スポーツジムのリスティング広告運用の最適化方法を教えてください。

やるべき施策が多く、調べれば調べるほどハマっていく「WEBマーケティング」。

ネット上には、学生インターン生が書いた企業オウンドメディアや、WEBマーケティングの実行をしたことがないWEBマーケティングコンサルタントが書いた「本当に効果出るの?」と思う施策が多く散見され、WEBマーケティング初心者の方は、どの施策が”本当に効果が出る”のか、迷われている方も非常に多いのが現状です。

そこで月間20万人以上が利用するジム探しメディア「FitMap」を、ゼロからリリース1年弱で立ち上げたWEBマーケティングのプロである株式会社FiiTの創業者3名が、皆さまのWEBマーケティングのお悩みに”リアルな回答”をするコーナー「WEBマーケティング相談室」。

今回のお悩み相談内容は「スポーツジムのリスティング広告運用の最適化方法を教えてください。」になります。

これからWEBマーケティングを実施される企業の担当者様のお役に立てるコンテンツになるよう、丁寧に作成しました。ぜひ最後までお読みいただき、WEBマーケティング初心者を脱して効果の出る施策を実行していきましょう。

 

Q. スポーツジムのリスティング広告運用の最適化方法を教えてください。

今回寄せられたWEBマーケティングのご相談内容は下記です。

<WEBマーケティングのお悩み内容>
地方でスポーツジムを経営しています。現在、ポスティングとホームページから集客しているのですが、コロナの影響もあり反響が悪い状態です。そこで、知人ジムがやっていたリスティング広告を始めようと思っています。

もしFiiTさんであれば、具体的にどのような最適施策を行いますでしょうか?お手数ですが、ご教示お願い致します。

お悩みのご相談ありがとうございます!上記お悩みに対しての株式会社FiiT創業メンバーから下記の通り回答させていただきました。

A1. ご自身のエリア×ジムのキーワードで出稿し、CPCを最適化しましょう

この質問の回答者:谷田 大河
株式会社FiiT代表取締役。 FitMapの正式リリースからわずか3ヵ月で月間10万人が利用するメディアへ急成長させる。 ジム向けの集客支援を多方面から支援する会社を拡大中。 ※FitMapユーザー数:20万人/月 (2021/5数値)

基本的にご自身のエリア×ジムのキーワードで出稿しましょう。出稿時の注意点としては、必ず「完全一致」もしくは「フレーズ一致」で広告出稿すると後ほどお話しするCPC(クリック単価)を最適化しやすいです。

(例)新宿エリアのスポーツジムの場合:「新宿 ジム」の完全一致でキーワード出稿

また、そのまま出稿してもCPCは最適化されないので、MAXのクリック単価を10円ずつ下げて、掲載順位を見てください。1番CPCを下げて、掲載順位が高くなるCPCが最適なCPCとなりますのでそこで回し続けることで、最適化できます。

リスティング広告はかなり地道な作業の繰り返しになりますので、泥臭くPDCAを回し続けましょう。もし上記内容が難しい、よくわからないといった方は弊社でリスティングからSEO対策、MEO対策までワンストップで代行する集客代行サービスを承っております。

月間20万人以上が利用するジムメディア「FitMap」を成長させた弊社に、ぜひ御社の課題・お悩みをご相談ください。初回は無料でカウンセリング致します。

FiiTの集客代行サービス詳細はコチラ

A2. まず最初は目標を設定しましょう。

この質問の回答者:佐野前瑛
株式会社FiiT マーケティング統括責任者。WEBマーケティングのプロ。 【引受可能業務】 ・ジムの集客コンサルティング・HP作成・LP作成・ライティング代行・SEO対策・WEBコンサル

まずは目標を設定しましょう。

一番簡単な目標の作り方は、以下のとおりです。

販売価格-原価-確保したい利益=1コンバージョンに費やせる費用

これで目標CPAが決まります。CPAが”1コンバージョンに費やせる費用”以上になると、利益が減り、”販売価格-原価”を超えると赤字になります。

1コンバージョンに費やせる費用が決まれば、あとは1ヶ月で何人集客したいか決めれば1ヶ月間の広告費が決まります。

リスティング広告運用を始める前に目標を立てると、「達成すれば○人集客できて利益が○万円になる」と関係者全員に対して伝わりやすい言語に変わります。

リスティング広告の運用を自社でやるにせよ、外注で代理店に依頼するにせよ、担当者と運用者の間での目標共有は必須です。

目標CPAや目標コンバージョン数といった目標設定が、関係者間で共有されていないと現状の把握ができません。

このような状態に陥ってしまわないように、目標を最初に設定しましょう。

A3. LP(ランディングページ)の見直しは必須です!

この質問の回答者:福田駿太
株式会社FiiT FitMapチーム/営業統括責任者 フィットネスを愛し、最善を提供し続ける鬼。 記事に関するご質問や弊社サービスについてお気軽にご相談ください!

リスティング広告運用において、大事なことが2つあります。

  • 運用キーワードの設定
  • LP(ランディングページ)の最適化

運用キーワードの設定などは、お金をかけられるのであれば実際に回して徐々に試していくのが実は良かったりします。
ただいくらお金をかけ訪問数を増やそうが、LP(ランディングページ)のコンテンツ次第で成約率が大きく変わります。
※LP(ランディングページ)とは、ユーザーが最初に訪問するページのことです。

従って広告を運用する際は、必ずLP(ランディングページ)のコンテンツを見直しましょう!

LP(ランディングページ)の見直しをしましょう!

具体的に見直すポイントをまとめさせていただきました。

  • コンテンツの構成
  • ファーストビュー(最初に映る画面)
  • 問い合わせまでの導線

上記3つを抑えるだけで、成約率がグッと上がります。

コンテンツの構成

少なくとも訪問しているユーザーは、興味をもって訪問しています。
知りたい情報がわかりにくい,載っていないなどは、ユーザーの離脱率は高くなってしまい無駄クリックが増えてしまいます。
少なくとも、「どう言ったサービス,料金,問い合わせ」この項目は必ずわかりやすくしましょう!

ファーストビュー(最初に映る画面)

コンテンツの構成と被っていますが、大事な点になります。
サイトを開いて、最初の印象でユーザーの行動は大きく変わります。
わかりにくい表現のPR文や情報量が多すぎるデザインなどは絶対に避けましょう!

問い合わせまでの導線

意外と見落としがちな点になります。
あくまで広告運用は、新規入会獲得の施策です。
問い合わせ方法が分かりにくいなどはもちろん、問い合わせ項目が多いだけでユーザーは離脱します。
問い合わせはわかりやすい位置に、項目は必要最低限な項目のみを設置しましょう!

広告用のLP(ランディングページ)を作成し、リスティングなどを運用していくのも視野に入れて広告を運用しましょう!
弊社は広告運用はもちろん、LP制作なども得意としております。
ぜひお気軽にご相談ください。
相談フォーム

WEBマーケティング相談室まとめ

3人とも、回答いただきありがとうございました!WEBマーケティング施策の実行の参考になりましたでしょうか。

今回のお悩み相談内容は「スポーツジムのリスティング広告運用の最適化方法を教えてください。」でした。今回の内容が参考になれば株式会社FiiTメンバー一同嬉しく思います。あなたがより効果の高いWEBマーケティングを実施されることを、心よりお祈り申し上げます。

もし「WEBマーケティング相談室に悩み相談してみたい!」と思って頂けた方がいらっしゃいましたら、下記より無料で相談いただけます。お気軽にご質問お待ちしております。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

株式会社FiiT代表取締役。 FitMapの正式リリースからわずか3ヵ月で月間10万人が利用するメディアへ急成長させる。 ジム向けの集客支援を多方面から支援する会社を拡大中。 ※FitMapユーザー数:20万人/月 (2021/5数値)