトレーナーになるための方法や必要な知識、この職業に就く際のメリットとデメリットをメインに紹介してきました。

ジムトレーナーは近年の健康志向の高まりによってさらに需要が高まっている職業です。そのため、専門知識やスキルを習得すればジムトレーナーとして人気が出てより活躍の場が増えるでしょう。

やりがいが多い仕事ですが、その分薄給であったり体力が必要な仕事であったりとデメリットもあります。自分が本当にジムトレーナーの仕事をしたいのかどうか、一度立ち止まってキャリアプランを考え直してみるのも良いでしょう。

人々の健康に携われる仕事がしたい人は、ぜひジムトレーナーを目指してみてください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。