トレーナーの価値を高めるオススメの学習方法を4つご紹介!

「トレーナーの価値を高めるために、なにを勉強したらいい?」
「トレーナーの学習方法はどんな方法がある?」
「独学でもトレーナーの勉強はできる?」

上記でお悩みではありませんか?

トレーナーの勉強はトレーニングに関してだけでなく、体のつくり、栄養面、ビジネススキルなどさまざまな知識が必要になります。

しかしどんな勉強が必要なのか、どんな学習方法があるのか全くわからないという方もいるのではないでしょうか。

この記事では、

  • トレーナーに必要な知識
  • ビジネスとしてのスキル
  • オススメの学習方法

についてお伝えします。

自分にどのような知識やスキルが足りていないのかを把握し、ここで紹介するオススメの4つの学習方法で勉強を進めてください

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「無料トレーナーキャリア相談」

・年収1000万円ほしい
・いつかは独立したいと思っているけど、何から始めたらいいか分からない

上記でお悩みの方は無料のトレーナーキャリア相談をご活用ください。

現状や目標を確認させていただき、トレーナー様の今後のキャリアについてお話しします。
※無料でのキャリア相談は近日中に終了予定ですので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

トレーナーに必要な知識やスキル

トレーナー

価値のあるトレーナーになるためには、あらゆる知識を駆使してクライアントにわかりやすく説明や指導をし、安全にトレーニングを行う必要があります。

そのためには自分が正しい知識を学び、理解していなければなりません。

ここではトレーナーにとって大切な知識やスキルを6つ紹介します。

  • 運動生理学に関する知識
  • 機能解剖学に関する知識
  • 栄養学に関する知識
  • コミュニケーション能力
  • 観察力
  • ビジネスに関する知識や営業力

運動生理学に関する知識

運動生理学とは、

  • 運動前と運動後で身体にどんな変化が見られるのか?
  • 運動前と運動後で身体に起きる現象はなにか?

といった「身体の反応に関すること」を学ぶ学問です。

クライアントがトレーニングをすることで、今、身体にどのような反応が起きているかを理解し、説明するために必要な知識です。

機能解剖学に関する知識

機能解剖学とは、

  • 骨や筋肉の種類や動き
  • 関節の仕組みやその働き
  • 筋肉がどのような順番、角度で力を発揮できるか

など「身体を動かす仕組みや力」について学ぶ学問です。

クライアントのケガの予防や応急処置、関節などの痛みの原因を突き止めるといった、さまざまな場面で役に立ちます。

機能解剖学は安全にトレーニングを行ううえで必要な知識となります。

栄養学に関する知識

栄養学とは、

  • 人間の食事摂取と消化吸収のしくみ
  • 食品に含まれる栄養と体の反応の分析
  • 食物と健康との関わり

など「栄養素がどのように身体に影響するか」を研究する学問です。

身体をつくるために、食事を欠かすことはできません。

クライアントを食事の面からサポートするためにも大切な知識です。

コミュニケーション能力

トレーナーはクライアントに適切な指示、指導を行うことが重要な役割です。

コミュニケーション能力が不足していると、指示やアドバイスが正しく伝わらず、ケガに繋がる可能性もあります。

クライアントとしっかりコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことで正しくトレーニングを行うことができます。

それが結果的に集客にもつながり、価値のあるトレーナーとして認められることになるでしょう。

観察力

クライアントが今、どの状態にあるのかを「観て察する力」も必要です。

言葉で表現したくても上手く伝えることができない、という経験をしたこともあるのではないでしょうか?

いつもと違う様子や、いつもと違う動きなど、自分が気が付いたことをクライアントに伝えれば、「自分をしっかり見てくれている」と相手に信頼感を持たせることができるでしょう。

それだけではなく、ちょっとした違和感に気づくことでケガの予防にもつながります。

ビジネスに関する知識

ビジネスに関する知識がなければ集客もできず、売り上げも上がりません。

パーソナルトレーナーとして身に付けた一流の知識や指導力を発揮するためにも、ビジネスとして成功させることが大切です。

ビジネスの範囲も幅広く、

  • ビジネスマナー
  • マネジメント
  • マーケティング
  • プレゼンテーションの仕方
  • 財務・会計

といったことを学ぶ必要があります。

オススメの学習方法4選

勉強方法

トレーナーの価値を高める知識を得るためにオススメの学習方法は以下の4つです。

  • 本で勉強する
  • オンラインやアプリで勉強する
  • 自分もトレーニングする
  • 資格を取得するための勉強をする

独学で学べる方法もありますので参考にしてください。

本で勉強する

トレーナーに必要な基礎的な知識は多くの本からも学ぶことができます。

オススメの本を紹介しますので参考にしてください。

NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識

NSCA-パーソナルトレーナー

画像引用:NSCA JAPAN

価格:13,200円(税込)
トレーナーとして必要な要素が詰まった本です。
トレーニングに必要な、

  • 運動生理学
  • 栄養学
  • 解剖学
  • トレーニング
  • プログラム
  • テクニック

が体系的に書いてあります。

ただし専門用語が多いため、全く知識がない場合には難しく感じる可能性もあります。
その場合は、他の本などと組み合わせて勉強を進めていくと良いでしょう。

パワーズ運動生理学 体力と競技力向上のための理論と応用

パワーズ運動生理学

画像引用:メディカル・サイエンス・インターナショナル

価格:11,000円(税込)

世界5か国語で翻訳されている、定評のあるスタンダードテキストです。

運動生理学の基礎から紐解き、実践にどのように活かすかを巧みにまとめた構成となっています。
豊富なカラー図やコラムも充実しており、運動生理学の教科書としては最適の1冊です。

運動、スポーツにかかわる教員、学生、医療従事者、アスレチックトレーナーにとってバイブル的な本といえます。

ぜんぶわかる筋肉、関節の動きとしくみ辞典(部位別、動作別にわかりやすくリアルに徹底解説)

筋肉・関節の動き

画像引用:成美堂出版

価格:1,540円(税込)

筋肉を全身の各部位ごとに、精密なイラストと解説が掲載されています。

それぞれの名称としくみを理解できるような構成で、とてもわかりやすい1冊です。

基礎から学ぶ!スポーツ栄養学

スポーツ栄養学

画像引用:ベースボール マガジン社

価格:1,760円(税込)

体は「なにをどう食べるかで決まる]といいます。

この本では、栄養素や食品の基礎知識、身体のしくみからエネルギー代謝といった栄養学の基礎から、スポーツの現場で求められるさまざまなスポーツ栄養学の知識を網羅しています。

専門家もオススメする本です。

オンラインやアプリで勉強する

オンラインやアプリも充実しており、隙間時間で学べるという利点があります。

学校に通う時間がない場合や、学校の授業だけでは不安な場合など、自分の都合のいい時間に学べるため、とても便利です。

オンラインで学べるところは、

  • JOTスポーツトレーナー学院
  • トレーナーズアカデミ
  • AZCARE ACADEMY

などがあります。

それぞれ特色がありますので、詳細は各学校のホームページで確認してください。

次にアプリを紹介します。

アプリ

アプリの中には筋肉や骨のことがとても詳しく紹介されているものもあり、それを使って隙間時間に勉強することも可能です。

有料のアプリだけでなく、無料のアプリもあります。

解剖学-3Dアトラス(無料:アプリ内課金あり)

人の骨格や骨が3Dで表示されます。

くるくると回転させたり、ズームしたりすることも可能で、細かい部分まで見ることができます。

ヒューマン・アナトミー・アプラス(有料)

人体がさまざまな角度から見ることができます。

細かくリアルに見ることができ、わからないところは大きく表示することも可能です。

筋肉とキネシオロジー(有料)

筋肉とキネシオロジーは、

  • 筋肉と骨が相互作用する仕組み
  • 一般的な損傷と疾患が発生する仕組み

を理解するためのアプリです。

筋骨格、機能、動作、および病理などを画像で学習することができます。

自分もトレーニングする

トレーナーは、本などで得た知識をトレーニングの中で、どう活かしていくのかを学ぶことも大切です。

トレーニングをする中で、

  • 「この動きはこの筋肉に効く」
  • 「この動き方をするとケガをする」

といったことを体感すれば、よりクライアントに寄り添ったアドバイスができます。

ただし、クライアントは年齢も、性別も、身体の特徴もそれぞれ違います。自分はできたからといって、同じことをクライアントができるとは限りません。

トレーナーとしての価値を高めるには、それぞれのクライアントに合ったアドバイスができるようになることも大切です。

資格を取得するための勉強をする

トレーナーになるためには、必ずしも資格が必要ということはありません。しかし、資格を取得することによって信頼性が増し、知識も増えることは間違いありません。

トレーナーとして価値を高めるには、資格取得が有効な手段のひとつであるといえるでしょう。

ここではおすすめの資格を4つ紹介します。

JATI-ATI

JATI

画像引用:https://jati.jp/

JATI-ATIは日本トレーニング指導協会が認定する資格です。

JATI-ATIはスポーツ選手や一般人を対象としたトレーニング指導の専門家になる目的を持っています。

養成講習会に参加し、自己学習課題(ワークノート)を提出することで、JATI-ATIの合格率は90%ほどになります。

JATI-ATIの資格取得にチャレンジしてみることも、自分に自信をつける方法のひとつになるでしょう。

NESTA-PFT

NESTAロゴ

画像引用:NESTA

NESTAはフィットネス業界ではとても有名な資格団体で、正式名称は「全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会」といいます。

NESTAが認定する資格の中で、NESTA-PFTはプロのパーソナルトレーナーを目指す内容です。

また、NESTA-PFTは日本国内ではトップクラスの認知度を誇ります。

平均的な合格率は約65%ほどと考えられていて、難易度も低い方ではありません。

そのため、NESTA-PFTを取得すれば、クライアントからの信用や信頼を得やすくなります。

トレーナーに関する資格取得を考えるなら、おすすめの資格のひとつといえるでしょう。

NSCA-CPT

NSCA-CPT

画像引用:NSCA資格認定試験

NSCAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会)はアメリカのNSCAの日本支部であり、NSCA-CPTはパーソナルトレーナーとして海外でも通用する資格です。

NSCA-CPTは国際的に最も信頼性の高いパーソナルトレーナーの資格とも言われます。

NSCA-CPTが目指すものは「健康になりたい、体力を向上したいというそれぞれのクライアントに合った評価・動機づけを行い、適切な指導をすること」です。

そのためクライアントはアスリートだけではありません。

年齢、性別、経験を問わない一般の人々への指導も適切に行うという目的があります。

この資格の取得には、

  • トレーニングの知識
  • 医学的な知識
  • 運動生理学的な専門知識
  • トレーニングの指導技術

などが必要になります。
NSCA-CPTを学ぶことで、トレーナーとしての実力はさらにアップするでしょう。

NSCA-CSCS

NSCA-CSCS

画像引用:NSCA資格認定試験

NSCA-CSCSもNSCAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会)が行っている認定資格です。

NSCA-CPTが一般の人々も対象にしたトレーニングを目的としているのに対し、NSCA-CSCSは主にアスリートやスポーツチームのコーチやトレーナーなどに向く人材になる目的を持っています。

学ぶべき項目は多岐にわたり、

  • 解剖生理学
  • エクササイズサイエンス
  • スポーツ心理学
  • 栄養学
  • プログラムデザイン
  • 施設設計と施設の運営

など、トレーニング以外の知識も必要となります。

難易度も高く約50%といわれています。
そのため、将来的にアスリートやスポーツチームのトレーナーとしての価値を高めたい場合には、NSCA-CSCSの資格が有効になるでしょう。

スキルや知識を身に付けて価値のあるトレーナーになろう

スキル

ここでは価値のあるトレーナーになるために必要な知識やスキル、勉強法についてお伝えしました。

知識やスキルはトレーニングに関することだけでなく、栄養のこと、経営のことなど多岐にわたります。

それらの知識を得るためには、

  • 本で勉強する
  • アプリやオンラインで勉強する
  • 自分もトレーニングをする
  • 資格を取る

といった方法があります。

独学でも、優良な本などを使い勉強することも可能です。と
また、アプリなどを使えば隙間時間で勉強することもできます。

毎日の積み重ねが、やがて価値あるトレーナーになる一歩です。

ここで紹介した学習方法で「今から」始めてみてください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。