スポーツジム・フィットネスクラブのチラシの効果と反響を最大化するためにすべき5つの施策

「チラシを使ったポスティングでスポーツジムの集客したいけれど、本当に効果はあるの?」

上記の疑問をお持ちではないですか?

実際に「スポーツジム・チラシ」で検索しても、ネット上にはスポーツジムのチラシ広告に関わったことがない方が執筆した記事や広告ページしかなく、有益な情報を得ることができません。

そこで、月間15万人以上が利用するフィットネスWEBメディア「FitMap」を運営するマーケティングのプロ・株式会社FiiTのメディア編集部が、スポーツジム・フィットネスクラブのチラシの効果と反響を最大化させるための施策について解説します。

スポーツジムの集客にチラシ広告の採用を検討している方・もしくは既に行っているけれど効果が出ていない方は必見です。

▼▼▼ 本気でジム集客をしたい方以外は無視してください ▼▼▼

昨今、パーソナルジムが増え続けている背景もあり、実際のデータで月10人以上の新規集客ができていないジムは約4割が5年以内に廃業へ追い込まれている現状です。

さらに既存顧客の退会も多くなり、売り上げがみるみる減少しているといった声も多く聞きます。しかし、そうは言っても、

  • 集客と言っても自分で考えうる施策は実施したし、もう何をすれば良いかわからない…
  • どの集客施策が効果的かわからず、怖くて動けてない…
  • 費用対効果が悪くて、広告にお金を回せていない…

上記でお悩みのジム経営者は多いでしょう。

そういった方のために、月間30万PV以上・日本1のアクセス数を誇るジムメディア「FitMap」を運営する株式会社FiiTが、実際にパーソナルジムで月20人以上集客増加した実績に基づく”集客コンサルティング”をご提供。本質的なマーケティング戦略と圧倒的に効果の出る集客施策をご提案することで、御社ジムの売上を大幅に改善し、長期的に利益が出続ける仕組みを構築していきます。

「コンサルティングは高いのでは?」と思われる方もご安心ください。【業界最安値】でご提供することはもちろん、どこよりも数値結果にコミットすることで、お支払いいただく金額を大幅に超える売上を創出させていただきます。

ただ、本気で集客を改善したいというジム経営者の方でないと結果は変わりませんし、我々も”本気で改善したい”という思いのある方のみと一緒にお仕事をしております。そのため1社1社丁寧に対応するために、無料相談は月【3社限定】

これから”本気で集客を強めていきたい”というジム経営者様は、まずは下記ボタンより無料相談をお申し込みください。

▶︎ 無料集客相談する
※本気でない店舗様からのご依頼や相談内容によってはお断りする場合もございます。

フィットネス業界の市場動向について

ビジネスにおいて、市場の動向を知ることは必須条件です。そこで、本題に入る前に現在のフィットネス業界の市場動向について少しお話しします。

2012年から2018年まで、フィットネス業界は右肩上がりに伸び続けていました。特に2018年は、過去7年間で最大の伸びを記録しており、市場規模は前年より4%増・会員数は前年比11%増の514万人で、初めて全国民の参加率が4%を越えています。(※1)

ここまで聞くとフィットネス業界は伸びている分野と思いがちですが、そうでもありません。経済産業省によると、2019年の会員数は0.1減・利用率も0.4%減と5年ぶりに減少。2021年にはコロナの影響を大きく受け、会員数は-28.9%と大幅に減少しています。(※2)

現在も世間では「フィットネスブーム」という言葉が使われており、伸び続けている業界だと思われがちですが、実際のデータを見るとそうでもないことがわかります。パーソナルジムや24時間ジムなどが次々とオープンする反面、全体的な利用者は減っているのです。

競合他社が増え、利用者が減っている状態で結果を出すことは容易ではありません。今回お話しする「チラシによるマーケティング」も含め、適切な戦略が必須である状態なのです。

参照元
※1:FitnessBusiness
https://business.fitnessclub.jp/articles/-/29
※2:経済産業省「フィットネスクラブの動向」
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/sanko/pdf/hv58_02j.pdf

スポーツジムのマーケティングでチラシが効果的である理由

現在はWEBによるマーケティング(リスティング広告など)が多種多様に展開されており、多くの企業が実践しています。WEB上でのオンライン広告は非常に有効であり、取り入れる必要性があることは言うまでもありません。

しかしスポーツジムやフィットネスクラブなどのフィットネス分野では、まだまだチラシによる広告効果が絶大であることも事実です。

チラシがスポーツジムやフィットネスクラブの集客に効果的である理由は主に以下の3つです。

  • 認知度を高める宣伝効果
  • 入会経路として効果的
  • 潜在ニーズを引き出せる

それでは順に深堀りしていきます。

認知度を高める宣伝効果

スポーツジムへ入会してもらうための第一歩は「知ってもらう」ことです。

ポストに投函されたチラシは、残念なことにほとんどの人が、詳しく読むこともなく捨てられてしまいます。しかし、多くの人が捨てる前に一度は目を通しているのです。つまりチラシに目を通した時点で「認知されている」ことになります。

一度認知してもらえれば、その後に思い出してもらうことは十分可能です。友人同士の会話でジムの話題になれば思い出すでしょうし、話のネタとして取り上げられるかもしれません。

チラシによるポスティングは、ジムの存在を知ってもらうための第一歩となります。

入会経路として効果的

スポーツクラブやフィットネスクラブのような地域密着型の運営ジムにとって、チラシによるポスティング広告は入会経路として非常に有効な手段です。

前述したように、現在はWEBによる広告や宣伝が一般化されてきました。しかし20代を除く30代〜60代において「チラシ」は入会する大きな要因となります。チラシによってジムの存在が認知されるのはもちろん、キャンペーンやサービス内容を理解することで、入会への意思が高まります。

散歩中にジムを見つけたり、WEBを徘徊中にジムのLPに辿り着く可能性は決して高くはありません。チラシは、ジムへの入会を確実に訴求できる戦略のひとつなのです。

潜在ニーズを引き出せる

実際にスポーツクラブに通っていない人の中でも「ジムに通って運動してみたい」という人は、意外と多くいるものです。こうした潜在ニーズを引き出す効果がチラシにはあります。

日本人の健康意識は世界的に見ても高く、ジムに通っていない人でもエクササイズや健康維持に関心を寄せている人は多くいます。自宅やマンションのポストに直接投函されるチラシは、ユーザーの健康に対する潜在ニーズを刺激することが可能です。

こうした潜在的に持っているニーズを引き出すためにも、チラシのデザインや内容にはこだわる必要があります。

スポーツジムのチラシの反響を最大化させる施策

フィットネス業界の市場同行から、チラシでのマーケティングが必須であることは理解できたと思います。

ここからは本題である「チラシの反響を最大化させる施策」についてお話しします。チラシと一言によっても業種や分野によって、意識すべきポイントは全く異なります。以下の5つは、スポーツジムのチラシに特化した施策です。

  • 通いやすさを強調する
  • キャンペーン内容を明記する
  • 自社のジムだけが持つ魅力を強調する
  • インストラクターの顔写真・ジム内の写真を掲載する
  • 料金は必ず明記する

それでは順に解説していきます。

通いやすさを強調する

利用者がポーツジムやフィットネスクラブで最も重視しやすいメリットは「通いやすさ」です。もちろん、施設内設備やトレーナーの質も重要です。しかしそれ以上に、通いやすさは入会への最も重要なファクターとなります。

ジム内の設備が優れていたり、トレーナーが特別な資格を持っていても、自宅から2時間かかる場所にあるジムを利用する人はかなり稀です。それならば、自宅から歩いて10分圏内にあるジムに通う人の方が圧倒的に多いのです。

前述したように、チラシを使ったポスティング広告はエリアを絞って配布することが可能です。チラシで「通いやすさ」を強調し、長期的に通ってくれる人が多いであろう地域にポスティング広告を行いましょう。

キャンペーン内容を明記する

スポーツジムやフィットネスクラブには興味があっても、実際に入会に踏み切るとなるとキッカケが必要な人も多いです。

そこで、チラシを制作する際は必ず何らかのキャンペーンと伴わせて行いましょう。ただのジム紹介では、ユーザーの入会意欲を高めることは難しいからです。キャンペーンの内容は、下記の様な一般的に使用されるもので十分です。

  • 期間内での入会で、入会金・事務手数料無料
  • 無料カウンセリングを〇〇名限定で実施中

この他にも、自社のジムの運営に悪影響が出ない程度で色々なキャンペーンを打ち出しましょう。特に、期間限定の料金割引はチラシでも目を引くサービスのひとつなのでオススメです。

自社のジムだけが持つ魅力を強調する

チラシによるポスティング広告はもちろん、その他のマーケティング戦略において自社だけが持つ魅力を強調しユーザーに訴えかけることが非常に重要です。

フィットネスクラブやスポーツジムは年々増加しており、競争は激しくなるばかりです。そんな厳しい状況で、ジムが成長するためには、自社だけが持つ魅力を強調しなければなりません。他社と同じでは、競争に勝つことができないのです。

チラシによるポスティング広告で、自社の魅力を伝える際にはひとつポイントがあります。それは「近隣の競合ジムにはない魅力やメリットを強調すること」です。決して全国のジムの中で、自社にしかないメリットを作り出す必要はありません。近隣の競合他社にない魅力を伝えることができれば、集客を成功させる大きな要因となります。

インストラクターの顔写真・ジム内の写真を掲載する

スポーツジムやフィットネスクラブへの入会は、意外と勇気がいるものです。特に今までジムに通ったことのない初心者には、どんな場所でどの様な人が居るのか全く検討もつかない状態です。

インストラクターやジム内の写真をチラシに掲載することで、ジムへの入会を検討している人の「不安感」を払拭することができます。写真を見ることで、ジムに自分が通った時のイメージを具体化することができるからです。

特に個人経営のパーソナルジムは、イメージが沸きやすい写真を多めに使う必要があります。大手のような認知度や実績がないため、ジムへの不透明度が高いからです。オシャレな写真を無理に撮ろうとする必要はありません。チラシを見た人が、通った時のイメージを抱きやすい写真を掲載しましょう。

料金を必ず明記する

スポーツジムやフィットネスクラブのチラシを制作する際は、必ず料金を明記しましょう。チラシを見た瞬間に料金が瞬時に分かるくらいにハッキリと掲載するのがオススメです。

理由は「料金が分からないジムを利用する人はほとんどいない」からです。口コミで紹介されたパーソナルジムならあり得るかもしれませんが、少なくとも初見のジムは料金が分からなければ入会などしてくれません。

もし可能ならば、キャンペーンと伴わせて料金を明記するのがオススメです。「キャンペーン期間中の入会で会費が〇〇円お得!」など表現はチラシに合うものであれば、特に何でも大丈夫です。もし料金の安さを売りにしたいのであれば、他のどの要素よりも料金表示にベクトルを向けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最近ではWEBを活用したオンラインマーケティングばかりが目立ちますが、スポーツクラブやフィットネスクラブの集客において、チラシ広告はまだまだ効果を期待できる有効な戦略です。

ここで再度チラシによる反響を最大化させるための5つの施策を振り返りたいと思います。

  • 通いやすさを強調する
  • キャンペーン内容を明記する
  • 自社のジムだけが持つ魅力を強調する
  • インストラクターの顔写真・ジム内の写真を掲載する
  • 料金は必ず明記する

弊社では、社内リソースがなく、自社だけで施策の実行が難しいというお客様向けに、集客戦略の構築、設計を行うだけでなく、SEO対策、MEO対策、リスティング広告運用といった基本的なWEB集客はもちろん、即効性のあるポータルサイト掲載やアフィリエイト掲載、ポスティング改善まで含めて弊社が一括で運用を代行する集客コンサルティングを行なっております。

初回は無料で相談を受け付けておりますので、お気軽にお申し込みくださいませ。

ご興味ある方はお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。初回は無料でカウンセリングいたします。

また弊社が運営している、月間20万人以上がジム探しで利用している日本最大のフィットネスジム検索サイト「FitMap」では、月額3,300円でパーソナルジムをPRできます。

WEBメディアでの広告掲載をご検討の方は、まずは格安のFitMapをお試しください。掲載は下記より申し込みができます。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

株式会社FiiT代表取締役。 FitMapの正式リリースからわずか3ヵ月で月間10万人が利用するメディアへ急成長させる。 ジム向けの集客支援を多方面から支援する会社を拡大中。 ※FitMapユーザー数:20万人/月 (2021/5数値)