公認スポーツ指導者の資格を紹介!注意点3点も

スポーツの楽しさや素晴らしさを伝える「公認スポーツ指導者」の資格をご存じですか。

「公認スポーツ指導者とは何か」

「公認スポーツ指導者には、どのような資格があるのか」

「公認スポーツ指導者を目指す際の注意点を知りたい」

上記のような、疑問を感じる方が多いと思います。

スポーツに興味があり、日常的に楽しむことができ、健康増進や地域振興のために貢献したい方におすすめの資格です。さまざまな種類の資格があるため、ご自分の目的や理想に合った資格取得を目指すことが大切です。

そこで今回は、公認スポーツ指導者の役割と公認スポーツ指導者の資格をご紹介します。また、公認スポーツ指導者の資格を目指す際の注意点を解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

公認スポーツ指導者とは?

まず公認スポーツ指導者には、どのような目的と育成方針があるのかお話しします。資格取得する上で、大切な項目なので抑えておきましょう。

公認スポーツ指導者の目的

日本スポーツ協会および加盟団体などが、公認スポーツ指導者制度に基づいて資格認定している指導者のことです。各認定資格を保有することで、指導者として必要な知識や能力を有していることを証明するものになります。

スポーツ医学や科学などの専門知識を活かして、スポーツを安全に楽しく指導するとともにスポーツの価値を高めることが求められます。また、スポーツ指導を通して、子どもから大人までスポーツの本質的な楽しさや魅力、素晴らしさを伝えることが目的とした資格です。

公認スポーツ指導者の育成方針

日本スポーツ協会では、公認スポーツ指導者の育成に関して3つの方針を掲げています。

資格認定方針

日本スポーツ協会が実施している養成講習会の受講などにより、所定のカリキュラムを修了することで資格が認定されます。スポーツの価値や責任を理解でき、常に学び続ける姿勢を忘れない指導者を目指すことが求められます。また、スポーツに関する知識を活かして、正しい指導をする、スポーツの楽しさや魅力を伝えることができる指導者を育成していくのです。

養成講習会実施方針

公認スポーツ指導者として必要な思考や判断能力、知識、技能などを習得するために講習会を実施します。スポーツを指導するために必要となる専門的な資質能力に関する科目を体系的に構成されており、カリキュラムに沿った講習を受けることが可能です。

受講者受入方針

公認スポーツ指導者の講習を通して、スポーツの価値や未来への責任を自覚して、競技者たちの成長をサポートしていくのです。また、豊かなスポーツ文化の創造や社会的な価値を高めることに貢献できる受講者を受け入れていきます。

公認スポーツ指導者の資格内容

資格の勉強

公認スポーツ指導者の資格は、5領域の資格で構成されており、領域の中でも場所や対象者、競技レベルなどにより分類されています。ここでは、公認スポーツ指導者の5領域の各資格の内容と取得にかかる費用について見ていきましょう。

スポーツ指導基礎資格

スポーツ指導の基礎を学ぶことができる資格です。地域のスポーツ団体などでスポーツ指導をしている方や指導者としてステップアップしたい方に向けた資格になります。

資格内容費用
コーチングアシスタントスポーツリーダーなどの上位資格者をサポートとして、基礎的なスポーツ指導や運営などを行う。特に、地域のスポーツグループやサークルなどで指導できる。35,000円

(講座受講料や登録料、リファレンスブック代を含む)

 

スポーツリーダー地域でスポーツ活動を行うリーダーとして、スポーツ指導にあたる方に向けた資格。資格取得後は、フィットネス資格や競技別指導者資格へステップアップを目指すことが可能。実施団体にて問い合わせ

競技別指導者資格

スポーツを競技別に、知識や指導方法などを学べる資格です。指導場所や対象者、競技レベル別に7種類の資格に分類されます。地域のスポーツクラブやスポーツ施設、学校の部活動など競技別に専門的な指導にあたる方に向けた資格です。 

資格内容費用
スタートコーチ地域のスポーツクラブや学校の運動部活動などで、コーチ1やコーチ2の資格保有者と協力して指導する。受講管理料:1人につき1,100円

スタートコーチ用のリファレンスブック:1,650円

コーチ1スポーツ初心者や子供たちを対象に指導

地域のスポーツクラブやスポーツ少年団などで、専門的な技能を指導。スポーツの基本的な知識や技能に基づいて、安全にスポーツ活動を提供できるようにサポートする。

共通科目:22,000円(教材費込)

専門科目:15,400円

コート2年齢や競技レベルに応じた指導。

地域のスポーツクラブやスポーツ少年団、学校の運動部活動の指導にあたる監督やコーチになれる。主に、指導計画や活動評価などを行いながら効果的なトレーニングを指導する。

共通科目Ⅱ:17,600円

(リファレンスブック代3,300円)

専門科目:11,000円

コーチ3アスリートや競技者の育成のための指導。

トップリーグや実業団、アスリートなどの育成のための指導にあたる。将来、有望な競技者の育成するために、より高いレベルで実技指導を実施できる。

共通科目:22,000円

(リファレンスブック代3,300円)

専門科目:11,000円

コーチ4競技者の育成を強化するための指導。

実業団やナショナルチーム、アスリートなどの育成を強化や競技力向上を目的に指導にあたる。また、各競技会の監督ができ、競技者の能力を高めるために組織的な指導も実施できる。

共通科目:30,800円

専門科目:17,600円

教師競技別に質の高い専門的な実技指導。

民間スポーツ施設やサークルなどで、専門的な指導や運営業務などを行う。年齢や性別、ニーズ、ライフスタイルに合わせた指導やサービスを提供する。

共通科目:61,600円

(リファレンスブック代3,300円)

専門科目:競技により異なる

上級教師競技別の専門的な実技指導。

民間スポーツ施設やサークルなどで、実技指導の責任者として活動する。各種事業の計画の立案や指導方針の決定、経営業務なども携わり組織内における中心的な役割を担う。

共通科目:61,600円

専門科目:競技により異なる

メディカル・コンディショニング資格

病院や地域などで、医学的の知識をもとにして健康管理や競技能力の向上をサポートする資格です。 

資格内容費用
スポーツドクター医師の立場から、健康管理やスポーツ障害、スポーツ外傷の治療などの業務を行う。そして、スポーツの競技会などでは、チームドクターとしてサポートする。基礎科目+応用科目を受講:57,200円

応用科目から受講:33,000円

アスレティックトレーナースポーツドクターやコーチとの協力のもと、スポーツ競技者の健康管理やスポーツ外傷、障害予防、体力トレーニング、コンディショニングを担当する。共通科目:22,000円

(リファレンスブック代3,300円)

専門科目:73,700円

(実技試験検定料33,000円)

スポーツ栄養士栄養士または管理栄養士の立場から、栄養や食事に関する専門的な視点から支援やサポートをする専門家。共通科目:22,000円

(リファレンスブック代3,300円)

専門科目:19,800円

スポーツデンティスト歯科医師の立場から、スポーツ競技者の歯を診断して嚙み合わせを診断し、マウスピースの作成や調整をするスペシャリスト。受講料:55,400円

(スポーツ歯科医学Ⅱ免除であれば36,000円)

マネジメント指導者資格

総合型の地域スポーツ施設などで、マネジメントを担当する方に向けた資格です。 

資格内容費用
アシスタントマネージャー総合型スポーツ施設において、クラブマネージャーの補佐や運営などの活動をサポートする。実施団体により異なる
クラブマネージャー総合型スポーツ施設において、健全なマネジメントや環境整備などを実施する。専門科目:81,400円

フィットネス資格

地域のスポーツ施設や公共施設などで健康・体力づくりを中心にスポーツ指導を学ぶ資格です。 

資格内容費用
ジュニアスポーツ指導員子供の発育や成長に応じた、運動遊びやスポーツ指導をする専門家。生涯にわたって、スポーツライフを継続するための土台を築くことができる。共通科目:22,000円

専門科目:22,000円

スポーツプログラマー青年期以降の方に対して、スポーツ施設などでフィットネスの維持や向上を目的とした指導や助言ができる。共通科目:17,600円

(リファレンスブック代3,300円)

専門科目:42,000円

※健康運動実践指導者の保有者は22,000円

フィットネストレーナー商業スポーツ施設にて、さまざまなスポーツ活動をしている方に向けて相談や指導、助言を行う。実施団体にて問い合わせ

 公認スポーツ指導者を目指す際の3つの注意点

公認スポーツ指導者の資格を取得するにあたって、3つの注意点がありますので確認しておきましょう。

年度によって募集していない資格がある

年度や競技別指導者によっては、募集をしていない資格があるので注意が必要です。自分の取得したい資格があれば、日本スポーツ協会または実施している競技団体にて募集しているのかを調べるようにしましょう。

専門分野の資格によっては条件がある

認定スポーツ指導者の資格を取得するためには、満18歳以上の年齢制限があります。また、競技によっては満20歳以上でなければ受験できない資格があるので、あらかじめ受験資格を確認することが必要です。また競技別指導者は、年齢制限の他に細かい受験する条件が定められています。自分が受けたい資格において、どのような条件があり、その条件を満たしているのかなどをチェックしましょう。

指導者資格は更新制

公認スポーツ指導者の資格は、更新制であり定期的に講習会に参加する必要があります。基本的には、資格登録後から4年間までが有効期限です。そして、有効期限の6ヶ月前までに日本スポーツ協会または中央競技団体などの定める講習会に申し込んで、受講することが義務づけられていいます。もし、期限内に定める講習会に受講しないと、資格更新が難しくなります。まずは、資格更新に関する内容をしっかりと調べて、期限内に受講するようにしましょう。なお、スポーツ指導基礎資格であるスポーツリーダーは、登録や更新に必要はないようです。

まとめ

ここでは、公認スポーツ指導者とは何かと資格の内容、資格を取得する際の注意点について解説しました。公認スポーツ指導者は、日本スポーツ協会の目的や指導方針に基づいて認定する資格です。

公認スポーツ指導者の資格は、スポーツ指導基礎資格や競技別指導資格、メディカル・コンディショニング資格など5領域で構成されています。5領域の中でも、指導場所や対象者、競技レベルなどで細かく分類されているので、日本スポーツ協会にて詳細を確認することが大切です。

公認スポーツ指導者の資格は、専門分野によっては年齢制限があるなど細かい条件があります。そして、公認スポーツ指導者の資格は更新制であり、資格取得後の4年間が有効期限になります。有効期限までに、日本スポーツ協会が定める講習会に参加することが必要です。

スポーツに興味があり、社会に貢献したい方やスポーツの楽しさや魅力を伝えたい方におすすめの資格です。ご自身の目的や知識、スキルを活かして、どのような資格を取得したいのかと見極めてステップアップをしましょう。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。