鍼灸で効果的な学習をするための3STEPをご紹介!

鍼灸師は「はり師」と「きゅう師」の2つの国家資格をもった鍼灸治療の施術者をいいます。鍼灸師は国家資格の中でも数少ない独立開業が可能な資格でもあるため、人気の高い国家資格の1つです。その一方鍼灸師の国家試験の内容は扱う範囲も広く効率的な学習が必要になります。この記事では鍼灸師の国家試験対策の効率的な学習方法を3つのステップでお伝えします。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード

鍼灸師国家試験の内容

鍼灸師の国家試験の内容は合計180問からなる筆記試験です。実技試験などはありませんが受験条件として『文部科学省または厚生労働省に認可されている3年以上の専門学校、短大、大学を卒業もしくは卒業見込みであること』という条件があり各学校内で実技研修がおこなわれます。

試験は以下科目の科目から構成されています。

  • 医療概論
  • 衛生学公衆衛生学
  • 関係法規
  • 解剖学
  • 生理学
  • 病理学
  • 臨床医学総論
  • 臨床医学各論
  • リハビリテーション医学
  • 東洋医学概論
  • 経絡経穴概論
  • 東洋医学臨床論
  • はり理論
  • きゅう理論

この中から出題される問題を午前中120分90問、午後120分90問のテストとして受験します。はり師ときゅう師を同時に受験する場合はそれぞれ「はり理論」「きゅう理論」以外の共通科目は免除となります。試験は筆記試験で四肢択一形式がとられています。

合格基準は全問題が各1点配点となっており180点中108点以上が合格基準となる絶対評価が採用されています。

鍼灸師国家試験の出題基準

鍼灸師の国家試験の問題構成は以下の通りです。

  • 基礎科目 90問
  • 専門科目 90問

基礎科目は「医療概論」「衛生学公衆衛生学」「関係法規」「解剖学」「生理学」「病理学」「臨床医学総論」「臨床医学各論」「リハビリテーション医学」

専門科目には「東洋医学概論」「経絡経穴概論」「東洋医学臨床論」「はり理論」「きゅう理論」が含まれています。

また平成30年にカリキュラム変更がなされそれ以降は「運動学」「生体観察」「適不適診断」「病態生理学」の科目が追加されています。

「運動学」「生体観察」は基礎科目、「適不適診断」「病態生理学」は専門科目です。

近年の出題傾向として総合問題の出題数が増えてきていることが、あん摩マッサージ指圧師、はり師・きゅう師国家試験あり方検討会が報告しています。

このような出題範囲の増加や単純な暗記問題ではなく総合問題の出題数が増えていることもあり、合格率は2011年までは80%前後を推移していましたがそれ以降は下降傾向にあり最低合格率は2018年のはり師国家試験の57%となっています。

鍼灸師国家試験科目の分類

ここまでみてきたように鍼灸師の国家試験の範囲は非常に広いです。学生の場合はこれらの学習をしながら実習やその他の基本科目の学習も行わなければなりません。そのためできる限り効率的に学習するために科目を3つに分類分けして学習に取り組むことをオススメします。

①基礎科目

「解剖学」「生理学」「臨床医学総論」「東洋医学概論」「経絡経穴概論」これらの科目は基礎科目としてしっかりと学習が必要です。

この科目は単にキーワードなどを暗記するのでは無く、内容をしっかりと理解する必要があります。

基礎科目をしっかりと学習しておくことで近年出題が増加傾向にある総合問題にもしっかりと対応することができるようになります。

②暗記科目

「医療概論」「衛生学公衆衛生学」「関係法規」「リハビリテーション医学」「はり理論」「きゅう理論」が暗記科目に含まれる科目になります。

これらの暗記科目を暗記するさいに重要なのが、基礎用語を正確に理解して覚えることです。

③総合応用科目

「臨床医学各論」「東洋医学臨床論」「総合問題」は総合問題と応用問題として出題されます。①基礎科目と②暗記科目を理解していないと解くことができない問題が多いです。

そのためこれらの科目を学習するさいは、わからない問題を要素に分解して基礎からしっかりと学びなおす必要があります。

この3種類に分類した上で①基礎科目に分類されている科目に苦手が多い場合はまず、基礎科目の習得を優先することをオススメします。基礎部分の理解ができていないとそれ以外の問題が解けないだけでなく、復習などにも時間がかかってしまいます。応用問題や総合問題の解答を見た時にその内容をすぐに理解できるようにすると学習効率が高まります。

学習の3ステップ

実際に試験対策勉強を効率的におこなうための学習方法を3つのステップに分けて紹介していきます。

過去問題集を繰り返し解く

鍼灸師の国家試験は過去問題が公開されています。まずは過去問題集を解いて自分が理解できているところと理解できていない箇所を明確にしておきましょう。

先述した通り鍼灸師の国家試験は四肢択一形式がとられているため、勘で答えても正解してしまう可能性があります。

本当に理解できて解答できた問題とそうでなかった問題を判別するために解答時に〇「理解できて正解」△「2択まで絞れた」×「理解できなかった」のように3種類に分類しておくと、そのあと復習するさいに有効です。

過去の国家試験問題は鍼灸師の資格を発行している、公益財団法人東洋療法研修試験財団のHPで5年分の問題が公開されています。

出典:https://www.ahaki.or.jp/examination/archives.html

公益財団法人東洋療法研修試験財団のHP

間違えた部分を参考書や教科書で復習

過去問題集で間違えた部分や理解できなかった部分は必ず参考書や教科書を使って復習しましょう。既に記載した通り近年の鍼灸師国家試験は総合問題の出題数が多くなっている傾向にあります。その総合問題や応用問題の正解率をあげるためには基礎部分の正確な理解が必要です。

そのため応用問題や総合問題を間違えてしまった場合は必ず関連する基礎科目の復習も同時に行いましょう。

また間違えた科目の数を数えておくことで自分の苦手な科目を正確に把握することもできるため各回の過去問題集で間違えた問題の科目の集計をとっておくとよいです。

間違えた部分からオリジナル解説・単語帳を作る

過去問題集で間違えた部分を参考書や教科書で復習をしたあとは、間違えた部分の解説を自分で作成してみましょう。自分で解説を作成するという作業は自分の理解度をセルフチェックするのに最適です。

解説を作成して改めて自分が理解できているか確認することでインプットした情報をアウトプットするのと同じような効果を得ることができます。このインプットとアウトプットのサイクルによって習熟度が高まっていきます。

また応用問題は説明が複雑になってしまう可能性があります。その場合はまずその応用問題の解答をマインドマップなどで整理してみるとよいです。

そしてマインドマップで整理したあとに症状毎にグループ分けして覚えていくとより記憶に定着しやすくなります。

さらにグループ分けした要素で単語帳を作成していくと基礎学習を何度も行えるようになります。

この3ステップを反復することで自分の苦手な箇所が徐々に減っていきます。また回を追うごとに自分の作成した復習用の資料が増えていくため、復習も容易に行えるようになり学習をさらに効率的におこなうことができます。

学習に役立つオススメツール

学習の3ステップをおこなう時に便利なツールやオススメの教材などをご紹介いたします。

徹底攻略!国家試験過去問題集

出典:https://www.idononippon.com/

10年分の過去問題集が一冊になったテキストです。

3ステップでご紹介した方法では過去問題を通して苦手な科目を探し出して、その部分を克服していく流れになっています。そのためにはできる限り多くの問題を解いて、できる限り多くの苦手を発見しておく必要があります。その点でも10年分の過去問題が収録されている本書はとても相性のよい教材です。

マインドマイスター

出典:https://www.mindmeister.com/ja?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=JA_ja_Brand_brand&utm_content=homepage&gclid=Cj0KCQjw7KqZBhCBARIsAI-fTKLnw3dwy6d02MWFV-ZfSZrdKrSzoaCodRslIGmoA5eqNW5RiHEeD54aAl2VEALw_wcB

応用問題や総合問題は基礎に分解して理解することが重要になるとお伝えしました。そのさいにマインドマップの作成をオススメしました。
マインドマップとは頭の中の考えを描き出す方法ですが、それをブラウザ上で簡単に作成することができるのがこのマインドマイスターです。

マインドマップはノートなどに手書きで作成することも可能ですが、後から配置変更などがしたくなった場合に不便な場合があります。マインドマイスターであれば後からの修正や加筆も簡単にできるのでマインドマップを作るさいはぜひ活用したいサイトです。

わたしの読み上げ単語帳

出典:https://apps.apple.com/jp/app/%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%AE%E8%AA%AD%E3%81%BF%E4%B8%8A%E3%81%92%E5%8D%98%E8%AA%9E%E5%B8%B3/id981129682

単語帳を作成する時に便利なのがこのアプリです。単語帳は本来隙間時間での学習を想定しているので常に持ち歩くことのできるスマホアプリをオススメしています。

基礎用語や症状毎に応用問題を整理して覚えるときなどに単語帳に登録しておき、数日後に単語帳で学習をしてみるとよいでしょう。

この単語帳の良いところはランダム機能を使用することで単語帳の中の問題がランダムに出題される点です。またヒントなども自分で作成することができるのでセットで理解すべきことなどはこのヒントに書き込んでおくと同時に学習することができます。

鍼灸師 国家試験&就職情報 グッピー

出典:https://job.guppy.jp/app/acu

鍼灸師 国家試験&就職情報グッピーは鍼灸師の就職活動のための求人情報を探すことと、国家試験対策を同時におこなうことのできるスマホアプリです。

アプリ内では過去4年分の国家試験の過去問題を解くことができます。スマホアプリなので常に持ち歩くことができ、電車の中などでも学習できるため忙しい学生さんにとてもオススメです。また過去問題を解き終わった後も苦手な科目やキーワードを検索して、問題を何度でも確認することができます。

まとめ

鍼灸師はお客様の症状を自らの手で回復させることができる素晴らしい仕事です。また鍼灸師の資格はとても奥が深く資格を得てからも新しい発見が多く、常に向上心をもって取り組むことが必要です。そのため鍼灸師は生涯をかけることのできる魅力をもった職業です。これから鍼灸師の資格取得を目指している方はぜひ本記事で紹介した学習方法を試してみてください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。