栄養検定の試験概要や合格するための勉強方法をご紹介!

近年、飽食が進んで食生活が乱れがちになっている人が増加しています。そんな現代の日本では、自分に足りない栄養素や摂るべき食事といった「栄養の知識」が不足していると思われます。そこで今話題を集めているのが、食生活の基本である栄養学について学べる「栄養検定」です。

この検定を受験することで「栄養とは何か」という基礎知識はもちろん、消化や吸収といった人体の仕組みや食品添加物について、また食品の成分表示などさまざまな知識が身につけられます。

今回は、そんな栄養検定の試験概要や合格のための勉強方法を紹介します。栄養学の知識は日常生活でも非常に役立つので、これを機にぜひ受験してみてください。

栄養検定とは

栄養検定とは「一般社団法人日本栄養検定協会」が主催している、食生活の基本である栄養学の基礎について学ぶ検定です。消化、吸収、代謝のしくみや栄養素の働き、機能性成分、ライフステージごとに必要な栄養など多くの知識を学び、健康的な食生活について理解を深めることができます。

栄養検定は3級と4級がありますが、いずれも受験資格は特に決まっていません。試験期間も通年で、いつでもだれでも好きな時に受験することができます。出題形式はCBTとIBT形式を採用しており、いずれものパソコンを使った試験となります。CBT試験の場合、全国200ヶ所以上の試験会場で、IBT試験の場合は自宅など自分の好きな場所での場所が可能です。

栄養検定を受検するメリット

栄養検定を受検すると、私たちの生活や仕事にどのように活かすことができるのでしょうか。資格取得を通して得られるメリットについてみていきましょう。

健康維持につながる

近年、ライフスタイルの多様化や食生活の欧米化が進み、生活習慣病や肥満が急増しています。これらの問題を解決していくためには、まず1日の食事を見直すことが必要です。しかし、正しい知識がなければ「何をどれくらい食べればいいのか」を決めるのは非常に難しいです。

栄養学では5大栄養素やビタミンミネラルのはたらき、栄養の組み合わせ方が学べるので普段の献立を考えたり調理したりするときも役立ちます。健康的な食事をつくるための知識が身につくので、食事を見直して健康維持を図りたいという人におすすめです。

食品業界で役立つ

栄養検定の資格があれば、食品メーカーなど食品を取り扱う企業全般への就職や転職に有利になります。たとえば、商品の研究や開発を行う製造工場でも栄養学の知識が必要です。栄養学を熟知している人材は重宝されるので、スキルアップや昇給昇進につながることもあります。

栄養学は日常生活と非常にかかわりが深いので、比較的学びやすい分野です。資格を何も持っていない人でも勉強しやすいので、食品業界への就職や転職を考えている人におすすめの資格です。

栄養検定の受験の流れ

それでは次に、栄養検定を受検するまでの流れについて説明します。正しく受験の予約ができていないと当日に受検ができなかったりキャンセル料が発生する場合があるので、ここでしっかりと確認しておきましょう。

受験前の準備(CBT受験の場合)

受験者登録

  1. 初めてCBTで受験する場合、ユーザIDとパスワードの取得が必要です。
  2. 栄養検定の公式HPで「新規登録(初めての方)」をクリックして必要なIDとパスワードを取得します。

受験予約

  1. 受験者登録が完了したら、同じく公式HPにアクセスして「受験予約」から予約をします。確定した受験予約をキャンセルした場合はキャンセル手数料が発生するので注意が必要です。
  2. 「受験予約」メニューより支払方法を選択して、受験予約が完了となります。

受験当日の流れ

  1. 試験開始30分~5分前までにテスト会場に到着しておく必要があります。遅刻すると受験ができません。
  2. 受付で本人確認書類を提示し、担当者から「受験ログイン情報シート」を受け取ります。
  3. 試験会場入室後、「受験ログイン情報シート」に記載されているID とパスワードを入力して受験を開始します。
  4. 「合否(終了)」の確認画面が表示されたら、試験官から試験のスコアレポートを受取り受験終了となります。

栄養検定の試験概要と難易度

試験概要

試験名栄養検定3級/4級
受験資格特になし
再受験規約何件でも予約可能
出題形式4級:CBT形式35問40分

3級:CBT形式60問60分

試験内容4級:第1章食生活と健康、第2章遺伝子と栄養、第3章栄養素の種類と働き、第4章エネルギー代謝、第5章食品の成分と表示、第6章バランスのよい食べ方、第7章食の安全

3級:第1章消化と吸収、第2章たんぱく質の働き、第3章炭水化物の働き、第4章脂質の働き、第5章ビタミン、第6章ミネラル、第7章機能性成分、第8章水と電解質の代謝、第9章食品添加物、第10章ライフステージ別の栄養、第11章病気と栄養

試験申し込み日程4級および3級どちらも随時
試験実施日程4級および3級どちらも随時(年末年始をのぞく)
会場全国のテストセンター会場

在宅

申し込み方法インターネット受付のみ
受験票なし
合格基準4級:正答率60%(21問)以上

3級:正答率65%(39問)以上

結果発表試験終了後、すぐに確認が可能

合格者には受検した月の翌月ごろに合格証明書を郵送

難易度

合格率はその年によって変動しますが、2016年から2018年までの受験結果を見てみると4級は69.8%~90%、3級は36.1%~81.8%という結果になっています。4級の合格率は比較的高いものの、3級の合格率は最低36.1%の場合もあるので要注意です。

栄養検定は国家資格ではないので、大学や専門学校に通っていない一般の方でも挑戦しやすい試験です。まずは合格率の高い4級を受験してみて、より高度な知識を身につけたい人は、3級にチャレンジしてみましょう。

栄養検定の勉強方法

受験する級によって試験内容はことなりますが、栄養検定の勉強方法はいずれも共通です。幅広い基礎知識を学ぶ必要があるので、効率よく勉強を進めていかなくてはなりません。しっかりと知識をつけるために、栄養検定の受験におすすめの勉強方法を紹介します。

通信やWEB講座で勉強する

まず勉強方法として挙げられるのが、通信講座やWEB講座を活用する方法です。本来なら大学や専門学校で学ぶような栄養学の内容を自宅で学べるというメリットがあります。そのため、仕事や家事育児で忙しい人でも勉強が進めやすくなっています。

受講期間はおよそ3~6ヶ月なので、短期間の勉強で合格したい人にもおすすめです。また、通信やWEB講座はそれぞれのペースに合った学習ができます。そのため、仕事や予定が急に入ってしまった時でも勉強スケジュールが調整しやすく、融通が利きます。

課題をすべて終了した時点で検定試験に移行できるので、スケジュール的にも無理なく合格を目指せるのも嬉しいポイントです。

独学で勉強する

もうひとつは、一般社団法人日本栄養検定協会が出版している公式のテキストを使って独学で勉強するという方法です。通信やWEB講座に比べて費用が抑えられるというメリットがあります。

問題集を使えば出題範囲や科目、配点、出題数を確認することができるので、テストの時間配分を決めたり実際の試験の雰囲気をつかむことができます。ただし、独学のためわからないことがあっても自分で解決しなければならないというデメリットもあります。

独学ではテキストを読み込み、暗記事項を整理して、問題集をひたすら解いていくというインプットとアウトプットの作業が大切です。公式のテキストは要点もまとまっていて見やすいので、何度も読み返して内容を覚えていくようにしましょう。

栄養検定が活かせる仕事

栄養や食事に関する基礎的な知識を活かせる仕事選びは非常に大切です。ここでは、栄養検定を取得した人たちがどのような職場で活躍しているのかについて紹介していきます。

調理職

ホテル、レストラン、学校、病院などさまざまな場所で活躍する調理師は、常に食材の栄養価や組み合わせなどを考慮しながら調理することが必要です。

栄養検定で培った栄養学の知識があれば、調理の現場でも活かせます。また、栄養学や食品に対する幅広い知識を持っている人であれば、周囲からも信頼を集められるでしょう。

保育職や介護職

成長発達の真っ最中である子どもたちに対して積極的に「食育」を教えている幼稚園や保育所が増えています。「どうして好きなものだけ食べてはいけないのか」「どうして野菜や魚を食べることが大事なのか」について説明できるようになれば、子どもたちもより「食事」に興味を持ってくれるでしょう。

食事の量が少なくなってしまった高齢者と多く関わる介護の現場では、少ない量でも健康維持できる食事のアドバイスをすることもあります。栄養学の知識を使って「介護食」「病人食」を提供する手伝いをすることもできます。介護施設利用者に日々の健康につながる食事の大切さを改めて知ってもらう機会になるでしょう。

ジムトレーナー

ジムトレーナーは運動指導だけでなく、身体づくりの基本である栄養管理や食事のアドバイスも行います。一人ひとりの運動の目的や体質、そして食生活を考慮した適切な食事のアドバイスをする必要があります。

栄養検定での知識が活かせれば、筋力増加やダイエット、ボディメイクなどさまざまな目的に合った食事の提案ができるようになるでしょう。

食品開発コーディネーター

食品開発コーディネーターとは、食品メーカー勤務で新商品の考案や開発をする仕事のことです。新商品を考案するときに重要なのが「栄養素」「食品添加物」「生産の際の衛生面」です。これらの知識も、栄養検定で学ぶことができます。

美味しさはもちろんのこと、栄養素に偏りがなく衛生面も安心安全な食品を人々に届けるためには、栄養検定で培った食品の知識が必要不可欠です。

栄養検定以外の栄養に関する資格

栄養学について学びたい人は、栄養検定だけでなく他にもさまざまな資格で学ぶことができます。ここでは、栄養検定のほかに食事や栄養に関する知識を学べる資格について紹介していきます。

食生活アドバイザー

食生活アドバイザーとは「食」に関する幅広い知識で人々の食生活を豊かにするためのアドバイスをする仕事です。家庭で献立を考えるときに役立つだけでなく、飲食店や食品生産といった食品業界でも活躍できる資格です。

栄養が偏った食事は日常生活や心身の健康にも影響を与えます。また、近年の健康ブームによって「食事」に関する誤情報が流れることもありますが、食生活アドバイザーは常に正しい知識をもとに、食生活に関する正しい情報を提供することができます。

フードコーディネーター

フードコーディネーターは「食べること」の魅力を多くの世代に伝えることを目的とした民間資格です。さまざまな分野のスペシャリストと連携して、新たな食生活や食ビジネスを提案する役割を担っています。

たとえば、テレビや雑誌などに出演して食の魅力を伝えたり、レストランのメニュー開発やフード系のイベントへの参加も仕事のひとつです。フードコンサルティングの企業で活躍する人が多く、調理師や栄養士とあわせて資格を取る人もいます。

食育インストラクター

食育の基礎を学び、食の楽しさや大切さ、マナーについて社会活動を通して多くの人に伝えていく仕事です。子どもたちへ食育を教え広めたり、地域の食育活動に参加するなど、活動範囲は多岐にわたります。

また、介護施設では高齢者に向けたメニューの考案や調理なども行います。食品メーカーでは商品企画に携わる機会もあるので、その豊富な知識を活かして商品開発に挑戦することも可能です。

スポーツ栄養プランナー

スポーツをする幅広い年代に向けて、トレーニング内容にあわせた適切な食事や栄養管理をサポートする仕事です。アスリートが常に最高のパフォーマンスを発揮できるように、食事栄養の観点から指導していきます。

この資格を取得することで「どんな栄養をいつどれくらい摂取すべきか」というこまやかな食事のアドバイスもできるようになります。栄養学の知識をつけてスポーツ業界で働きたい人におすすめな資格です。

まとめ

栄養検定とは、食べ物の消化、吸収、代謝に関する知識やバランスの良い食事、食品の機能性など幅広い栄養学の基礎が学べる検定です。栄養検定で身につけた知識は、調理職や保育、介護の現場、スポーツ業界などさまざまな分野で活用できます。

ライフスタイルの多様化や食事の欧米化によって生活習慣病など健康に関する問題が増加している昨今、私たちは改めて「食事」について学び直す必要があります。栄養学は私たちの生活に非常にかかわりのある分野です。栄養検定を受検することは、今の食生活の見直しをするための大切な足がかりとなるでしょう。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。