NATA-ATCとは?資格取得は?アメリカと日本での活躍方法!

「NATA-ATCってどんな資格?」

「取得するにはどうすればいい?」

「どんな人におすすめの資格なの?」

といった疑問を持ってはいませんか?

そこで今回は

  • NATA-ATCとは
  • 取得するメリット
  • こんな人におすすめ
  • 取得する流れ

といったポイントを紹介。今回の記事を読んでもらうことで、NATA-ATCの資格概要と自分に向いている資格かどうかがわかります。これからアスレティックトレーナーになりたいと考えている人は参考にしてください。

NATA-ATCとは

スポーツプログラマーの仕事内容

NATA-ATCについて

  • 資格の概要
  • NATAとは?
  • アスレティックトレーナーとは?

といったポイントを紹介します。

読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

資格の概要

NATA-ATCは、全米アスレティックトレーナーズ協会が認定するアスレティックトレーナー資格。アメリカのアスレティックトレーナー資格として有名です。また、準医療資格となっています。そのため一部の救急措置を行うことも可能。トレーナー系の資格の中でも非常に権威性の高いものになっています。

NATAとは?

NATA(全米アスレティックトレーナーズ協会)はアスレティックトレーナーの仕事をサポートするための団体。1950年にアメリカで設立されました。現在では世界中に43,000人以上の会員が在籍し、アスレティックトレーニングの認知向上のため活動中です。

アスレティックトレーナーとは?

アスレティックトレーナーとは、スポーツ現場で活躍するトレーナーのこと。具体的な仕事内容は

  • 選手が怪我をした時の応急処置
  • 復帰までのリハビリ
  • 怪我予防のためのプログラムづくり

などです。また、アスレティックトレーナーの資格を取得してパーソナルトレーナーとして活動したり、高齢者へ健康維持のための運動指導したりなどスポーツ現場以外で活躍する人もいます。

日本のアスレティックトレーナーとの違い

日本のアスレティックトレーナーの資格としては日本体育協会公認のアスレティックトレーナー資格が有名。しかし、NATA-ATCとは同じような面もありますが違いもあります。

似ているところ

NATA-ATCと日本のアスレティックトレーナーの似ていることは基本的な仕事内容です。スポーツ選手のリハビリやケガ予防のトレーニングがアスレティックトレーナーの主な仕事内容。これは日本とアメリカで大きな差はありません。

違うところ

大きな違いは資格としての立ち位置。日本のアスレティックトレーナー資格は民間資格ですが、NATA-ATCは国家資格として扱われています。そのため、NATA-ATCは取得するまでのハードルが高い資格。国際的な権威性も高いものになっています。

取得するメリット、デメリット

資格を取るメリット

NATA-ATCのメリットとデメリットを紹介します。

メリット

NATA-ATCを取得することによるメリットは

  • アメリカで活躍しやすい
  • トレーナーとしてスキルアップできる

の2つ。それぞれ紹介します。

アメリカで活躍しやすい

1つ目のメリットはアメリカで活躍しやすいこと。その理由は、NATA-ATCはアメリカでの認知度が高いから。実際にNATA-ATCはアメリカでは国家資格の扱い。准医療従事者として認定されています。そのため、取得していることでアスレティックトレーナーとして必要な知識や経験を持っていることを証明することが可能。アメリカで活躍しやすくなることが取得する1つ目のメリットです。

トレーナーとしてスキルアップできる

2つ目のメリットはトレーナーとしてスキルアップできることです。なぜなら、アメリカはトレーニング分野が進んでいるから。アメリカはトレーニングやフィットネスなどの分野において非常に進んでいます。トレーニングや食事などへの関心が高く、アメリカのスーパーではサプリメントがたくさん売っていることがいい例です。そんな国で認定されている資格だからこそ、取得することで最新の知見を身につけることが可能。そのため、トレーナーとしてのスキルアップにつなげることができます。

デメリット

NATA-ATCのデメリットは取得のハードルがとにかく高いこと。なぜなら、取得するためにはアメリカへ留学することが必須だからです。実際にNATA-ATCを取得するためにはアメリカへ留学し、指定された大学院で実習を受けなければいけません。そのため、非常に取得のハードルが高い資格となっています。

活躍の場

生徒の腰を支える女性インストラクター

NATA-ATCの活躍の場は

  • スポーツチーム
  • パーソナルジム
  • 病院などの医療施設

が候補。それぞれ紹介します。

スポーツチーム

1つ目の活躍の場はスポーツチームです。さまざまなスポーツの選手に対して怪我の応急処置やリハビリ、怪我予防のトレーニングを実施するのが主な仕事内容。NATA-ATCを取得した場合、もっとも一般的な活躍の場となります。

パーソナルジム

2つ目の活躍の場はパーソナルジム。ダイエットやボディメイク、健康増進など多様なニーズを持つお客様に対して、その人に最適なトレーニングや食事の指導を行うのが主な仕事です。NATA-ATCを取得すると身体に関わる専門知識を習得できるので、パーソナルトレーナーとして活動することも目指せます。また、アスレティックトレーナーの強みである怪我予防を活かした指導をすること可能。他のパーソナルトレーナーとの差別化も狙えます。そのため、パーソナルジムも活躍の場です。

病院などの医療施設

3つ目は病院などの医療系の施設。その理由は、NATA-ATCは医療系に強いトレーナー資格だから。実際に、アメリカでは准医療資格で国家資格として扱われています。そのため、病院などの医療系の施設でリハビリや怪我予防の運動指導などを行うことも可能。そのため、病院などの医療系の施設も活躍の場となります。

こんな人におすすめ

NATA-ATCの取得が特におすすめなのは

  • アスレティックトレーナーとしてスキルアップしたい
  • アメリカのスポーツチームで活動したい
  • グローバルに活躍できるようになりたい

という人。それぞれ解説します。

アスレティックトレーナーとしてスキルアップしたい

アスレティックトレーナーとしてスキルアップしたいという人におすすめです。その理由は、NATA-ATCを取得することでアスレティックトレーナーとして最高レベルの知識を身につけることができるから。実際にアメリカはアスレティックトレーニングの分野が世界の中でも進んでいます。そのため、取得することで世界でも最高の環境でアスレティックトレーニングについて学ぶことが可能。アスレティックトレーナーとしてのスキルアップにつなげましょう。

アメリカのスポーツチームで活動したい

アメリカのスポーツチームで活動したいという人にもおすすめです。なぜなら、NATA-ATCはアメリカにおいてもっとも認知度の高いアスレティックトレーナー資格だから。実際に、NBAやMLBといったアメリカのプロスポーツチームで活動するアスレティックトレーナーのほとんどはNATA-ATCを取得しています。逆に言うと、アメリカのプロスポーツチームでアスレティックトレーナーとして活動するためにはNATA-ATCは必須。そのため、アメリカのスポーツチームで活動したいと考えている人は取得を目指しましょう。

グローバルに活躍できるようになりたい

グローバルに活躍できるようになりたいと考えている人にもおすすめ。その理由は、NATA-ATCはアメリカや日本だけでなく世界中で信頼度の高い資格だから。NATAは非常に大きな団体で世界中に会員が在籍。そのため、国際的にも認知度が高く世界中で通用する資格です。日本やアメリカにとらわれず、アスレティックトレーナーとしてグローバルに活躍できるようになりたいと考えている人におすすめとなっています。

スポーツトレーナーになるならNATA-ATCは必須?

サプリメントに関する資格

日本でアスレティックトレーナーとして活動するならNATA-ATCは必須ではありません。なぜなら、日本体育協会公認アスレティックトレーナーやJATAC-ATCなどの資格で必要な専門性をアピールできるから。しかし、アメリカのスポーツチームで活動したい場合は別です。アメリカのスポーツチームで活動するアスレティックトレーナーのほぼ全員がNATA-ATCを取得しています。そのため、アメリカのスポーツチームで活動したい場合はNATA-ATCが必須。まとめると

  • 日本のスポーツチームで活動したい〜日本体育協会公認アスレティックトレーナー、JATTAC-ATCの取得を目指す
  • アメリカのスポーツチームで活動したい〜NATA-ATCを目指す

という感じです。自分がどこで活動したいのかを基準にどの資格を取得するかを判断しましょう。

また、実はスポーツトレーナーとして活動するために資格は必須ではありません。そのため、資格を持っていなくてもスポーツトレーナーとして活動することが可能です。しかし、資格を持っていないと自分のスキルや専門性をアピールすることが難しくなってしまいます。すでにスポーツトレーナーとしての経験がある人は別ですが、これからスポーツトレーナーとして活動したいという人は資格を取得することがおすすめです。

取得の流れ

NATA-ATCを取得するためにはアメリカへ留学することが必須。取得するためのパターンはいくつかありますが、一例を紹介します。

  1. 日本の大学を卒業
  2. NATA-ATCが取得可能な大学院に入学
  3. 現場実習など
  4. 認定試験を受験し合格
  5. 大学院を卒業

という流れが主なもの。これで取得することが可能です。また、卒業が必要な大学院はバイオメカニクスや運動生理学などの授業がある指定された学校であることが必要。必ず条件を満たす学校に入学するようにしましょう。

試験の概要

サプリメントに関する資格

NATA-ATCの試験概要について

  • 受験資格
  • 試験内容
  • 難易度

のポイントを紹介します。

受験資格

受験するための条件は

  • アスレティックトレーニング教育委員会(CAATE)公認の4年制大学・大学院のアスレティックトレーナープログラムを修了する
  • 所定(卒業までに700〜800時間)のインターンシップをクリアする

の2つ。世界的にも権威性の高い資格なので、受験するための条件も厳しくなっています。これが満たされないと受験することができないので確実に条件を満たすようにしましょう。

試験内容

試験は大きく

  • 筆記試験
  • 実技試験
  • シュミレーション試験

の3つに分けられます。それぞれの紹介です。

筆記試験

1つ目は筆記試験。アスレティックトレーニングに関する基礎、専門の知識が問われます。4つの選択肢から選ぶ選択式の問題です。

実技試験

2つ目は実技試験。外傷や障害への評価や処置の方法などが問われます。実際にモデルとなる人がいるので、実演する試験です。

シュミレーション試験

3つ目はシュミレーション試験。実際の現場での応用力が問われます。試験の内容はシチュエーションが例として出題されるので、それに対してどのように対応するかを答えるというもの。試験方式は記述式となっています。

難易度

認定試験は毎年合格率が80〜90%と高めの数字になっています。しかし、だからといって資格の取得が簡単というわけではありません。実際の試験ではアスレティックトレーニングについて深い知識と理解が重要です。また、そもそもNATA-ATCの認定試験を受験するような人は大学院でしっかり勉強し、実習で現場での応用力も身につけています。しっかり勉強してきた人が多いので、結果的に合格率が高くなりやすいということです。そのため、合格率が高いから簡単な試験だと思わずにしっかり勉強することが必要になります。

資格取得には英語力も必要

NATA-ATCの資格取得には英語力も求められます。その理由は、取得のためにはアメリカの大学院で実習を行い卒業することが必要だから。アメリカの大学院で授業を受けて実際の現場で実習を行うので、当然ですがコミュニケーションをとるときはすべて英語です。そのため、最低限英語を理解してコミュニケーションをとることが必要。また、資格取得後にアメリカのスポーツチームで活動するときは通訳のような役割を任せられる可能性もあります。これらの理由からNATA-ATCの資格取得には英語力も重要です。

まとめ

今回はNATA-ATCについてまとめました。主な内容は

  • NATA-ATCは全米アスレティックトレーナーズ協会が認定する資格で准医療資格
  • NATAはアメリカの団体でアスレティックトレーナーの活動をサポートするために活動
  • アスレティックトレーナーとは主にスポーツ現場で活躍するトレーナーのこと
  • NATA-ATCは日本のアスレティックトレーナー資格よりも権威性が高い
  • 主な活躍の場はスポーツチーム、パーソナルジム、病院などの医療施設など
  • 取得がおすすめなのはアスレティックトレーナーとしてスキルアップしたい、アメリカのスポーツチームで活動したい、グローバルに活躍できるようになりたいという人
  • 取得するためにはアメリカの大学院に入学し、実習を受ける、認定試験に合格することが必要
  • 試験内容は筆記試験、実技試験、シュミレーション試験の3つ
  • 取得するには英語力も必須

といったものです。NATA-ATCは世界的にも権威性が高く、信頼されている資格。取得することでアスレティックトレーナーとしてのスキルを証明することができます。特にこれからアメリカのスポーツチームで活躍したいと考えている人には必須。NATA-ATCを取得することで、アメリカでアスレティックトレーナーとして活動できるようになりましょう。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。