ホットヨガの広告全手法と利益を残す運用方法

「ホットヨガスタジオの集客に繋がる広告を打ち出したい…」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「ホットヨガ 広告」と検索しても、ネット上にはヨガスタジオの広告活動に携わったことのない方が執筆した記事や広告業者の宣伝ページしかなく、これらの情報を鵜呑みにして広告を打ち出すのはいささか危険です。

そこで、月間15万人以上が利用するフィットネスWEBメディア「FitMap」を運営するマーケティングのプロ・株式会社FiiTのメディア編集部が、ホットヨガの広告手法と運用方法について詳しく解説します。

ホットヨガスタジオへの集客をもっと高めたい方や、更なる利益をあげたいという方は必見です。

ホットヨガスタジオの広告手法を実践する前に知っておくべきこと

どれだけ有効な広告手法を知っていたとしても、その広告を行う『意味』を理解していなければ、継続して結果を生み出していくことはできません。

まずはホットヨガスタジオへの広告手法を実践する前に、最低限知っておくべき以下の3つの要素についてお話しします。

  • VPP(バリュープロポジション)を意識する
  • 顧客ニーズ・ターゲット層を明確にする
  • 広告予算費を算出する

いずれも広告を打ち出す前に理解しておくべき、必須要項です。順番に解説していきます。

VPP(バリュープロポジション)を意識する

VPP(バリュープロポジション)はどんなビジネス分野においても、理解しておくべき要素です。

VPPとは「顧客のニーズに対して、他社にはないサービスや商品を提供すること」を指す用語です。「競合他社に無くて、自社だけが持つ魅力」と言い換えることもできます。

VPPを持っている企業は、それだけで市場において圧倒的有利に立っている立場にあると言えます。反対にVPPを持たない企業は、数多ある企業の中に埋もれてしまい、競争を勝ち抜くことは難しいでしょう。

ホットヨガスタジオの運営においてもVPPを意識することは、マーケットで勝ち抜くために非常に重要です。最近ではヨガスタジオの数も増え、スポーツジムも含めるとかなり競争は激しい市場となっています。そんな市場環境だからこそ、VPPを意識することが大切なのです。

とはいえ何百とあるヨガスタジオで、自社だけが持つVPPを見つけ出すことは容易ではありません。そこで大切なことは「同マーケットエリア内でのVPPを見つけ出す」ことです。近隣エリアの競合他社を分析し、自社だけが持つ魅力を見つけ出し、広告として打ち出すことで競争を優位に進めることができます。

顧客ニーズとターゲット層を明確にする

有効な広告戦略を打ち出し、集客を高めるためには、競合他社に目を向けているだけではいけません。

自社の顧客ニーズがどこにあるのかを分析し、ターゲットを明確にする」ことがビジネスでは必須です。ニーズを理解せずターゲットが明確になっていない段階で広告を打ち出しても、空振りになってしまう可能性が高いからです。せっかく投じた広告費用も無駄になってしまいます。

まずは自社の顧客ニーズがどこにあるのかを徹底的に分析しましょう。その上でターゲットとなる客層を決定します。そうすることで後から紹介する数種類の広告手法の中から、自社のターゲットとなる顧客にマッチした方法を選択することができます。

広告予算費を算出しておく

最近ではSNSやYoutubeなどの普及により、無料で行える広告ツールも増えてきました。しかし規模のある広告形態では、一定の費用が発生することは避けられません。

どんな広告手法を選択するにせよ「自社のホットヨガスタジオでは、どのくらいの費用を広告費として利用するのか」をあらかじめ決めておくことが大切です。ビジネスにおいて広告予算費の予算組は必須となっています。

下記は一般的な広告手法にかかる費用を表にしたものです。

看板広告(道路沿い・駅前の看板設置)40万円〜120万円
交通広告(電車・バス内への広告媒体掲載)15万円〜45万円
チラシ広告(新聞などへの折り込み)3万円〜5万円
リスティング広告1クリックあたり10円〜50円
動画広告(Youtubeなど)1クリックあたり10円〜200円
雑誌広告(雑誌媒体への掲載)15万円〜25万円
地上波テレビ広告20万円〜80万円

ご覧の通り、規模が大きい『看板広告』や『地上波テレビ広告』では、数十万円の広告費が発生することが分かります。

また広告戦略の大前提として「広告手法は複数打ち出す」ことが基本です。一つの手法だけに頼ってしまうと、リスクヘッジができないためです。選択した広告が不発に終わった場合、集客が見込めない状態に陥ってしまいます。

まずは自社のホットヨガスタジオが広告費に使用できる予算を組み立てます。その上で有効と思える広告手法をピックアップし、実践することが大切です。決して予算をオーバーするような戦略を選択し、経営を圧迫することがないように注意しましょう。

ホットヨガスタジオのオフライン広告手法と運用方法

ホットヨガスタジオの広告として打ち出せる方法について解説していきます。

広告手法と一言に言っても世の中には、無数の方法が存在します。そのためまずはオフラインで行える従来の広告手法をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

もちろん全てホットヨガスタジオの集客・利益アップに繋がる方法であることをお約束します。

  • ポスティング広告
  • 看板広告
  • 店先広告
  • 同系企業とのPR広告
  • 雑誌メディアへの掲載出稿

それでは順に深堀していきます。

ポスティング広告

チラシによるポスティング広告は、ホットヨガスタジオの集客に直結する有効な広告手法です。

従来からヨガスタジオを含め、スポーツジムやパーソナルジムなどのフィットネス企業はポスティング広告を積極的に行ってきました。これはヨガスタジオを含めたフィットネス分野の集客において、ポスティング広告は非常にマッチした手法だからです。

ホットヨガスタジオやスポーツジムは、近隣のエリアにターゲットを絞る『エリアマーケティング』が手法です。つまり遠方よりも、近隣のエリアに居住もしくは関連のあるユーザーを集客のターゲットに運営を行なっています。エリアを絞ってチラシの投函を行うポスティング広告は、よりマッチした広告手法なのです。

まずは自社の近隣エリアの商圏分析を徹底的に行いましょう。その上で「集客の見込みがあるエリアのユーザー」を対象にチラシの投函を行なっていきます。間違っても集客が見込めないエリアに闇雲にチラシを投函することは避けましょう。ポスティング広告の費用は他媒体に比べて安価であるとは云え、費用の無駄使いになってしまいます。

看板広告

看板広告は、ホットヨガスタジオの存在をユーザーに認知してもらうことに特化した広告手法です。

幹線道路沿いや駅中・駅前に自社のホットヨガスタジオの看板を設置することで、通りがかるユーザーに自然と自社スタジオの存在を認知させることができます。

直接的な集客に繋がることは少ない看板広告ですが、ユーザーの顕在ニーズを引き出すことに繋がる可能性も秘めています。特にホットヨガは、ここ数年で一気にブームに火が付いた分野です。道ゆく人の中に少しでもホットヨガスタジオに興味のある方が居れば、それだけで入会に繋がる可能性は上がります。

ただし看板広告を設置するためには、平均して40万円〜120万円ほどの費用がかかります。自社の予算と照らし合わせて、実施するのかを検討してみてください。

店先広告

店先広告も、前述した看板広告同様に、自社のホットヨガスタジオの認知度と顕在ニーズを引き出すことに繋がる広告手法です。

店先広告の魅力は、看板広告に比べて費用を圧倒的に抑えられることにあります。店先に小型の看板(ディーゼル)やPOPを設置するだけなので、広告掲載費はもちろん無料。かかる費用は備品購入代のみです。

看板広告同様に、道ゆく人に自社スタジオの存在をアピールする広告形態ですが、弱点は「広告の規模が小さいので、ユーザーの目に届きにくい」こと。出来るだけ目立ちやすくて、目を引くレイアウトで行うのがポイントです。

フィットネス・健康関連企業とのPR広告

フィットネス・健康関連企業とのPR広告は、オフライン広告の中でも特に訴求力の高い方法として注目を集めています。

『健康関連の食品を販売する会社』や『スポーツ用品・アパレルを販売する会社』とコラボ企画を行い、広告・宣伝することで知名度を高めることができます。

この手法を積極的に取り入れているのが、日本最大規模のホットヨガスタジオ・LAVAです。LAVAが提供している暗闇フィットネススタジオ『REAL FIT』に、株式会社ナイキジャパンが運用している『NIKE SPORTS FINDER』を業務提携する取り組みを実施しました。

両社が運営するサービスを紐付けることで、サービスレベルの向上はもちろん、ユーザーからの信頼度や知名度を高めることにも成功しています。

LAVAの広告手法については下記の記事でさらに詳しく解説しています。ホットヨガスタジオの最競合となるお店ですので、ぜひチェックしてみてください。

雑誌メディアへの掲載出稿

雑誌メディアへの掲載を出稿することも、ホットヨガスタジオの広告手法として非常に有効な手段のひとつです。

特にホットヨガはここ数年で健康意識の高い女性から、圧倒的な興味と支持を集めている分野です。雑誌メディアとしても、女性から高い需要のあるホットヨガスタジオの記事は非常に掲載しやすい内容でもあります。

また雑誌掲載を出稿する場合は、前述したVPP(バリュープロポジション)を意識するようにしましょう。まだまだ発展途上のホットヨガ業界であっても、既に多くの競合店がオープンして鎬を削っています。「自社だけが持つ魅力」を強調することで、自社のホットヨガスタジの存在をユーザーにより強くインプットすることができます。

ホットヨガスタジのオンライン広告手法と運用方法

現代の広告戦略として、WEBやSNSを利用したオンライン広告は最早必須となりつつあります。

もちろん先に紹介したオフライン広告も、まだまだ集客力の高い広告手法であることに間違いはありません。しかし時代と共に、オンラインでの広告手法が主流となっていくことは最早必然です。

ここで紹介する以下のオンライン広告は、ホットヨガスタジオの集客と利益を高めることに直結する非常に有効な方法です。ぜひ参考にしてみてください。

  • ホームページの制作・運用
  • リスティング広告
  • ホットペッパービューティーへの広告出稿
  • MEO(グーグルマイビジネス)の登録
  • SNSでの発信
  • Youtubeによる情報発信

それでは順に解説していきます。

ホームページの制作・運用

ホームページを制作し、運用することは現代ビジネスにとって最早必須となりました。

限定したエリアを対象に行うオフライン広告に比べて、オンライン広告は全国のWEBユーザーがターゲットになります。その中でも自社のホットヨガスタジオのホームページを制作し、運用することはオンライン広告の基本であり、最も集客効果の高い広告手法です。

ただしホームページは業者に依頼し、制作してもらって終わりではありません。その後はSEO対策をしっかりと行い、ホームページの信用性と人気を高めていくことが必須です。SEOは別名『検索エンジン最適化』と呼ばれ、「検索エンジンを通じて、自社の顧客となってくれそうなユーザーに最適な情報を届ける手法」を指します。

ただしSEO対策を極限まで極める必要はありません。SEO対策を万全にすることは、プロでも難しいからです。あくまでSEO対策の基本を熟知し、ホームページの運用に活かしましょう。SEO対策をきっちり行い『PV(ページビュー)』を増やすことができれば、必ず集客に繋がるはずです。

リスティング広告

リスティング広告はWEBを利用したオンライン広告の中で、最も人気のある広告手法です。

リスティング広告とは、パソコンやスマートフォンで検索した際に表示される広告形態を指します。『Google』や『Yahoo!』といったブラウザに広告費を支払うことで掲載が可能です。

リスティング広告の魅力は、顕在的な顧客をターゲットにできる点にあります。例えば「ホットヨガ 渋谷」で検索する人は、渋谷区でホットヨガスタジオを探しているユーザーである可能性が高いです。つまり自社のホットヨガスタジオの特徴を加味したキーワードを設定することで、より顕在的な顧客をターゲットに絞り出すことができます。

広告費用も1クリック毎に発生するので、無駄なコストが発生することを抑えてくれます。1クリックあたり10円〜50円とコストパフォーマンスも高いので、非常に運用しやすい広告手法です。

ただしリスティング広告は、表示方法に注意する必要があります。インターネットが普及していなかった時代は、ユーザーの広告への警戒心も比較的低い傾向にありました。しかし近年ではユーザーの警戒心も強まり、リスティング広告の効果も従来に比べて下がってきています。

広告と分かっていてもクリックされるような広告」を作成することが、リスティング広告で効果を生み出す必須事項となっていることを理解しておきましょう。

ホットペッパービューティーへの広告出稿

ホットペッパービューティーを利用することも、ホットヨガスタジオの広告手法として有効な戦略のひとつです。

ホットペッパービューティーは『株式会社リクルート』が運営するポータルサイトの一種です。ポータルサイトとしては日本最大規模を誇り、利用者は2400万人以上にもなります。大手サイトとしてユーザーからの信頼度が高いため、ホットペッパービューティーに掲載するだけで、ユーザーからの信頼を得ることが可能です。

またホットペッパービューティーの利用者の多くが美容・健康意識の高い女性ユーザーです。ホットヨガスタジオの顧客ニーズとマッチしているので、より集客を高めることができる手法となるはずです。

MEO(グーグルマイビジネス)の登録

MEO(グーグルマイビジネス)に登録することで『Google検索』や『Googleマップ』などに自社のホットヨガスタジオの情報を掲載することが可能です。

MEOはタブレットやスマホのGPS機能を利用して、エリア内の店舗情報を検索・閲覧できるツールです。エリアマーケティングが重要なホットヨガスタジオでの集客には、必須のツールと言えます。

またMEOは無料で登録・運用することが可能です。もちろんGoogleが運用するツールですので、利用者数は他の媒体とは比べものになりません。「無料で使えて、確実に集客効果のある広告ツール」ですので、必ず利用するようにしましょう。

SNSでの発信

SNS(インスタグラム・ツイッターなど)を広告手法として利用することも、現代ビジネスでは一般的となっています。

SNSを広告ツールとして利用する最大のメリットは『拡散力』にあります。投稿したツイートがユーザーから高い評価を得ることができれば、一気に知名度と人気を高めることが可能です。

ただしSNSもホームページの運用と同様に「中長期的な目線で育てていく意識」が大切です。SNSでのフォロワーは悪質な方法(フォロワーを購入するなど)を使わない限り、一気に跳ね上がることはありません。見込み顧客のニーズに合った情報を日々継続して発信することが、SNSアカウントのフォロワーを増やす唯一の手段となります。

ホットヨガスタジオをこれからオープンする予定の方はホームページ同様に、SNSアカウントも作成し中長期的に運用しましょう。『日々の努力』が必ず集客という結果に繋がることをお約束します。

Youtubeによる情報発信

SNSと同様に、Youtubeも無料で運用できる広告手法として注目を集めています。

Youtubeのメリットは、SNSと違って情報発信に際しての制限が少ないことにあります。SNSでは投稿できる文字数に制限があるのに対して、Youtubeでは動画倫理(ポルノ・暴力・人権の侵害など)に反しない限り、投稿内容に基本的な制限はありません。

自社の見込み顧客となるユーザーが求めている情報を、動画を通して積極的に発信しましょう。Youtubeアカウントの成長と共に、集客効果も高まっていくはずです。

特に、ホットヨガは健康・美容意識の高い女性からの注目度が高い分野です。ターゲットのニーズをしっかりと見極め運用すれば、大きな成果に繋げることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ホットヨガの広告手法とその運用方法について、業界マーケティングのプロである株式会社FiiTのメディア編集部がお届けしました。

ホットヨガは現在非常に人気の分野です。しっかりと顧客のニーズを見極め、有効な広告手法を実践することができれば、確実に成果をあげることができます。

再度、ホットヨガスタジオの広告手法を振り返りたいと思います。

  • ポスティング広告
  • 看板広告
  • 店先広告
  • 同系企業とのPR広告
  • 雑誌メディアへの掲載出稿
  • ホームページの制作・運用
  • リスティング広告
  • ホットペッパービューティーへの広告出稿
  • MEO(グーグルマイビジネス)の登録
  • SNSでの発信
  • Youtubeによる情報発信

これらの広告手法は、ホットヨガスタジオの集客において非常に有効な戦略です。できるものから、ぜひ積極的に実践してみてください。

なお弊社では、今回お話しした内容以外にも、ジム集客に関する様々なご支援を行っております。

ご興味ある方はお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。初回は無料でカウンセリングいたします。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

月間20万人以上が利用するフィットネスWEBメディア「FitMap」を運営するWEBマーケティングのプロ集団。スポーツジム・パーソナルジムのマーケティングから経営・開業まで幅広い有益な情報を発信。