スポーツ医学の取得できる資格やそれが活かせる仕事をご紹介!

健康への意識が高まる近年、運動を趣味とするかたが増えました。

しかし、運動をするにあたり、気をつけていても起こってしまうのが「けが」です。 そんなとき少しでも知識があれば、自分で対処することができ安心ですよね。

ここでは、けが予防や、けが治療への専門分野であるスポーツ医学について紹介していきます。

スポーツ医学に関する資格や、その資格の活かしかたなども詳しく解説していきます。

専門知識がないかたでも取得可能なので、スポーツ医学に少しでも興味があるかたは、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「無料トレーナーキャリア相談」

・年収1000万円ほしい
・いつかは独立したいと思っているけど、何から始めたらいいか分からない

上記でお悩みの方は無料のトレーナーキャリア相談をご活用ください。

現状や目標を確認させていただき、トレーナー様の今後のキャリアについてお話しします。
※無料でのキャリア相談は近日中に終了予定ですので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

スポーツ医学とは

スポーツ医学とは、スポーツによるけがの治療や予防、またリハビリテーションやロコモティブシンドローム対策への体力作りや健康増進などの分野を対象としています。

分類は大きく「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」の2つにわかれます。

「スポーツ外傷」とは、骨折や脱臼、ねんざなどのことで、1回でおこってしまう大きなけがのこと。

「スポーツ障害」とは、野球肘やテニス肘、水泳肩、ランナー膝など、使いすぎによって起こる故障のこと。

けがや故障はスポーツによって異なり、例えば、野球などの投げるスポーツであれば腕、肩や肘、手首。

サッカーなどの走る競技であれば足や膝、足首に多くみられます。

ラグビーや柔道といったコンタクト競技になると、けがの箇所がまた異なってくるでしょう。

このように、スポーツ医学では、体のパーツ別に診る場合と、野球やサッカーといった競技別に診る場合があります。

また、スポーツ医学は、スポーツをするかただけを対象とはしておらず一般のかたも対象となります。

例えば、主婦のかたが物の上げ下ろしの際に肩を痛めてしまったり、膝の曲げ伸ばしで足を痛めてしまったりなど、このような悩みを抱えているかたは少なくないと思います。そのようなかたたちの、体の状態をしっかりと把握し、まずは「運動療法」で回復へとつなげていきます。運動療法での回復が難しい場合は、手術で治療をおこないます。

このようにスポーツ医学とは、スポーツ選手だけが対象となるのではなく、わたしたちの身近な存在だということが理解できたのではないでしょうか。

スポーツ医学を学ぶうえで取得したい資格

ここでは、スポーツ医学を学ぶうえで取得したい資格「スポーツ医学検定」について説明していきます。

スポーツ医学検定とは

スポーツ医学検定とは、一般社団法人日本スポーツ医学検定機構がおこなっている検定のこと。

一般のかたを対象としており、身体のことやスポーツによっておこるけがへの知識を問う検定試験です。

主にスポーツに関わるかたこの検定を広め、スポーツによるけがを減らすこと、また安全にスポーツをおこなえるような環境を作ることを目的としています。

この検定に合格することで、けがや身体への正しい知識を身につけることができるため、自分自身が運動をおこなう際はもちろん、身近でスポーツをやっているかたのをけがへのリスクを減らすことができるでしょう。それだけでなく、パフォーマンスの向上や、けがからの回復へのサポートもおこなうことができます。

また、この検定には必要な受験資格はなく、どなたでも受験することが可能です。

しかし注意点としては、スポーツ医学検定に合格したからといって実際に治療などの、医療行為をおこなうことはできないのであらかじめ把握しておきましょう。

スポーツ医学検定はこんなかたにおすすめ

スポーツ医学検定は、どなたでも受けることが可能ですが、ここではこの検定を特におすすめしたい対象を紹介していきます。

・スポーツ指導者

スポーツ競技に関わる指導者でも、けがや身体についての知識が浅いかたがいるというのが現状です。 指導者自身がしっかりと知識を身につけることで、スポーツ選手のけがを減らすことができ、なおかつ安全の確保にもつながります。

・スポーツ選手の家族

コーチや監督以外に1番身近にいる家族が、けがや身体への知識をもっていればなおさら安心ですよね。 スポーツ競技に関するサポートは難しくとも、けがや身体への最低限の知識をもつことで選手を支えることが可能です。

・スポーツをおこなう自分自身

まずは自分自身が知識がないと安全にスポーツを楽しめません。けが予防はもちろんのこと、パフォーマンスをあげたいのであれば、ス最低限の知識をつけることが重要です。

・スポーツ医療に関わるかた

スポーツ医療に関わるかたは、アスリートを支えることでスポーツに貢献したいと考えているかたが多いのではないでしょうか。スポーツ医療は日々、進歩しているので、さらに知識を深めるためにも受けてみるのはどうでしょうか。

スポーツ医学検定の受験要件と概要

スポーツ医学検定の受験要件と概要を説明していきます。

【受験資格】
どなたでも受験可能

【実施級】
・初級(ビギナー):身体やけがの初歩的な知識が問われます。※Webで試験を受けます。
・3級(ベーシック):身体やけがの最も基本的な知識が問われます。スポーツ医学を初めて学ぶかたにおすすめ。
・2級(アドバンス):身体やけがのより詳しい知識が問われます。スポーツ指導するかたにおすすめ。
・1級(マスター):身体やけがの専門的な知識が問われます。スポーツ医療に関わるかたにおすすめ。

【受験料】
・初級:980円
・3級:4,800円
・2級:5,400円
・1級:7,800円
※併願割引(3級と2級:9,800円、2級と1級:12,400円)

【問題数と試験時間】
・初級:20問30分
・3級~1級:60問70分

【合格基準】
・初級:80点以上(1問5点)
・3級~1級:約8割

【試験会場】
・初級:インターネットに接続できる環境であればどこでも可能

・3級~1級:
札幌(北海道大学 薬学部)
東京(東京有明医療大学)
横浜(関東学院大学 金沢文庫キャンパス)
名古屋(米田柔整専門学校)
大阪(大阪府柔道整復師会専門学校)
福岡(エイムアテイン博多駅東貸会議室)

・3級、2級
仙台(仙都会館)
前橋(育英メディカル専門学校)
沖縄(専門学校 沖縄統合医療学院)

スポーツ医学検定の難易度

スポーツ医学検定の難易度についてですが、初級に関してはあまり難しくないという意見が多かったようです。元から、ある程度スポーツやけがへの知識があるかたにとっては、Web検定の合格はそこまで難しくないかもしれません。

しかし級が上がるごとに、込み入った知識が求められるため、やはりしっかりと勉強する必要があります。

スポーツ医学検定は、試験対策用の公式テキストの購入が可能なので、試験対策をしっかりとおこない合格を目指しましょう。

スポーツ医学はどこで学べるのか

これまで紹介したスポーツ医学検定は、あくまでも一般のかた向け。

スポーツ医学についてより深い知識をつけたいかたは、大学や専門学校でも学ぶことができます。しっかりとした知識をもつことで、将来の活躍の場も広がってくるので、スポーツ医学を仕事にしたいかたは学校へ通うことも、視野にいれるとよいでしょう。

大学・短大

看護やリハビリなどの医療関連の学部や、スポーツ関連の学部でスポーツ医学を学ぶ事ができます。

大学や短大は自分で授業を選択するので、興味のある分野や知識を深めたい科目を自由に受けることができるというメリットがあります。スポーツ医学のほかに、健康や体育など、より幅広い知識を学ぶことができますが、注意する点としては科目選びを間違えないようにすること。

しかし、大学ですと4年間という長い期間で学習できるので、心にもゆとりがうまれます。スポーツ医学だけでなく幅広い知識を兼ね備えることができるので、仮に目指したい職業が変わったとしても、それに対応できるのが大学のよいところですね。

専門学校

スポーツ医学は、大学だけではなく専門学校でも学ぶことができます。

専門学校でスポーツ医学を学ぶ大きなメリットは、カリキュラムが整っていること。大学とは違い、専門的な知識をにしっかりと身につけるため、実技や実習が豊富に組まれているのが特徴です。そのため、将来の目標が明確で、早く社会にでて活躍したいというかたに専門学校はおすすめです。

スポーツ医学を活かして働ける場所

スポーツ医学を学ぶ方法は理解したと思いますが、この知識を活かしどこで働くことができるのでしょうか。ここではスポーツ医学を学んだかたの主な就職先を紹介していきます。

スポーツクラブ

スポーツクラブでは、スポーツ医学の知識でお客さまに適切な指導やアドバイスをおこなうことができます。

また、運動に関連するプログラム作りや、体操のおこないかたなどの指導にはスポーツ医学の知識が役立ちます。

万が一、運動中に事故やトラブル発生した場合には、迅速に対応することができます。

公共の体育施設

公共の体育施設も、スポーツクラブと同様です。

最近では、健康への意識が高まっていることもあり、比較的安く通うことができる、市の体育館などの需要も高くなっている傾向にあります。ほかとの差別化を狙い、施設によってさまざまなプログラムがおこなわれていますが、スポーツ医学の知識を活用しプログラム計画を考案することができます。スポーツやけがへの専門的知識があるからこそ、安全におこなえるのも大きなメリットです。

万が一、お客さまがけがをしても正しく処置をおこなうことができますね。

トレーナー

プロチームなどに所属して、トレーニング方法やけが対策、安全にスポーツができる環境作りなどの指導やアドバイスをおこないます。

トレーナーと言ってもさまざまな種類があるので紹介していきます。

・スポーツトレーナー

スポーツトレーナーとは、スポーツ選手が最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、けがの予防やリハビリテーション、トレーニングの指導をおこないます。

・アスレティックトレーナー

アスレティックトレーナーとは、選手の健康管理やけがの予防、救急処置、リハビリテーションなどのように、医療に関わる高度なケアをおこないます。

・パーソナルトレーナー

パーソナルトレーナーとは、1:1での指導します。例えば、ジムなどでお客さまの減量やボディメイクを指導したり、アスリート選手の専属トレーナーになり、メンタル面や栄養管理、体作りなどのサポートをします。

より専門的スキルを身につけ活躍の場を広げる

より専門的なスキルを身につけ、活躍の場を広げることもできます。国家資格が必要となるケースもありますが、知識をさらに深めることで、自分自身の強みにつながりますし、収入のアップにもつなげることができます。

理学療法士

理学療法士とは、PTとも呼ばれ、けがやリハビリテーションへの専門家。

けがや病気などで身体に障害のあるかたや、のちに障害の発生が予測されるかたに対して、「座る」「立つ」「歩く」などの基本動作能力の回復へとつなげます。

また、障害の悪化への予防とし、運動療法や物理療法などを用いて、自立した日常生活が送れるようサポートをするのも理学療法士の役割です。

理学療法士になるためには、国家資格を取得する必要があり、国家試験を受験するためには、4年制大学や3年生の短大・専門学校へ通う必要があります。

リハビリテーション科専門医

リハビリテーション科専門医とは、病気や外傷が原因で生じる障害を、医学的に診断し治療することで、機能回復と社会復帰へとつなげる専門家のこと。

リハビリテーション科専門医は、患者さまの体の状態を考慮したうえで、どのようなリハビリテーションをおこなうべきかの指針を作ります。それで終わりではなく、患者さまの体の変化にあわせ、その都度計画の見直しをしていくことも役割です。

リハビリテーション科専門医の認定試験を受けるには、医師免許取得後5年以上経過しているか、公益社団法人日本リハビリテーション医学会に加入し3年以上経過していことが条件です。

整形外科医

整形外科医とは、病院などの整形外科に所属し、骨や筋、靭帯や神経などの疾病の原因を探し、治療をする医師のこと。

病気やけがを治すだけでなく、運動機能を元の状態に回復させることも整形外科医の役割。それだけでなく、たとえ、運動機能の回復が難しかったとしても、残った機能を最大限活かし、できるだけ元の状態に回復させることも整形外科の大きな役割です。

また、運動機能の障害だけでなく、神経痛やリウマチなどの治療もおこないます。

整形外科医になるためには、国家資格が必要となります。

スポーツメンタルトレーニング指導士

スポーツメンタルトレーニング指導士とは、スポーツ選手のパフォーマンス力向上のため、心理学的な面からアプローチし指導をおこないます。

メンタル維持やトレーニングのアドバイスをおこなうため、心理学やスポーツ医学の知識が必要となってきます。

また、スポーツメンタルトレーニング指導士になるためには、一定の条件を満たす必要があります。

まずは、スポーツ心理学会に加入することです。さらに、資格を取得するためには、2年以上の在籍が求められます。そしてもうひとつの条件として、大学院でスポーツ心理学か関連領域を専攻し修士号を取得する必要があります。

このように、スポーツメンタルトレーニング指導士になるための条件は、かなりハードルが高いのですが、合格することができたら高い収入を得ることができるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、スポーツ医学の取得できる資格やそれが活かせる仕事について紹介しました。

スポーツ医学検定は、どなたでも受験することが可能な試験ですので、スポーツへの知識を深めたいかた、またはけがへの予防対策をしっかりとおこないたいというかたは、一度受けてみるといいかもしれません。

そして、さらに知識を深めたいというかたは、関連する資格の取得を目指し、活躍の場をもっと広げていきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。