本ページはプロモーションを含みます。

アメリカ留学を目指すスポーツトレーナーへのアドバイス

アメリカは多くのスポーツで盛んな「スポーツ・フィットネス大国」としても知られています。

スポーツトレーナーとして活躍するためのステップアップとして、アメリカ留学を目指す人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなスポーツトレーナーを目指すべくアメリカ留学を考えている人がおさえるべきポイントについて解説します。

アメリカ留学で前もって準備すべきものや費用・手続きなど、必要な情報が満載!

これからアメリカ留学を目指すスポーツトレーナーへのアドバイスが盛りだくさんなので、ぜひ参考にしてください。

最新情報:ジム・パーソナルジムの集客方法

・本当にアクセスあるジム検索サイトへ掲載したい
・コスパ良く掲載できるジム検索サイトを探している
・パーソナルトレーニングの集客ができてない…

そんな方向けに、業界最大級のアクセス数を誇るジム検索サイト「FitMap」は特におすすめ!サイトへの掲載にかかるスピードは最短即日1時間と早く、価格も大手サイトと比較し安くてコスパも◎。お気軽にご相談ください。

▶︎ まずは資料ダウンロード!

アメリカ留学のメリットとデメリット

まずは、アメリカへ留学することのメリットとデメリットについてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

アメリカ留学のメリット

アメリカの高い教育レベルを受けられる

アメリカには世界的に有名な大学が多数あるため、非常に高い教育レベルが認められています。

特にアメリカはフィットネス大国と呼ばれるほど、運動文化で栄えている国です。

スポーツトレーナーとしての技術や知識を磨くためには、アメリカの大学で学べば最新の知識や技術が得られるでしょう。

豊かなスポーツ文化がある

アメリカはさまざまなスポーツが盛んであり、スポーツイベントも常に多数開催されています。

アメリカでの留学を経験することで、さまざまなスポーツ文化を体験してパーソナルトレーナーとしての経験値を増やして視点を広げることができます。

英語力がアップする

アメリカ留学をするとなると、現地では英語での会話が必須です。

そのため、英語を母国語とする人たちとのコミュニケーションを通じて、英語力を向上することができます。

英語が習得できれば、今後スポーツトレーナーとして国境を越えて活躍できるでしょう。

国際的なネットワークの構築

アメリカ留学には、さまざまな国からの留学生と出会う機会があります。

国際的なネットワークを構築することができれば、将来のキャリアに役立てられるでしょう。

また、さまざまな国の留学生からその国独自のスポーツについてや文化を学べる機会でもあります。

世界最先端のスポーツ技術や知識に触れる機会

先ほどもお話したように、アメリカは最新のスポーツ技術や知識が集積されている「スポーツ・フィットネス大国」です。

アメリカ留学はその最先端の情報に触れる機会がたくさんあります。

これは、将来のスポーツトレーナーとしてのキャリアアップに大きな影響を与えられるでしょう。

アメリカ留学のデメリット

高い留学費用

アメリカ留学を実践するためには、高額な留学費用が必要です。

学費や生活費などのさまざまな費用がかかるため、留学をする前にしっかりと費用を把握することが重要です。

異文化に適応する必要がある

アメリカは日本とは異なる文化が根付いています。

留学生活では異文化に適応する必要があり、その異なる価値観や習慣を理解して尊重することが必要です。

文化の違いからくるストレスや問題

アメリカに行くのが初めての人にとっては、環境に慣れるまで時間がかかる場合があります。

また、留学中には文化や言語の違いからくるストレスや問題が生じる可能性も考えられます。

例えば留学先の文化や習慣に馴染めなかったり、コミュニケーションに苦労することがあるかもしれません。

これらの問題に対処するために、留学前に情報収集を行うことや、現地での友人や専門家との交流を深めることが大切です。

家族や友人から離れること

アメリカ留学の間は家族や友人と離れることになります。

これにより、孤独感やホームシックに陥って本調子で過ごせない人も多いです。

留学前に、家族や友人とのコミュニケーション方法やスケジュールを確認し、アドバイスをもらうことが重要です。

ビザの取得や手続きに時間がかかること

アメリカ留学には、ビザの取得や手続きに時間がかかる場合があります。

また、ビザ取得のための書類の準備も同様に準備期間が必要です。

これらの手続きには、時間と労力がかかるため、余裕をもって準備しておきましょう。

アメリカ留学をしてスポーツトレーナーを目指すのがおすすめな人の特徴

それでは次に、アメリカ留学をしてスポーツトレーナーを目指すのがおすすめな人の特徴について説明します。

自分が当てはまるところがあるかどうかチェックしながら読み進めましょう。

留学に興味がある人

アメリカ留学をするためには、留学そのものに興味があることが大切です。

留学は、自分自身の成長やキャリアアップにつながる貴重な経験でもあります。

スポーツトレーナーになることに情熱を持ち、留学を通じて、海外の最新のトレーニング技術やトレーニング方法を学びたいという気持ちがある人が適しています。

英語力がある人

アメリカ留学では、英語が使われる環境で生活することになります。

現地の人々や留学生とのコミュニケーションが必要となるため、英語力がある人が適しています。

将来的に国境を越えてスポーツトレーナーとして活躍するためにも、英語でのコミュニケーションが不可欠です。

スポーツに興味がある人

スポーツトレーナーになるためには、スポーツに対する情熱が絶対に必要です。

アメリカ留学では、世界的に有名なスポーツチームや選手が多く存在し、スポーツに対する熱狂的な環境があります。

そのため、スポーツに興味があってスポーツ界で活躍することを目指す人に適しています。

好奇心が旺盛な人

アメリカ留学は、異文化に触れて多様な人々と交流する機会を提供してくれます。

自分自身の視野を広げるためにも、好奇心が旺盛で、異文化に興味を持っている人が適しているでしょう。

スポーツトレーナーになるためには、多様な人々とコミュニケーションをとり、選手やスタッフとの信頼関係を築くことが必要です。

そのため、スポーツトレーナーとしてのスキルや知識の習得だけでなく人とのかかわりに関しても好奇心旺盛になれる人が望ましいです。

スポーツトレーナーを目指すアメリカ留学の手続きと費用

時間と費用

それでは、スポーツトレーナーを目指す人のアメリカ留学費用や所定の手続きはいったいどのようなものがあるのか、詳しく見ていきましょう。

アメリカ留学の手続き

大学や専門学校の選択

アメリカ留学には、大学や専門学校への留学が一般的です。

そのため、まずは留学先として希望する大学や専門学校を選択しましょう。

留学先のウェブサイトを見ると、詳細な情報が分かりやすく掲載されています。

留学ビザの取得

アメリカ留学をするためには、留学ビザを取得する必要があります。

留学ビザの取得には、申請手続きや面接を通じて取得するのが一般的な流れです。

留学ビザについては、アメリカ合衆国国務省のウェブサイトから詳細な情報が得られます。

航空券の予約

アメリカ留学に向かうためには、航空券の予約が必要です。

航空券は、早めに予約することで費用を抑えることができます。

留学の予定が決まり次第、すぐに航空券を押さえておくのがベストです。

宿泊先の手配

留学先での宿泊先は、大学の寮やアパート、ホームステイなどがあります。

自分の予算や留学先の大学との距離なども踏まえて、最適な宿泊先を選びましょう。

費用の見積もり

アメリカ留学にかかる費用は、以下のようになります。

学費

留学先の大学や専門学校の学費は、年間数万ドルになる場合があります。

学費には、授業料や教材費、実習費などが含まれます。

生活費

アメリカでの生活費は、日本と比較すると高めです。食費、住居費、交通費、医療費などがかかります。また、留学先でのアルバイトも制限されるため、生活費には余裕を持って準備することが必要です。

留学ビザの申請費用

留学ビザの申請費用は、数百ドル程度かかります。

航空券代

航空券代は、時期や予約状況によって異なりますが、数万円から数十万円程度が一般的です。

保険費用

何が起こるか分からないアメリカ留学には、保険費用が必須です。

留学先の医療費や治安などの情報収集をしてから、留学期間中に最低限必要な死亡保障や後遺障害、治療・救援費用を中心に、留学先の事情に見合った補償範囲のプランを選びます。

ビザの取得方法

原則として、フルタイム(週18時間以上の授業時間数)の授業を受ける人は滞在期間にかかわらず「非移民ビザ」のカテゴリに属する、学生ビザ(F-1ビザ)の申請が必要になります。

2003年8月1日から非移民ビザの審査方法が変更され、学生ビザ申請者は国籍に関わらず、事前に予約をとって在日米国大使館(または領事館)で面接を受けることが義務づけられました(一部例外を除く)。

ビザ申請の手続き方法は予告なく変更されることも多いので、常に大使館のウェブサイトにて最新の情報を確認しましょう。

奨学金や助成金の利用

・大学や専門学校の奨学金

アメリカの大学や専門学校では、留学生に対して奨学金を提供している場合があります。

奨学金には、授業料や生活費を補助するものや、学業成績に応じて支給されるものがあるので、自分の大学の奨学金制度についてチェックしてみましょう。

・日米関係団体による奨学金

日米関係団体からは、留学生に対して奨学金が提供される場合があります。

代表的なものには、日米協会が提供するフルブライト奨学金や、日本アメリカ協会が提供する留学生支援プログラムがあります。

・公的機関による助成金

日本の公的機関からは、留学生に対して助成金が提供される場合があります。

代表的なものには、文部科学省が提供する日本学術振興会海外特別研究員奨励費や、日本財団が提供する日本財団留学生支援制度があります。

・民間団体による奨学金

民間団体からも、留学生に対して奨学金が提供される場合があります。

代表的なものには、日本オリンピック委員会が提供するオリンピック・パラリンピック留学生特別奨学金や、各種財団・団体が提供する留学生支援プログラムがあります。

ただし、これらの奨学金や助成金には、一定の条件や制限がある場合があります。詳細は、各機関のウェブサイトや担当者に問い合わせることをおすすめします。

アメリカでのスポーツトレーナーとしてのキャリアパス

利用者をサポートするパーソナルトレーナー

アメリカ留学を通じて得られるスポーツトレーナーとしてのキャリアパスにはどのようなものがあるのでしょうか。

アメリカのスポーツ市場の概要

アメリカは、スポーツが盛んな国のひとつとしても知られています。

アメリカでは、プロスポーツリーグが数多く存在し、メジャースポーツとしては、野球、アメリカンフットボール、バスケットボール、ホッケー、サッカーなどが挙げられます。

これらのスポーツは、多くの人々から熱狂的な支持を受け、テレビ中継などでも大きな注目を集めているのが特徴です。

スポーツトレーナーとしての求人市場

アメリカでは、プロスポーツチームだけでなく、大学や高校のスポーツチーム、フィットネスクラブ、リハビリセンター、病院、企業など、様々な場所でスポーツトレーナーの求人があります。

特にプロスポーツチームにおいては、トップアスリートのコンディショニングや怪我の治療に携わるスポーツトレーナーやアスレティックトレーナーが重要な役割を担っています。

ただし、プロスポーツチームでの求人は競争率が高いのが現状です。

そのため、求職者は高いレベルのスキルや経験を持っていることが求められます。

アメリカでのキャリアアップの方法

アメリカでスポーツトレーナーとして活躍するためには、どのようにキャリアアップをしていけば良いのかについて解説していきます。

資格取得

アメリカでスポーツトレーナーとして働くには、国家資格であるAthletic Trainer (ATC)の取得が必要です

この資格を取得するためには、大学でスポーツ医学の修士号を取得することが一般的です。

また、個々の競技に特化した資格や認定を取得することもキャリアアップに役立ちます。

経験の積み重ね

アメリカのスポーツ市場では、経験を重視する傾向があります。

スポーツトレーナーとしての経験を積むことで、自身のスキルアップにつながり、求人市場での競争力を高めることができます。

大学やプロスポーツチーム、スポーツクラブなどでのアルバイトやインターンシップを通じて、経験を積んでいくことが重要です。

継続的な学びと専門知識の更新

スポーツトレーナーとしての専門知識は常に進化しているため、継続的な学びが必要です。

セミナーや研修、学会への参加などを通じて、最新のトレーニング方法や医療技術を学び、専門知識を更新していくと良いでしょう。

ネットワーク構築

アメリカのスポーツ市場は大きく、人脈を広げることがキャリアアップにつながります。

大学やスポーツクラブ、セミナーや研修などで知り合った人たちとの関係を大切にし、積極的に交流を深めることが重要です。

また、業界に精通した専門家やキャリアカウンセラーなどの支援も受けることができます。

アメリカの大学とスポーツプログラム

アメリカの大学のスポーツプログラムの概要について解説していきます。

アメリカの大学とカレッジスポーツの概要

アメリカの大学とカレッジスポーツは、大きなビジネスの一部を担っています。

全米大学体育協会(NCAA)によって管轄されており、大学やカレッジ間で競技が行われます。

多くの大学で、アメリカンフットボール、バスケットボール、野球、サッカーなどが人気のスポーツです。

また、女子バスケットボール、女子サッカー、女子ソフトボール、陸上競技、水泳なども盛んに行われています。

大学でのスポーツトレーナーとしての役割

大学でのスポーツトレーナーは、アスリートたちの健康管理と怪我の予防、治療、リハビリテーションを担当しています。

彼らは、アスリートたちが最高のパフォーマンスを発揮できるように、栄養指導、体力トレーニング、ストレッチ、マッサージなどを行うのが一般的です。

怪我が起こった場合は、スポーツトレーナーは治療とリハビリテーションを行い、アスリートたちが再びコートに立てるようサポートします。

大学スポーツプログラムの特徴と選び方

大学スポーツプログラムの特徴は、競技レベルの高さと充実した設備です。

多くの大学には、競技に専用の施設があり、トレーニングルームやリハビリ施設、更衣室、ロッカー、シャワールーム、コンピュータルーム、ランドリーなどが備わっています。

また多くの大学においてアスリートたちは奨学金を受け取れるので、大学の学費や生活費の一部を免除されるため、経済的に助かることができます。

大学スポーツプログラムを選ぶ際には、自分が興味を持つ競技が行われているかどうか、大学の施設や設備が充実しているかどうか、奨学金制度があるかどうか、教育プログラムが充実しているかどうかなどを確認することが大切です。

また、大学のロケーションや気候、交通アクセスなどについてもチェックしておくと良いでしょう。

アメリカでの生活や文化について

続いて、アメリカでの生活や文化について紹介します。

日本との違いを考えながら、自分がアメリカでの生活に適応できるかをチェックしてみましょう。

アメリカの食文化について

多様な食文化

アメリカは多民族国家であり、多様な食文化があります。ハンバーガーやステーキなどの肉料理、ピザ、中華料理、メキシコ料理などが一般的で、ベジタリアンやビーガン向けの食事もあります。

大量の食事

アメリカの食事量は世界的にも多く、大量の肉や揚げ物、炭水化物が一般的です。また、ドリンクやデザートも大量に飲食されます。

ファストフード文化

ファストフード店が多く、手軽に食事をすることができます。ただし、高カロリーで栄養価が低いため、健康面の問題が指摘されています。

生活費や住宅事情

生活費や住宅事情については、地域や都市によって大きく異なりますが、以下は一般的な特徴です。

生活費

アメリカは日本に比べて物価が安いとされています。ただし、地域によって生活費は大きく異なり、都市部では高くなる傾向があります。

住宅事情

アメリカでは、アパートやマンションなどの賃貸物件が一般的です。家賃は地域によって異なりますが、都市部では高額になることが多いです。また、家賃に加えて光熱費や水道代、インターネットなどの諸費用がかかります。

アメリカの社会や文化の特徴

多文化主義

アメリカは移民の国であり、多様な文化が入り交じっています。そのため、異なる文化を尊重する多文化主義が重視されます。

自由主義

アメリカは自由主義的な価値観が根付いており、個人の自由や権利が尊重されます。これは、アメリカの政治や法律にも反映されています。

コミュニティ志向

アメリカでは、人々はコミュニティに属することが重要視されます。そのため、地域社会や学校、職場などでの活動や交流が盛んです。

ビジネス志向

アメリカは、ビジネスに対する価値観が非常に高く、成功することが重要視されます。そのため、自己実現やキャリアアップのために、勉強や仕事に熱心な人が多いです。

スポーツ文化

アメリカには、プロスポーツが盛んな文化があります。アメリカンフットボール、バスケットボール、野球、ホッケーなどのスポーツは、多くの人々に愛されています。

アメリカ留学前に準備しておくべきこと

英語力の向上方法

アメリカ留学をするにあたって、英語力の向上は非常に重要です。

英語が堪能であれば、日常生活や学業、就職活動などでスムーズにコミュニケーションができるため、留学生活をより充実したものにすることができます。英語力を向上するためには、英会話スクールやオンライン英会話、自主学習などがあります。

また、アメリカ留学前にはTOEFLやIELTSなどの英語の資格試験を受験することもおすすめです。

アメリカのビザや入国に必要な書類

アメリカ留学に必要なビザや入国に必要な書類は、留学の種類によって異なります。一般的には、留学ビザを取得する必要があります。

留学ビザの申請には、大学や研究機関からの受け入れ証明書や財政証明書、パスポートなどの書類が必要です。また、入国審査では、パスポート、留学ビザ、I-20フォームなどが必要です。

これらの書類は、留学する前にきちんと用意しておくことが重要です。

留学前に知っておくべき文化やマナー

アメリカは多様な文化が共存する国です。留学する前に、アメリカの文化やマナーについて理解しておくことが大切です。

例えば、チップの習慣やビジネスマナー、食事や服装のルールなどがあります。留学前に、アメリカの文化やマナーについて調べ、留学先でトラブルを避けるためにも、基本的な知識を身につけておくことがおすすめです。

また、アメリカの社会情勢や事件事故にも注意を払うことが必要です。現地のニュースや情報を収集する習慣を身につけることも大切です。

アメリカでも通用する資格を取得

前もってアメリカでも通用する資格を取得しておけば、留学の際にもアルバイトや就職の面で非常に有利になるでしょう。

以下は、アメリカでも通用する資格の一例です。

日本にいる間に資格を取得できる人は、いずれかの資格を取得しておくことをおすすめします。

NSCA-CSCS(全米ストレングス&コンディショニング協会・認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)

NSCA-CSCSは、スポーツにおけるパフォーマンス向上や怪我の予防、リハビリなど、広範囲にわたるトレーニングに関する知識を有していることを証明する資格です。NSCA-CSCSは、高校や大学、プロスポーツチーム、パフォーマンスセンターなどで働くトレーナーやコーチに求められる資格として高い評価を受けています。

NASM-CPT(全米エクササイズ医学協会・認定パーソナルトレーナー)

NASM-CPTは、個人に対するフィットネストレーニングを専門にするトレーナーに求められる資格です。NASM-CPTは、エクササイズ科学、解剖学、生理学、栄養学、フィットネス評価など、多岐にわたる分野の知識を有していることを証明する資格です。

ACE-CPT(アメリカ評議会・認定パーソナルトレーナー)

ACE-CPTは、NASM-CPTと同様に、個人に対するフィットネストレーニングを専門にするトレーナーに求められる資格です。ACE-CPTは、解剖学、生理学、運動生理学、フィットネス評価、プログラムデザイン、栄養学などの知識を有していることを証明する資格です。

ATC(認定アスレチックトレーナー)

ATCは、アスレチックトレーナーの最高資格であり、スポーツにおける怪我や障害の予防、治療、再発防止に関する知識を有していることを証明する資格です。ATCは、高校や大学、プロスポーツチーム、病院などで働くアスレチックトレーナーに求められる資格として高い評価を受けています。

資格取得が目指せるおすすめスクールを紹介!

最後に、アメリカでも通用する資格取得を目指せる日本国内のおすすめスクールを紹介します。

続いて、早速都内にあるおすすめのパーソナルトレーナースクール10選の紹介をしていきます。

専門学校だけでなく養成学校も視野に入れて入学を検討したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

①アスピ【東京・横浜】

(引用:https://www.trainer.agency/lp/asp/

ASPでは「Trainer of the year」を獲得した最優秀トレーナーの技術が学べます。

また、卒業後すぐに活躍できる実技と座学の即戦力カリキュラムを完備。

好きな時間に学べるので、最短2ヶ月で即戦力トレーナーとしてのデビューができるのも大きなポイント。

資格取得率も100%、PFT・NSCA・NASMといった世界的に認知度の高い資格取得を目指せます。

さらに面接対策は受け放題、就職率は100%という驚異的な数字を誇っています。

卒業試験合格後は提携ジムでの勤務も可能なので、卒業したらすぐに働くことも可能です。

インターンシップとして実際のお客様に最大90時間の実務指導ができるため、卒業後も自信をもってトレーナーとしてデビューできるでしょう。

②Dr.トレーニング

 

(引用:https://www.trainer.agency/lp/drtraining/

5ヶ月でトレーニング・フィットネス大国アメリカの知識を学べるトレーナー養成スクールです。

取得可能資格はNSCA-CPTをはじめとする国内外でも知名度の高い資格ばかり。

さらにDr.トレーニングではATC・NSCA・NESTA取得者から直接試験のポイントを学べます。

卒業生は累計400名以上、女性トレーナーも多数在籍しており、現在も多くの卒業生が現場で活躍しています。

プロのアスリート、ボディメイク出場者や、芸能人の指導ノウハウが習得できて、スタイルの改善・パフォーマンス向上など、あらゆる目的にも対応できる指導者を目指せるでしょう。

アメリカのジムと提携し、常にレベルの高いトレーニングに関する知識を取り入れています。

さらに、国内に数人しかいない海外準医療資格NATA ATCの資格を持つトレーナーがあなたを直接指導!

③D-HEARTS トレーナースクール

(引用:https://www.trainer.agency/lp/d-hearts/

2019年世界マスターズフィットネス選手権1位選手などの多数の指導実績を持っているトレーナースクールです。

世界チャンピオンを指導する本物のプロトレーナーから学べる環境があり、超実践的なスキルを代表トレーナー直々に教えてもらえます。

少人数集中型の徹底指導で、短期間でプロフェッショナルを目指せるカリキュラムです。

年間1,800以上のセッションを担当したトレーナーが筋力アップ・ダイエットなどさまざまな指導方法について伝授してくれるのも大きなメリット。

指導技術だけでなく、トレーナーに必要な「成約・継続」のスキルについても学べるので接客面においてもスキルアップが可能です。

自信があるからこそ、安心の14日間返金保証もついています。

少人数制ならではの徹底したサポートをぜひ体験してみてください。

まとめ

今回はアメリカ留学を目指すスポーツトレーナーが身につけておくべき知識をご紹介してきました。

アメリカ留学は非常にハードルが高いものではありますが、留学経験を経た後は何ものにも変えられないスキルや知識が身についていることでしょう。

今回紹介した内容を参考にして、ぜひスポーツトレーナーを目指すべくアメリカ留学にチャレンジしてみてください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

WEB集客数が大幅UP


・本当にアクセスあるジム検索サイトへ掲載したい
・コスパ良く掲載できるジム検索サイトを探している
・パーソナルトレーニングの集客ができてない…

そんな方向けに、業界最大級のアクセス数を誇るジム検索サイト「FitMap」は特におすすめ!サイトへの掲載にかかるスピードは最短即日1時間と早く、価格も大手サイトと比較し安くてコスパも◎。お気軽にご相談ください。

資料ダウンロードはこちら【初期費用無料】

ジム経営の総合相談窓口

お客様の現状やなりたい姿を徹底的にヒアリングをした上でお客様に寄り添って最適な提案をさせていただきます。開業、集客、採用、マシン導入、システム構築、HP制作、広告運用、店舗展開、物件探し、内装工事、サービス設計などジム経営に関する全ての業務がサポート範囲です。お気軽にご相談ください。

相談は無料です。必ず有意義な時間にします。

ご相談申込みはこちら【初回無料】

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

ジム・パーソナルジム特化の内装「ジム内装」

「ジム内装」サービスは、フィットネス業界、特にパーソナルジム業界を中心に展開。ただのおしゃれなジムを作るだけではなく、集客に影響できる設計も含め提案しているのが特徴的です。

また株式会社FiiTでは月間30万人が利用する業界最大級のジムポータルサイトFitMapを運営しており、約500店舗以上のジム事業者と関わりもあるため、パーソナルジム業界でウケるデザインや集客に繋がる内装、やってはいけないポイントなども熟知しております。

【施工イメージ】

内装のご相談はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

総合職

【新卒】総合職 ~新規事業立ち上げの最初のメンバーになれる~

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

バックオフィス

【台東区】経理求人!上野から1駅で通いやすい◎【経験者歓迎】

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

人事

【台東区勤務】人事&オフィスサポート 未経験OK

■勤務地:東京都
■採用形態:アルバイト

人事

未経験OK!人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

人事

未経験で挑戦できる 人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

パーソナルトレーナー

深谷のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:埼玉県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

御殿場・静岡のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:静岡県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

飯能のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:埼玉県
■採用形態:業務委託

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。