本ページはプロモーションを含みます。

【千葉】NSCA-CPT資格の取得できる専門学校2選

パーソナルトレーナーになるために必須のスキルはありません。

しかし、資格取得しておけば就職や転職の際に有利になるだけでなくクライアントからの信頼も獲得できるでしょう。

今回はNSPA-CPTと呼ばれるアメリカの有名なトレーニング団体が認定する資格と、この資格を取得する千葉のスクールについて紹介したいと思います。

転職してこれからパーソナルトレーナーになる人や、今活動をしていてこれからもっと仕事の幅を広げたい人はぜひ本記事を参考にしてください。

最新情報:ジム・パーソナルジムの集客方法

・本当にアクセスあるジム検索サイトへ掲載したい
・コスパ良く掲載できるジム検索サイトを探している
・パーソナルトレーニングの集客ができてない…

そんな方向けに、業界最大級のアクセス数を誇るジム検索サイト「FitMap」は特におすすめ!サイトへの掲載にかかるスピードは最短即日1時間と早く、価格も大手サイトと比較し安くてコスパも◎。お気軽にご相談ください。

▶︎ まずは資料ダウンロード!

パーソナルトレーナーが資格取得するメリット

NSCA-CPT資格の取得できる専門学校を選ぶ際の4つのポイント

そもそも、なぜパーソナルトレーナーは資格取得を目指すのでしょうか?

パーソナルトレーナーが資格取得するとどのようなメリットがあるのかについて解説します。

専門知識とスキルの獲得

パーソナルトレーナーの資格取得によって、健康やフィットネスに関する専門知識とスキルを効率的に学習できます。

トレーナーは解剖学、生理学、栄養学、トレーニング理論など、身体の機能と健康について深く学びます。

資格プログラムでは、正しいトレーニング方法やプログラムの作成、ケガの予防などについても学ぶことができます。

信頼性と信用性の向上

資格を持つことは、トレーナーの信頼性と信用性を高めるのに役立ちます。

資格取得は、業界標準の基準を満たすための一連の試験や実地試験を通過することを意味します。

資格を持つパーソナルトレーナーは、クライアントや雇用主に対して適切な知識とスキルを持っていることを証明することができます。

雇用の機会拡大

資格を持つパーソナルトレーナーは、雇用の機会がより広がります。

フィットネスクラブ、ジム、スポーツ施設、リゾート、医療機関など、さまざまな場所でトレーナーとして働くことができます。

また、資格取得は独立したトレーナーとしての活動や、オンライントレーニングの提供など、新たなビジネスの展開にも役立つでしょう。

クライアントの安全性と効果性の確保

パーソナルトレーナーは、クライアントの健康と安全を守りながら、効果的なトレーニングプログラムを提供する責任があります。

資格取得により、トレーナーは適切なトレーニング法を知り、クライアントのニーズや目標に合わせた個別のアプローチを提供できるようになります。これにより、クライアントのけがやトレーニングの効果の不足を防ぐことができます。

専門コミュニティへのアクセス

資格取得は、パーソナルトレーナーが専門コミュニティにアクセスする機会を提供します。トレーナー同士の交流や情報共有は、知識の向上や新しいトレーニングの手法やトレンドの把握に役立ちます。

また、資格プログラムやトレーナーの継続的な教育要件により、最新の研究やトレーニングの進化についても学び続けることができます。

 

パーソナルトレーナーが資格を取得することは、自身の知識とスキルの向上、信頼性の向上、雇用機会の拡大、クライアントの安全性と効果性の確保、専門コミュニティへのアクセスなど、さまざまなメリットをもたらします。資格取得は、トレーナーのキャリアを発展させるための重要なステップです。

NSCA-CPTとは?資格概要と取得方法について

NSCA-CPT
(出典:https://www.nsca-japan.or.jp/exam/certification/)

続いて、NSPA-CPTという資格概要や認定する団体について、また資格取得方法を解説します。

NSCAという団体について

特定非営利活動法人NSCAジャパンは、米国コロラド州コロラドスプリングスに本部をもつNSCA(National Strength and Conditioning Association)の日本支部です。

1991年に設立され、日本におけるストレングストレーニングとコンディショニングの指導者の育成や継続教育、研究に裏付けられた知識の普及を通じて、一般の人々に対する健康の維持・増進から、アスリートに対する傷害予防とパフォーマンスの向上などに貢献するために活動しています。

使命(ミッションステイトメント)

NSCAジャパンは、研究に裏付けられたストレングス&コンディショニングに関する知識を普及させ、子どもから高齢者にいたるすべての人々の健康増進と、アスリートの競技力向上および傷害予防を支援します。

設立経緯

1960年、ローマオリンピックにて日本が惨敗したのを機に、日本でもスポーツ関連の専門家が各分野で尽力し、体力強化に取り組み、それに基づくトレーニング関連システムが開発されてきました。しかし、それでも体力強化トレーニングを指導 する現場での問題は未解決と言わざるを得ない状況下にありました。

そんな中、1978年に米国において「スポーツの成績とフィットネスに関連するストレングスについての専門的意見交換を促進し、会員の団結を図る」という目的で、ネブラスカ州立大学リンカーン校に米国NSCAが設立されました。それから米国NSCAは、スポーツ医科学の研究室とトレーニングの現場を直結し、理論と実践の橋渡しをする役割を果たし、活動を続けています。

NSCAジャパンは、前述のような現場での問題点を解決すべく、また、米国NSCAの理念に賛同し、日本においてもそれを普及・発展していく目的で、1991年に米国NSCAの国際支部として設立されました。米国本部からの情報を活用しつつ、S&Cを共通の課題として共に研究し、日本のスポーツ界のレベル向上を目指して活動を開始したのです。

NSPA-CPTについて

健康と体力のニーズに関して、評価・動機づけ・教育・トレーニングやコンディショニング全般の指導を行う、優れた専門的能力をもつ人材を認定する資格です。

指導対象者はアスリートだけでなく、年齢・性別・経験を問わず幅広い層に対してトレーニング指導を行います。

そのため、NSCA-CPTはトレーニングの知識に加え、医学的、運動生理学的な専門知識とトレーニングの指導技術が必要となります。

パーソナルトレーナーのほか、フィットネスインストラクターやスポーツ指導者、理学療法士、柔道整復師などがNSCA-CPTを取得しています。

認定資格条件

  • NSCAジャパン会員である
  • 満18歳以上
  • 高等学校卒業者または高等学校卒業程度認定試験(旧:大学入学検定試験)合格者
  • 有効なCPR/AEDの認定者(*)
  • NSCA-CPT認定試験に合格

(*)資格認定に有効なCPR/AEDの認定には条件があります。下記の補足にてご確認ください。

NSCAジャパン会員の種別は、正会員、学生会員のいずれも資格認定条件を満たします。

  • 学位条件

CSCSで要求される学位として認められる大学とは、学校教育法が定める4年制大学または6年制大学です。

日本国外の大学では、その大学が所在する国からの認可を得ていることが必要です。

  • 高度専門士について

高度専門士の称号を付与する専修学校につきましては、文部科学省のウェブサイトにてご確認ください。

  • 有効なCPR/AEDの認定

資格の認定に有効なCPR/AEDの認定とは、下記のすべてを満たすものです。

  • 講習会の中に実技評価が含まれていること(オンラインのみのコースは不可)

※新型コロナウイルスの影響により、一時的にオンライン形式のCPR/AED講習会も有効なものと認める対応を行っております。

試験について

NSCAの資格認定試験は、ストレングス&コンディショニングの指導者とその分野で活躍する研究者からなる職務分析委員会の分析に基づいて、専門職に必要な科学的基礎知識から実践応用にわたる包括的な知識について網羅するように作成されています。

また、試験は、全米資格認定委員会(NCCA, 2014)の基準、および the Standards for Educational and Psychological Test(APA, NCME, AERA; 2014)などの基準に則したものであり、受験者の知識、技術、能力(KSA’s)が、業界の専門家たちによって決められた適正レベルに達しているかを判断するものとなっています。

2016年4月より、コンピュータベース試験を導入しました。

これにより、これまでのように決まった日時に試験が実施されるのではなく、受験者が試験会場や日時を選んで受験することができるようになりました。

合格率

実施年受験者数合格者数合格率
2018年626人471人75.2%
2015年926人466人50.3%

 

受験の手続き

コンピュータベース試験になり、決まった日時に試験が実施されるのではなく、受験者が試験会場や日時を選んで受験する方式になりました。

余裕を持ってテストセンターを予約するために、受験希望日の2ヶ月前を目安に出願の手続きを完了するようにしましょう。

受験当日、テストセンターでの受付時に日本の公的機関により発行された身分証明書の提示が求められます。提示できない場合は受験できませんので、出願前に有効な身分証明書を確認して、準備しておきましょう。

受験までの流れ

①出願

「マイページからの出願」「受験料の支払い」「学歴証明書の郵送」のすべてが揃って出願手続き完了となります。

②テストセンターの予約

出願手続き完了後、2~3週間後にピアソンVUEから届く試験予約の案内メールにしたがってテストセンターを予約します。

※3週間を過ぎてもメールが届かない場合はお問い合わせください。

③受験

受験当日は、予約した試験開始時刻の15分前には、テストセンターに到着してください。本人確認および受験に際しての注意事項などの説明のあと、試験が開始されます。

出題範囲

NSCA-CPTの試験は、スコアード問題140問とノンスコアード問題15問で構成されています。

ノンスコアード問題

そのうち、エクササイズテクニックなどに関する映像や画像を見て解答する問題が25~35問含まれます。

分野問題配分問題数
クライアントに対する面談と評価25%32
プログラムプランニング31%45
エクササイズテクニック31%43
安全性、緊急時の手順、法的諸問題13%20
ノンスコアード問題15
合計100%155

クライアントに対する面談と評価

パーソナルトレーナーが、クライアントとのトレーニング活動を開始する前に行うものです。

クライアントと面談し、現在の健康評価と体力評価を行う際に必要となる知識が問われます。また、それらの知識の一つのベースとして、栄養学の理解も必要となります。

エクササイズテクニック

ストレッチ、自重トレーニング、スタビリティ・エクササイズ、レジスタンストレーニング、有酸素性トレーニングなど、さまざまなエクササイズについての適切なテクニックや、それらのエラーテクニックに対する修正エクササイズを理解しているか?などの知識が問われます。

エクササイズテクニックは、バイオメカニクスとの関連性が強く、特にエクササイズのエラーテクニックを理解する際には、「なぜそのテクニックが不適切なのか?」という点を理解する前に、身体にかかる物理的な負荷とそのメカニズムも理解しておく必要があります。

プログラムプランニング

クライアントのニーズに合ったトレーニングプログラムを計画するために必要な知識が問われます。

レジスタンストレーニングや有酸素性持久力トレーニング、プライオメトリックトレーニングやスピードトレーニングなどが含まれます。特に健康に問題のないクライアントのみならず、糖尿病や高血圧を抱えるクライアント、高齢者、アスリート、妊婦、整形外科的疾患を抱えるクライアントなど、幅広い対象者に対して適切なプログラムプランニングを組むための知識を理解しているかが問われます。

解剖生理学やトレーニングに対する適応など、基礎知識を正しく理解することが、プログラムプランニングを理解するための近道です。

安全性、緊急時の手順、法的諸問題

パーソナルトレーナーとして活動するために、安全な施設条件や機器の管理について理解しておくことは必須です。また、いざというときに対応できるよう法的諸問題についても理解する必要があります。

パーソナルトレーナーとして安心して安全に活動できるよう、しっかり学習しましょう。

NSCA-CPTの試験対策

国家試験合格に向けた勉強方法

NSCA-CPT(National Strength and Conditioning Association – Certified Personal Trainer)の試験は、パーソナルトレーナーの資格取得を目指す方にとって重要な試験です。以下にNSCA-CPT試験の対策方法をいくつかご紹介します。

NSCA-CPT資料の研究

NSCAは公式の資料やテキストブックを提供しています。これらの資料を網羅的に学習し、試験範囲や内容を理解することが重要です。資料には、解剖学、生理学、運動科学、トレーニングの原則などが含まれています。

スタディガイドの活用

NSCAはNSCA-CPT試験のためのスタディガイドも提供しています。このガイドは試験の内容をより詳しく解説しており、重要なポイントや試験のフォーマットについても説明されています。スタディガイドを活用して、効率的に学習計画を立てることができます。

理論と実践の統合

NSCA-CPT試験は理論的な知識だけでなく、実践的な応用も求められます。理論と実践の統合を図るために、トレーニングの実践経験を積みながら、学んだ知識を実際のトレーニングシナリオに適用してみましょう。

プラクティステストの受験

NSCA-CPT試験の形式や内容に慣れるために、公式のプラクティステストを受験してみることをおすすめします。これにより、自身の知識や弱点を特定し、対策を立てることができます。

スタディグループやコーチングの活用

スタディグループに参加したり、NSCA-CPT試験の専門家やコーチからアドバイスや指導を受けることも有益です。仲間と一緒に学び合ったり、質問や疑問を解決するための場を持つことで、より効果的な学習ができます。

実技の準備

NSCA-CPT試験には、実技試験も含まれています。試験前には、適切なフォームとテクニックを練習し、実技の要件を満たすための準備を行いましょう。

 

NSCA-CPT試験は幅広い知識とスキルを要求するため、計画的な学習と実践が重要です。早めに始めて十分な準備を行い、試験に自信を持って臨むことが大切です。

NSPA-CPTの試験対策はスクールに通うのがおすすめ!

NSCA-CPTの試験対策において、専門スクールへ通うことは効果的な選択肢の一つです。以下に、スクールへ通うことのメリットを説明します。

専門知識とトレーニングの総合的な学習

NSCA-CPTの試験には、広範な知識と実践的なスキルが求められます。専門スクールでは、トレーニングの基礎から応用まで幅広くカバーされ、NSCA-CPT試験のカリキュラムに沿った内容が教えられます。スクールに通うことで、必要な知識とスキルを体系的に学ぶことができます。

専門の指導者からの学習

スクールでは、NSCA-CPTの試験に精通した専門の指導者から直接指導を受けることができます。

彼らは試験の要件やカリキュラムに精通しており、重要なポイントや対策方法を教えてくれます。質問や疑問点もすぐに解決できるため、より深い理解を得ることができます。

実技のトレーニングとフィードバック

NSCA-CPTの試験には実技の要素も含まれており、正しいフォームやテクニックが求められます。スクールでは、実際のトレーニング環境で実技の練習とフィードバックを受けることができます。

専門の指導者から適切なフォームやテクニックを学び、自身の実技スキルを向上させることができます。

スタディグループや交流の機会

スクールに通うことで、同じ目標を持つ仲間とのスタディグループや交流の機会が得られます。互いに学び合い、情報や経験を共有することで、より効果的な学習が可能です。

また、仲間と一緒に練習や模擬試験を行うことで、試験の準備において相互サポートを受けることもできます。

経験と信頼性の向上

NSCA-CPTの試験に合格したスクールの卒業生は、業界での信頼性と経験が高まります。雇用主やクライアントは、NSCA-CPTの資格を持つトレーナーにより高い信頼を寄せる傾向があります。

スクールへ通うことは、トレーナーとしてのキャリアを発展させる上で有利な要素となります。

 

専門スクールへ通うことは、NSCA-CPT試験対策において効果的な方法の一つです。スクールのカリキュラムや指導者の専門知識、実技トレーニングの提供、交流の機会などが、より総合的かつ効率的な学習をサポートします。ただし、スクールへの通学にはコストや時間の面での負担が伴いますので、個々の状況や予算に応じて適切な選択を検討してください。

千葉でNSCA-CPT資格の取得できるスクール3選

パーソナルトレーナー養成スクールを利用する5つのメリット

それではいよいよ、千葉でNSCA-CPTの資格取得が目指せるおすすめ養成スクールをご紹介します。

いずれも千葉駅からアクセスが良く、自宅や学校、会社から通いやすいのでぜひチェックしてみてください。

千葉リゾート&スポーツ専門学校

(引用:https://www.sanko.ac.jp/chiba-sports/

「養成適応校」だからこそ、資格取得に圧倒的な自信あり!

資格取得に力を入れている千葉リゾート&スポーツ専門学校では、専門的な資格はもちろんのこと、社会人としての資質を高める資格などさまざまな資格取得が可能です。

また、いつも講義を受けている教室で試験が受けられたり講習会が受講免除されたりとさまざなメリットが得られます。

NSCA-CPT以外にもさまざまな資格取得が目指せます。

  • IHTA リラクゼーションセラピスト検定 2級
  • スポーツリズムトレーニング協会 ディフューザー/ジュニアインストラクター
  • IHTAチャイルドボディセラピスト
  • JCCAアドバンストトレーナー
  • シナプソロジーインストラクター
  • 介護予防運動指導員
  • こども運動指導者検定
  • 介護職員初任者研修 (旧:ホームヘルパー2級)

圧倒的な求人数・求人企業数を誇り、就職決定率は100%という実績があるのもポイント。

在学中から実際にプロの現場で仕事に携わることができて、実習先は業界トップチーム、大手企業など豊富で多彩です。

有名企業・プロチームとの産学連携で、他ではできない貴重な体験ができるのもリゾスポの魅力です!

さらにリゾスポの授業では知識や技能を学ぶだけでなく、自分の頭で考えて行動する力を養っていきます。

授業の中でグループワークやディスカッションなどを意欲的に行い、発表の場を経験することで積極性が身につくプログラムも完備。

世界38カ国以上で読まれている本『7つの習慣』を、学校のオリジナルのカリキュラムとして採用しています。

企業が学生を採用する際に重視している「社会人基礎力」について週に1時間、1年半かけて学べます。

東京スポーツ・レクリエーション専門学校

(引用:https://www.sanko.ac.jp/chiba-sports/

TSRはパーソナルトレーナー資格NSCA-CPT/JATI-ATI累計合格者数718名という実績のある資格に強い専門学校として有名です。

NSCAが提唱するストレングス&コンディショニングの基準とガイドラインにしたがって、TSRはNSCAジャパン認定校としても知られているのも魅力のひとつ。

ストレングストレーニングを含む各種のエクササイズ機器が、学生数に応じて設備されています。

さらに、カリキュラムの仕上げとして現場実習の単位取得も義務付けられており、卒業後に即戦力となれるよう人材の育成を行っています。

TSRには最先端の学びを実現する充実した施設や設備があり、充実した学生生活を送ることができる最適な学習環境が整っています。

TSRのキャリアセンターでは、学校に入学を希望する方から、在校生、同窓生までキャリアアップサポート(教育・就職)を行っているため、就職に不安な人でも安心です。

TSRでは、チーム・企業が求める人材と学生の希望をピンポイントでマッチングさせ、就職に結びつけてくれます。

パーソナルトレーナーが身につけておくべきスキル

派遣パーソナルトレーナーの働き方とは

パーソナルトレーナーが身につけるべきスキルはトレーニングに関するノウハウだけではありません。

それでは一体どのようなスキルを身につけておく必要があるのでしょうか。

それでは、最後に「パーソナルトレーナーが身につけておくべきスキル」について紹介します。

健康とフィットネスの知識

パーソナルトレーナーは、適切な運動や栄養に関する知識を持つ必要があります。身体の解剖学や生理学、運動科学、栄養学などの基礎知識を習得することが重要です。これにより、クライアントの目標に合わせたトレーニングプログラムや食事アドバイスを提供できます。

コミュニケーションスキル

パーソナルトレーナーは、クライアントと密に協力する必要があります。クライアントのニーズや目標を理解し、適切な指導やモチベーションを提供するためには、優れたコミュニケーションスキルが必要です。効果的な質問の仕方やフィードバックの提供、目標設定のサポートなどが含まれます。

モチベーションやカウンセリングのスキル

クライアントのモチベーションを高めるためには、パーソナルトレーナーはカウンセリングスキルを持つ必要があります。クライアントの個別のニーズや制約を理解し、長期的なモチベーションを維持するための戦略を開発する能力が求められます。

パーソナルトレーニングのテクニックと安全性

パーソナルトレーナーは、運動の実施に関する正しいテクニックや安全性について深い知識を持つ必要があります。トレーニングプログラムを設計する際には、クライアントの身体能力や制約を考慮し、ケガや怪我を防ぐための適切なフォームやテクニックを指導する必要があります。

これらのスキルを持つことにより、パーソナルトレーナーはクライアントに対して効果的かつ安全なトレーニングを提供することができます。ただし、これらのスキルは継続的な学習と経験によって向上させる必要があります。

まとめ

今回は、千葉でパーソナルトレーナー系資格のひとつであるNSPA-CPTの取得を目指せるスクールを紹介しました。

NSPA-CPTを取得すれば、就職や転職の際に有利になるだけでなくクライアントに自分自身の知識やスキルを証明することも可能です。

NSPA-CPTで培ったスキルで、クライアントに対してより効果的なトレーニング指導ができるようになるでしょう。

パーソナルトレーナーとして幅広く活躍したいと考えている人や、今後パーソナルトレーナーに転職したいと考えている人などはぜひ本記事を参考にしてください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

WEB集客数が大幅UP


・本当にアクセスあるジム検索サイトへ掲載したい
・コスパ良く掲載できるジム検索サイトを探している
・パーソナルトレーニングの集客ができてない…

そんな方向けに、業界最大級のアクセス数を誇るジム検索サイト「FitMap」は特におすすめ!サイトへの掲載にかかるスピードは最短即日1時間と早く、価格も大手サイトと比較し安くてコスパも◎。お気軽にご相談ください。

資料ダウンロードはこちら【初期費用無料】

ジム経営の総合相談窓口

お客様の現状やなりたい姿を徹底的にヒアリングをした上でお客様に寄り添って最適な提案をさせていただきます。開業、集客、採用、マシン導入、システム構築、HP制作、広告運用、店舗展開、物件探し、内装工事、サービス設計などジム経営に関する全ての業務がサポート範囲です。お気軽にご相談ください。

相談は無料です。必ず有意義な時間にします。

ご相談申込みはこちら【初回無料】

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

ジム・パーソナルジム特化の内装「ジム内装」

「ジム内装」サービスは、フィットネス業界、特にパーソナルジム業界を中心に展開。ただのおしゃれなジムを作るだけではなく、集客に影響できる設計も含め提案しているのが特徴的です。

また株式会社FiiTでは月間30万人が利用する業界最大級のジムポータルサイトFitMapを運営しており、約500店舗以上のジム事業者と関わりもあるため、パーソナルジム業界でウケるデザインや集客に繋がる内装、やってはいけないポイントなども熟知しております。

【施工イメージ】

内装のご相談はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

RA(リクルーティングアドバイザー)求人|人材紹介業立ち上げメンバー募集!

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

バックオフィス

【台東区】経理求人!上野から1駅で通いやすい◎【経験者歓迎】

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

人事

【台東区勤務】人事&オフィスサポート 未経験OK

■勤務地:東京都
■採用形態:アルバイト

人事

未経験OK!人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

人事

未経験で挑戦できる 人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

パーソナルトレーナー

深谷のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:埼玉県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

御殿場・静岡のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:静岡県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

諫早・長崎のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:長崎県
■採用形態:業務委託

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。