本ページはプロモーションを含みます。

フィットネスクラブ・マネジメント技能検定の取得について解説

「フィットネスクラブ・マネジメント技能検定ってどんな資格?」

「取得するメリットは?」

「取得するための勉強方法は?」

といった疑問を持ってはいませんか?

そこで今回は

  • 資格の概要
  • 試験の詳細
  • 勉強方法

といった内容を解説。今回の記事を読んでもらうと、フィットネスクラブ・マネジメント技能検定について理解することができます。フィットネスクラブ・マネジメント技能検定に興味がある人やこれからさらにレベルアップしたいという人は参考にしてください。

資格の概要

ジムトレーナーの仕事内容

フィットネスクラブ・マネジメント技能検定について

  • こんな資格
  • レベル別の特徴
  • 取得するメリット
  • 取得がおすすめなのはこんな人

のポイントについて紹介します。

最新情報:ジム・パーソナルジムの集客方法

・本当にアクセスあるジム検索サイトへ掲載したい
・コスパ良く掲載できるジム検索サイトを探している
・パーソナルトレーニングの集客ができてない…

そんな方向けに、業界最大級のアクセス数を誇るジム検索サイト「FitMap」は特におすすめ!サイトへの掲載にかかるスピードは最短即日1時間と早く、価格も大手サイトと比較し安くてコスパも◎。お気軽にご相談ください。

▶︎ まずは資料ダウンロード!

こんな資格

フィットネスクラブ・マネジメント技能検定は、2019年に新たに認定された国家資格。フィットネスクラブを通じて、より健康で充実した生活を提供し、日本の健康産業を担う人材輩出を目的として始まりました。身体の知識やトレーニングの知識を習得するための資格が多い中、フィットネスクラブのマネジメントに特化した資格であることが特徴。フィットネスの現場で働くスタッフやマネージャーに必要なスキルを可視化したものとなっています。

レベル別の特徴

フィットネスクラブ・マネジメント技能検定の資格は

  • 3級
  • 2級
  • 1級

の3種類。それぞれ紹介します。

3級

3級はフィットネスクラブで働くための基礎的な力を身につけることが目的。取得することで、トレーニングの基礎知識に加えて店舗運営の基礎を学ぶことができます。そのため、これからフィットネス産業で働きたいと考えている人やフィットネスクラブなどで働き始めたばかりの人におすすめの資格です。

2級

2級は円滑に店舗運営を進める能力を身につけることが目的。取得することで、トレーニングや実務上の基礎知識に加えて店舗のマネジメントなどについても学ぶことができます。そのため、店舗運営のリーダーを任されるマネージャーのような人におすすめの資格です。

1級

1級はフィットネスクラブのすべてをマネジメントすることが目的。取得することで、トレーニングや店舗のリーダーとして必要な知識に加えて人材戦略やリスクマネジメントなど、経営者に必要な知識を学ぶことができます。そのため、フィットネスクラブの経営に関わる人におすすめの資格です。

取得するメリット

フィットネスクラブ・マネジメント技能検定を取得するメリットは

  • 店舗の運営について学べる
  • ビジネスマンとしてのスキルアップにつながる
  • 就職に有利になる

の3つ。それぞれ解説します。

店舗の運営について学べる

1つ目の取得するメリットは店舗の運営について学べることです。その理由は、試験内容に事務作業についてや接客法なども含まれているから。トレーニングのテクニックやプログラムの組み方について学ぶことができる資格はたくさんありますが、実際の店舗運営における注意点なども学べるものは少ないです。そのため、フィットネスクラブ・マネジメント技能検定は非常にめずらしい資格。取得すると店舗の運営について学ぶことができます。

ビジネスマンとしてのスキルアップにつながる

2つ目の取得するメリットはビジネスマンとしてのスキルアップにつながることです。なぜなら、マネジメントや経営について学ぶことができるから。実際にフィットネスクラブ・マネジメント技能検定を取得すると、チームをまとめるリーダーに必要なことやマーケティング、営業戦略などを学ぶことが可能です。そのため、取得することでビジネスマンとしてのスキルアップにつなげることができます。

就職に有利になる

3つ目の取得するメリットは就職に有利になることです。その理由は、マネジメントや経営について勉強していることが強みになるから。実際にフィットネスクラブで働きたいという人は、トレーニングや身体の仕組みについてはしっかり勉強している人が多いです。しかし、フィットネスクラブにおけるマネジメントや経営まで勉強している人は少数派。そのため、フィットネスクラブ・マネジメント技能検定を取得していると、重宝されることにつながって就職にも有利になります。

取得がおすすめなのはこんな人

フィットネスクラブ・マネジメント技能検定の取得がおすすめなのは

  • 他の人と差をつけたい人
  • リーダーとしての能力を高めたい人
  • 店舗の運営に関わりたい人

の3つ。それぞれ解説します。

他の人と差をつけたい人

1つ目の取得がおすすめな人は、他の人と差をつけたい人です。なぜなら、他の資格ではマネジメントや経営、店舗の運営について学ぶことができないから。実際にフィットネスクラブ・マネジメント技能検定を取得すると、トレーニングの基礎知識だけでなく

  • 顧客対応の注意点
  • 事務作業の注意点
  • スタッフ間のコミュニケーション
  • マーケティング
  • 営業戦略

といったことを学ぶこともできます。トレーニングの知識を学ぶことができる資格は多くありますが、運営上の注意点のような実際の現場で役立つことを学べる資格は少ないです。そのため、フィットネスクラブ・マネジメント技能検定を取得すると他の人と差をつけることにつながります。

リーダーとしての能力を高めたい人

2つ目の取得がおすすめの人は、リーダーとしての能力を高めたい人です。その理由は、フィットネスクラブ・マネジメント技能検定を取得するとマネジメント能力を高めることにもつながるから。実際にリーダーとして活躍するためには、自分の仕事だけでなくフィットネスクラブ全体のことを考えることが必要です。そのため、マネジメント能力は必須。リーダーとしての能力を高めたいという人にもおすすめの資格となります。

店舗の運営に関わりたい人

3つ目の取得がおすすめな人は、店舗の運営に関わりたい人です。なぜなら、取得することで店舗の運営に必要なことを学べるから。具体的には

  • フィットネス産業について
  • マーケティング
  • 組織について
  • 人材の育成、管理

などです。そのため、店舗の運営に活かすことが可能。これから店舗の運営に関わりたいという人におすすめの資格です。

試験の詳細

水泳に関する他の資格

フィットネスクラブ・マネジメント検定の試験について

  • 難易度
  • 受験資格
  • 試験範囲
  • 合格基準
  • 日程
  • 受験地
  • 受験費用

といったポイントを紹介します。

難易度

フィットネスクラブ・マネジメント技能検定の合格率は、公表されていないため不明です。3級と2級の難易度はそこまで高くなく、1級の難易度は高いと言われています。そのため、簡単に取得できる資格ではありません。しっかり試験の対策をして試験に臨みましょう。

受験資格

1〜3級の受験資格をまとめます。

3級

3級の受験資格は、実務経験を有する者又は事業所において業務に従事しようとする者となっています。そのため、これからフィットネスクラブなどで働こうと考えている人も受験することが可能。誰でも試験を受けることができます。

2級

2級の受験資格は、

  • 3年以上の実務経験を有する者
  • 3級に合格し、2年以上の実務経験を有する者

のどちらかを満たすことが必要。実務経験には、室内プールやトレーニングジム、スタジオなどの運動施設での実務が含まれます。また、間が空いている場合も累計とすることが可能です。

1級

1級を受験するための受験資格は

  • 6年以上の実務経験を有する者
  • フィットネスクラブ・マネジメント技能検定2級に合格

のどちらかが必要。また、1級は学科試験に合格しないと実技試験の受験資格をもらうことができません。そのため、受験するためのハードルも高くなっています。

試験の方式

試験の問題数と出題形式、試験時間、合格基準について紹介します。

3級

問題数出題形式試験時間合格基準
学科60問○×式、四肢択一、語群選択60分65%以上
実技10題記述、画像判定試験60分65%以上

2級

問題数出題形式試験時間合格基準
学科50問○×式、四肢択一、語群選択60分60%以上
実技5題記述、論述形式60分60%以上

1級

問題数出題形式試験時間合格基準
学科50問四肢択一、記述式90分60%以上
実技口頭、面接試験口頭10分、面接20分60%以上

試験範囲

フィットネスクラブ。マネジメント技能検定の試験範囲を紹介します。

3級

学科試験

3級の学科試験の範囲は

  • 健康づくり
  • 運動、トレーニングの基礎
  • フィットネス産業概論
  • 運営業務
  • フロント業務
  • 施設、設備の安全確保
  • 顧客対応
  • チームワークとコミュニケーション
  • 安全衛生

です。それぞれ簡単に解説します。

健康づくり

健康をつくるための知識が問われます。具体的には健康の概念、生活習慣病の内容について、栄養摂取や運動と休養の関係性などの知識が必要です。

運動、トレーニングの基礎

運動、トレーニングにおける適応の知識が求められます。具体的には、骨格筋の構造や神経系の適応、トレーニングの原理原則といった運動生理学。また、RICE処置や心肺蘇生法などの救急措置の知識も必要です。

フィットネス産業概論

フィットネス産業についての理解が必要。具体的にはスポーツ産業の特性や将来像。フィットネスクラブの需要動向や業態の多様化についてなどとなります。

運営業務

運営に関わる業務も試験範囲。実際の試験範囲には、売上管理などの店舗事務やイベントの実践方法、見学者の対応方法などが含まれます。

フロント業務

フロント業務に関わる内容も試験範囲です。具体的には、会員手続きやショップでの販売などとなります。

施設、設備の安全確保

安全確保も重要な仕事内容となります。試験範囲では、機器や空調の設定などの安全に関わる知識が問われます。

顧客対応

顧客対応に関わる知識も必要。具体的には言葉づかいや電話対応などの接客、クレーム対応の方法といったものとなります。

チームワークとコミュニケーション

スタッフ間でのコミュニケーションの進め方、メールなどのコミュニケーションツールの活用方法といったものが試験範囲です。

安全衛生

衛生基準や健康管理に関する知識が問われます。

実技試験

3級の実技試験は

  • 運営業務
  • フロント業務
  • 顧客対応

が試験範囲。状況に応じて適切な判断ができるかが問われます。

2級

学科試験

2級の学科試験の範囲は

  • 健康づくり
  • 運動、トレーニングの基礎
  • フィットネス産業概論
  • 店舗運営
  • 顧客マネジメント
  • 関連法規
  • 安全衛生

です。3級から追加された内容を紹介します。

高齢者の健康づくり

2級では高齢者の健康づくりが試験範囲に追加されています。具体的には、介護保険の制度や介護予防と運動の関係について。さらに認知症についても出題されます。

店舗運営

2級の店舗運営では、サービスの品質管理やマーケティング、売上や収益の管理といった内容も出題。より運営に深く関わることができるようになります。

人事労務管理

人材の採用についてやリーダーシップの取り方、チームのモチベーションを維持するための方法などが問われます。リーダーとして活動する人には必須の知識です。

リスク管理

情報や金銭の管理、不法行為や災害といったリスクに対応するための知識が問われます。

顧客マネジメント

接客に関する知識だけでなく、顧客情報の分析方法などの知識も必要です。

関連法規

消防法や知的財産法など、フィットネスクラブに関わる法律の知識が求められます。

実技試験

2級の実技試験の範囲は

  • 店舗運営
  • 顧客マネジメント

の2つです。この範囲でフィットネスクラブの副支配人がよく直面する問題について出題。顧客への適切な対応が求められます。

1級

学科試験

1級の学科試験の範囲は

  • 健康づくり
  • 運動、トレーニングの基礎
  • フィットネス産業概論
  • 店舗マネジメント
  • 顧客マネジメント
  • 関連法規
  • 安全衛生

です。2級から追加されたものを紹介します。

戦略、組織

事業を行っていく上での戦略の立て方、実行方法などの知識が必要になります。

営業戦略

営業を効果的に行う上で必要な知識が求められます。

ICT/情報システム

フィットネス産業における情報技術の活用について出題されます。具体的には、会員システムやエクササイズの機器などについてです。

実技試験

1級の実技試験は

  • 店舗マネジメント
  • 顧客マネジメント

から出題。口頭、面接による試験で、フィットネスクラブの店舗支配人が直面しやすい課題に対して回答していきます。

日程

フィットネスクラブ・マネジメント技能検定の試験は年に1回。11月ごろに実施されています。受験の受付は7月〜9月ごろに行っているので、受験予定の人は日程を確認しましょう。

受験地

フィットネスクラブ・マネジメント技能検定の受験地は

  • 札幌
  • 仙台
  • 東京
  • 横浜
  • 金沢
  • 名古屋
  • 大阪
  • 岡山
  • 広島
  • 福岡
  • 沖縄

の中から選ぶことができます。そのため、自分の受験しやすい会場で申請するようにしましょう。

受験費用

それぞれの受験費用をまとめます。

学科実技
3級5,000円5,000円
2級7,500円7,500円
1級8,900円19,000円

勉強方法

水泳管理士の資格概要

フィットネスクラブ・マネジメント技能検定の勉強は、とにかく過去問をたくさん解くことがポイント。その理由は、過去問を解くことで問題の形式になれることができるからです。実際に過去問をたくさん解くことで、

  • 出題されやすい問題
  • 時間配分
  • 得意分野、苦手分野

などを把握することにつながります。そのため、試験に合格するためには過去問をたくさん解くようにしましょう。

公式サイトで第6回〜第12回の過去問と模範回答が公開されているので、活用するのがおすすめ。わからないところは公式テキストで復習するようにしましょう。

まとめ

今回の記事では、フィットネスクラブ・マネジメント技能検定の試験について紹介。主な内容は

  • フィットネスクラブ・マネジメント技能検定はフィットネスクラブのマネジメントに特化した資格
  • レベル別で1〜3級がある
  • 取得するメリットは店舗の運営について学べる、ビジネスマンとしてのスキルアップにつながる、就職に有利になるの3つ
  • 取得がおすすめなのは他の人と差をつけたい、リーダーとしての能力を高めたい、店舗の運営に関わりたいといった人
  • 合格率は不明だが、1級は難易度の高い資格と言われている
  • 試験は年に1回、11月ごろ
  • おすすめの勉強方法は過去問をたくさん解くこと

といったものでした。フィットネスクラブ・マネジメント技能検定を取得することで、他の資格では得られないマネジメントに関する知識を身につけることが可能です。そのため、これからさらにレベルアップしたいという人は、今回の記事を参考に取得を目指してみてください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

WEB集客数が大幅UP


・本当にアクセスあるジム検索サイトへ掲載したい
・コスパ良く掲載できるジム検索サイトを探している
・パーソナルトレーニングの集客ができてない…

そんな方向けに、業界最大級のアクセス数を誇るジム検索サイト「FitMap」は特におすすめ!サイトへの掲載にかかるスピードは最短即日1時間と早く、価格も大手サイトと比較し安くてコスパも◎。お気軽にご相談ください。

資料ダウンロードはこちら【初期費用無料】

ジム経営の総合相談窓口

お客様の現状やなりたい姿を徹底的にヒアリングをした上でお客様に寄り添って最適な提案をさせていただきます。開業、集客、採用、マシン導入、システム構築、HP制作、広告運用、店舗展開、物件探し、内装工事、サービス設計などジム経営に関する全ての業務がサポート範囲です。お気軽にご相談ください。

相談は無料です。必ず有意義な時間にします。

ご相談申込みはこちら【初回無料】

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

ジム・パーソナルジム特化の内装「ジム内装」

「ジム内装」サービスは、フィットネス業界、特にパーソナルジム業界を中心に展開。ただのおしゃれなジムを作るだけではなく、集客に影響できる設計も含め提案しているのが特徴的です。

また株式会社FiiTでは月間30万人が利用する業界最大級のジムポータルサイトFitMapを運営しており、約500店舗以上のジム事業者と関わりもあるため、パーソナルジム業界でウケるデザインや集客に繋がる内装、やってはいけないポイントなども熟知しております。

【施工イメージ】

内装のご相談はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

総合職

【新卒】総合職 ~新規事業立ち上げの最初のメンバーになれる~

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

バックオフィス

【台東区】経理求人!上野から1駅で通いやすい◎【経験者歓迎】

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

人事

【台東区勤務】人事&オフィスサポート 未経験OK

■勤務地:東京都
■採用形態:アルバイト

人事

未経験OK!人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

人事

未経験で挑戦できる 人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

パーソナルトレーナー

深谷のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:埼玉県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

御殿場・静岡のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:静岡県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

飯能のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:埼玉県
■採用形態:業務委託

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。