IFBBについて日本人選手を紹介しながら徹底解説!

近年世界的にフィットネスブームが起き、ボディビルダーやフィジーカーを目にする機会が増えました。また、YouTubeやテレビなどを通して、筋トレや食事について発信する有識者が増え、ますますボディメイクの文化が広がっています。

そんな中で、ボディビルコンテストやフィジークなどの大会に興味を持った方は「IFBB」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

このIFBBとは、ボディビルの原点にして頂点である「ミスターオリンピア」を主催している団体のことです。

ボディビルについて詳しく知るためには必ず知っておく必要があるでしょう。今回はそんなIFBBを、日本人選手を紹介しながら解説したいと思います!

この記事でわかることは以下の通りです。

  • IFBBとは何なのか
  • IFBBプロとIFBBエリートプロの違い
  • 日本人のプロ選手
  • プロになる方法と収入源

代表的なIFBBのコンテストも取り上げています。ぜひ最後までご覧ください。

IFBBとは

引用:https://fwj.jp/

IFBBとは、国際ボディビルダーズ連盟のことで国際的な規模を誇る、最も歴史の長いボディビル団体です。世界最大のボディビルコンテスト「ミスターオリンピア」を主催している団体でもあります。

1946年に設立された後、1967年には初のコンテストが行われ、1971年には国際オリンピック委員会 (IOC) 承認団体の国際スポーツ連盟機構に加わりました。

IFBBプロとIFBBエリートプロ

ボディビルの世界では、ボディビルをスポーツの一種として認めてもらう動きや、文化を広げるために様々な取り組みをしてきました。

IFBBはそんな長いボディビルの歴史の中心として続いてきましたが、2017年、当時の派閥同士で考え方の違いから「IFBBプロ」と「IFBBエリートプロ」の2つに分裂しました。

それぞれが目指すところや、ボディビルのコンテストを行う目的は異なります。詳しく説明します。

IFBBプロ

引用:https://culturismoweb.com/calendario-deportivo-ifbb-2022/

IFBBは魅せるボディビルをコンセプトにしています。コンテストも派手で、パフォーマンスショーとしての側面が強く、選手の体つきも大きいのが特徴です。

エンターテインメント性が強いですが、その一方でドーピングチェックなど薬物の検査が行われていないことでも有名です。

あくまでも、見た目に重点を置いた競技といえるでしょう。

IFBBエリートプロ

引用:https://ifbb.com/new-professional-championships/poster-logo-elite-pro/

IFBBプロとは違い、競技性に重きを置いたスポーツとしてのボディビルをコンセプトにしています。

オリンピックの正式種目として認められることを目的としているため、一般的なスポーツ同様ドーピングチェックは厳正に行われ、公平な立場で体の大きさ、筋肉の形を評価する団体といえます。

そのため、IFBBプロのような盛り上がりやエンターテインメント性は無く、コンテストは淡々と行われます

IFBBエリートプロは、他団体が主催する大会への出場を禁止しており、実際他団体のコンテストに出場した選手が出場停止処分を受けた例があります。

IFBBが分裂する際に離脱するような形を取ったため、IFBBプロに比べて選手が少ないのも特徴の一つです。

IFBBプロになる方法

現在フィットネスブームが世間を筋トレに向かわせ、ボディビルの文化がより広まっています。そんな中、IFBBプロの日本人がフィットネス系YouTuberとして世界に発信する様子を見る機会も増えました。

ボディビルには興味がなくても、筋トレを調べていたらIFBBプロに行き着いた方もいるでしょう。

彼らは一体どのようにしてIFBBプロになったのでしょうか。IFBBプロとIFBBエリートプロはそれぞれプロになる方法が異なります。

IFBBプロ

ポージングするボディビル選手

日本人がIFBBプロになるためには、IFBBの下部組織であるFWJ(旧NPCJ)に選手登録して、資格取得の大会であるIFBBのプロクオリファイで好成績を収める必要があります。

まずはリージョナルコンテストで上位入賞を目指し、最終的にプロクオリファイのオーバーオール(無差別級)で優勝するか、オリンピアアマチュアで3位以上に入賞すればプロ資格を得られます。

IFBBエリートプロに比べて数が非常に多く、日本人でも数多くのIFBBプロがいます。

IFBBエリートプロ

フィジーク男性

IFBBエリートプロになるためには、JBBF(日本ボディビル・フィットネス連盟)が開くコンテストで上位成績を収める必要があります。

IFBBの国際大会を通してプロカードを取得することでIFBBエリートプロとして活動できます。その数はIFBBプロに比べて少なく、日本では横川尚隆選手が有名です。

プロの日本人

ここからは、実際にIFBBプロ、IFBBエリートプロとして活躍する日本人選手を紹介します。

主なIFBBプロ

IFBBプロは日本に数名しかいないため、非常に珍しく取得の難しい資格であることは間違いないでしょう。その中で有名な方たちを紹介します。

山岸秀匡選手

引用:https://hominis.media/category/athlete/post6559/

「ビッグヒデ」の愛称で日本人はもちろん、海外の方からも親しまれる山岸秀匡選手。

2003年にIFBBプロの資格を獲得し、世界最高峰のボディビルコンテスト「ミスターオリンピア」では最高3位、アーノルドクラシックでは優勝するなど、数多くの世界大会で好成績を収めています。

アメリカに在住しており、トレーニングジムでパーソナルトレーナーを務めています。

日本人はもちろんですが、多くのトップボディビルダーやトップフィジーカーのトレーニング指導もしており、次世代の選手育成にも力を注いでいます。

自身のYouTubeチャンネルで生配信も行い、トレーニング初心者から上級者まで幅広いトレーニーに対して有益な情報を発信するなど、最も有名な日本人プロボディビルダーの一人です。

金子駿選手

引用:https://shiawaseninaritai.com/5706.html

YouTubeなどで「カネキン」という愛称で親しまれる金子駿選手。自身が運営するトレーニングジムやアパレルブランドの仕事もしており、現在大人気のプロです。

アメリカ人と日本人のハーフで英語も堪能に話せ、背中に「犠牲」というタトゥーが入っており、爽やかな見た目と相まってファンになる人も少なくありません。

2019年にプロクオリファイで優勝してプロフィジーク選手となり、現在もなお成長を続ける選手です。

小池友仁選手

引用:https://coolfitness.jp/jinimbody/

小池友仁選手は「JIN’S LIFE」というYouTubeチャンネルで活動中のトップフィジーカーです。

180cmという高身長に肩から腕にかけての筋肉の大きさが特徴的で、オフの時は体重が100kgを超える怪物級の日本人プロです。

2019年にプロになって以来、現在もトレーニングを続け、YouTubeチャンネルでは初心者から上級者まで多くの人にとって有益な情報を発信し続けています。

また、アパレルブランド「XENO」を立ち上げ、トレーニングにはもちろん、普段のおしゃれ着としても使えるファッションを提案し続けています。

倉地美晴選手

 

引用:https://instagrammernews.com/detail/2227726696719039937

「MIHARU」の名前でも知られる、日本人女性のプロ倉地美晴選手。海外でも通じるレベルの高さで2017年に日本人で始めて「IFBB BIKINI PRO」になり、現在はアメリカと日本を拠点にトレーニングジムの運営などをしています。

自らの肉体美を活かして、コスプレイヤーとしても活動しています。

主なIFBBエリートプロ

横川尚隆選手

引用:https://youtu.be/zzQI8twTawk

トレーニング歴5年でJBBFの大きな大会「第65回男子日本ボディビル選手権」で優勝を果たした、新進気鋭の若手トップビルダー横川尚隆選手。甘いマスクと完成された肉体美のギャップで、数多くのバラエティ番組に出演して人気を博しています。

横川尚隆選手が出演した音楽PVはYouTubeで2.6億回以上再生されるなど、知名度を欲しいものにしています。

天然なキャラもあいまって、まさに「筋肉バカ」「脳筋」という言葉がピッタリなボディビルダーですが、その肉体の完成度は間違いなく世界で通じるレベルです。

現在は自身のYouTubeを含め発信活動もしており、今後の活躍が期待されます。

IFBBプロ、エリートプロの収入源

ボディビルダーは、プロになれば仕事にできますが、アマチュアの場合はお金にならず年収はゼロと言っていいでしょう。

また、プロになっても世界中の強豪たちに囲まれて良い成績を収め続けることはかなり厳しいのが現実です。

純粋に大会に出るだけで生活することは難しいプロボディビルダーたちは一体何を収入源としているのでしょうか?具体的な例を紹介します。

大会の賞金

引用:遅咲きのチャンピオン!ショーン・ローデンってどんな人?

大会で好成績を収めると賞金がもらえる場合があります。世界最高峰のボディビルコンテスト「ミスターオリンピア」では、2021年の優勝賞金が$400,000、その他の部門でも1位が$50,000〜$150,000ほどの賞金を獲得しています。

しかし、地方の大会ではアメリカだと$20,000程度で、日本の大会だと優勝しても賞金がない場合がほとんどです。

世界レベルで入賞経験がある、優勝候補の選手の場合は大会賞金を狙えるかもしれませんが、賞金を目当てに大会に出場する選手はあまりいません

スポンサー収入

引用:https://evolgear.com/syn_news/2020_agreement.html

プロボディビルダーの主な収入源となるのが、スポンサー契約による収入です。プロテインなどフィットネス関連の会社から契約料をもらいますが、その料金は人によって変わります。

先述した山岸秀匡選手はアメリカのサプリメントメーカーと契約し、年収は数億円程度といわれています。

会社の広告のためにも、選手はより大きな大会で好成績を収めたり、メディアへの露出によって知名度を上げたりすることを考えましょう。

メディアの露出

引用:https://twitter.com/yokokawanaotaka/status/1293918121783209985?lang=eu

現在はテレビやYouTubeで多くのボディビルダーを見るようになりました。先述した日本人プロボディビルダーはもちろんですが、フィジーカーやプロのパーソナルトレーナーなど、フィットネス関連の芸能人、YouTuberは多くいます。

知名度が上がることでスポンサーがつくことにつながったり、自身のフィットネス関連の商品を販売することで収入を獲得できます。

ジムの経営、トレーナー

 

バーベルと女性

多くのプロボディビルダーは、自身のトレーニングジムを経営したり、大手ジムでパーソナルトレーナーとして仕事をしたりしています。

プロのボディビルダーとなると知名度はかなり高く、大会での成績で人気になって、集客につながることが多いです。

また、やはり専業のボディビルダーは少なく、多くのボディビルダーはトレーニングにかかわる仕事と兼業で、様々な活動とボディビルを両立しています。

代表的なIFBBプロのコンテスト

IFBBのプロが参加するコンテストは世界最高レベルで、ボディビルダーなら誰しもが目指すコンテストといっていいでしょう。

ミスターオリンピア

ミスターオリンピアのポスター

引用:オリンピアの歴史 入賞者

ミスターオリンピアはIFBBプロの中で頂点を決める、世界最高峰のボディビルコンテストです。IFBBが主催する毎年恒例の大会で、出場条件がかなり厳しく、ボディビル界隈が大注目するイベントです。

賞金もボディビルにおいては世界最高金額で、日本円で約5,000万円になります。

プロクオリファイの位置づけになるアマチュアオリンピアもあり、これは世界各国で開催されます。

オリンピアの代表選手

  • フィル・ヒース
  • ロニー・コールマン
  • ドリアン・イエーツ
  • セルジオ・オリバ
  • アーノルド・シュワルツェネッガー
  • ビッグ・ラミー
  • パトリック・ムーア
  • ハディ・チョーパン
  • レイモント・エドモンズ
  • 山岸秀匡

アーノルドクラシック

https://hominis.media/category/athlete/post6559/

正式名称はアーノルド・スポーツ・フェスティバルで、1989年から始まったアーノルド・シュワルツェネッガーが主催するスポーツコンテストです。

ミスターオリンピアの次に有名なボディビルコンテストですが、若いうちにアーノルドクラシックで好成績を収めてから、ミスターオリンピアを目指す選手も多くいます。

ボディビルのほかにもアームレスリングや格闘技、様々なオリンピック競技がありますが、ボディビル競技である「アーノルドクラシック」が最も有名なため、このように呼ばれることが一般的です。

また、大会と同時にエキスポも開催され、様々なフィットネス関連の企業がスポンサー契約したプロのボディビルダーたちとファンとの交流の場となっています。

ジャパンプロ

引用:https://zuna-lab.com/archives/2687/

IBBFの下部組織にあたるFWJ(旧NPCJ)が主催する、世界最大級のボディメイクコンテストです。日本のIFBBプロが出場し、日本人のプロは年々増えていることから、その盛り上がりもどんどん大きくなっています。

ジャパンプロで勝ち抜くと、世界一を決めるミスターオリンピアへの出場権を獲得します。

まとめ

いかがだったでしょうか。IFBBについて、日本人選手を紹介しながら徹底解説しました。IFBBプロとIFBBエリートプロの違いや、それぞれのコンセプト、プロの収入源などが参考になれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。