メガロスの広告・マーケティング・プロモーション戦略を徹底考察

「メガロスの広告戦略・マーケティング戦略について調査して自社の売上アップに活用したい!」

上記でお悩みですね。実際にメガロスの広告戦略などを確認しようとしても、実際の広告状況をチェックするのはとても労力がかかるため難しいです。

そこで、月間15万人以上が利用するフィットネスWEBメディア「FitMap」を運営するマーケティングのプロ・株式会社FiiTのメディア編集部が、メガロスの広告状況とマーケティング戦略を徹底調査し、今後のマーケティング活動に活かせるようレポーティングしました。

あなたのマーケティング力アップにお役立ちできれば幸いです。

メガロス広告戦略のポイント

ポイント①:業界初となるグッドデザイン賞の受賞による女性ターゲットへのPR

同社が提供するサービス『メガロスルフレ』が2019年度グッドデザイン賞に選ばれた。
女性の社会進出が拡大する一方、女性のストレスによる体調不良やホルモンバランスが崩れることが社会課題となっている。こんな悩みを解決すべく本サービスでは、カウンセリングサービス提供や婦人科医師監修のプログラムの提供等を行っている。女性が自身の体調やストレスを見直す場として評価され、受賞へとつながった。女性ターゲットに対して、今回の受賞がPRとなっている。

ポイント②:感染予防対策の徹底による利用者への安心・安全をPR

コロナ禍において、3密への対策がしづらいフィットネスクラブ業界は、大きなダメージを受けた。そのような中、同社では、逆転の発想で、徹底的なコロナ対策を行った施設を実現することで、安心・安全をPRした集客を図っている。具体的には、マスク着用や検温、手指消毒等はもちろんのこと、ロッカー等の施設内設備において、抗ウィルス・抗菌コーティングを全店で実施している。

メガロスのマーケティング戦略のポイント

ポイント①:Withコロナ時代に適応したオンラインサービス企業との業務提携

オンラインフィットネスサービスを展開する株式会社リーンボディと業務提携し、自社が提供する『メガロスLIVEレッスン』の動画コンテンツ拡充を図る。これまでは、ライブレッスンによるインストラクターとのコミュニケーションが取れるサービスを提供していたが、リーンボディ社が提供するフィットネス動画を組み込むことで、サービス拡充を図る。コロナ禍において、リアルでの店舗への来館を控える会員が増えており、いかに会員の健康維持を実現するかを検討し、オンラインサービスの拡充を決めた。

ポイント②:女性から最も選ばれるフィットネスクラブへの取り組み

2020年女性が選ぶフィットネスクラブ満足度のNo.1に同社が選ばれた。選ばれた理由で最も多くの票を得たのが、『通いやすさ』である。この通いやすさを実現しているのは、きつすぎないプログラム設計や楽しめるプログラム、利用者・スタッフとのコミュニケーションである。また店舗デザインやレンタルサービス等、女性が魅かれる設計をされており、今回の受賞につながっている。

ポイント③:都心への店舗展開を行うことで、会員の利便性向上を図る

同社は、都心への店舗展開を積極的に行うことで、店舗ネットワークの拡充を図っている。また駅から徒歩圏で通える範囲での出店を行っており、ビジネスマン・ビジネスウーマンから喜ばれている。都心において、通勤は公共交通機関での移動がほとんどであり、駅から徒歩で通えることは、顧客満足度を高める上で重要なポイントとなる。また大江戸線の麻布十番駅から徒歩3分の店舗を例にすると、隣接している公園の自然を見下ろしながらトレーニングを行うことができ、店舗周辺設備を踏まえた店舗展開を行っている。

メガロスの差別化戦略

ポイント①:競合他社にない新業態への展開

同社では、暗闇のスタジオの中で、巨大スクリーンに映像を投影しエクササイズを行う新業態『Fitness Theater』を展開している。映画館と同等クラスの映像美・音質を楽しみながらエクササイズを行うことができ、モチベーション向上を促している。単調になりがちなワークアウトにおいて、設備で補完することで、会員が自身のエクササイズの目的に対して、挫折することなく、継続できるよう設計されている。

ポイント②:行政機関との連携によるビジョンの実現

東京都健康長寿医療センターと学術指導契約を結び、自社の100年を『よりよく生きる』というビジョン実現に向け、サービスを展開している。具体的には、シニア層を対象にした運動により健康を実現するプログラムの提供を行っている。企業ビジョン=社会的責任に対して、自社の提供するサービス(価値)で実現を図っている。

ポイント③:通常のターゲットを変えた、ホワイトスペースへのアプローチ

同社が提供するサービス『ミライク』は、0歳児をターゲットにしており、運動センスを磨く独自のプログラムを提供している。運動神経は0歳から磨かれ、小さいうちから運動を行うことが重要であると立証されている。プログラムでは、親子が一緒にトレーニングを行えるよう設計されており、親子のコミュニケーションを楽しみながらプログラムを受けることが可能である。従来フィットネスクラブ業界がターゲットとしない層を取り込むことで、他社との競争を避け、収益を上げている。

まとめ

メガロスの広告・マーケティング戦略についてまとめさせていただきました。やはり大きなフィットネス企業は戦略を持ち賢く広めていることが伺えます。

あなたのマーケティング活動や広報活動の参考になれば幸いです。フィットネス業界により良い価値を提供されることをお祈り申し上げます。

また弊社が運営している、月間15万人以上がジム探しで利用している日本最大級のフィットネスジム検索サイト「FitMap」では、固定費用0円で「入会」成果型の成果報酬でジムをPRできます。

WEBメディアでの広告掲載をご検討の方は、まずは固定費用無料のFitMapをお試しください。詳細資料は下記よりダウンロードできます。

月間15万人以上が利用するフィットネスWEBメディア「FitMap」を運営するWEBマーケティングのプロ集団。スポーツジム・パーソナルジムのマーケティングから経営・開業まで幅広い有益な情報を発信。