集客に困らない!スポーツジムのホームページ制作で注意すべき5つのポイント

「ジムのホームページを運用しているけれど、いまいち結果が出ない…」

上記でお悩みではないですか?

実際に現状「スポーツクラブ ホームページ」で検索しても、ネット上にはスポーツジムのホームページ制作に関わったことがない方が執筆した記事や広告ページしかなく、こうした情報を鵜呑みにしてジムのホームページ運用を行うのは非常に危険です。

そこで、月間15万人以上が利用するフィットネスWEBメディア「FitMap」を運営するマーケティングのプロ・株式会社FiiTのメディア編集部が、スポーツジムのホームページ制作において注意すべきポイントについて解説します。

スポーツジムのホームページを運用しているけれど成果が出ない方、もしくはこれからジムのホームページ制作を検討されている方は必見です。

スポーツジムの運営にホームページは必須

本題に入る前に「なぜスポーツジムの運営においてホームページが必要なのか?」について、少しお話ししたいと思います。

現代のスポーツジムやフィットネスクラブにおいて、自社のホームページを所有していない所はほとんどありません。その理由は、やはりホームページが集客や売上に直結する影響を与えるからです。

インターネットの活用が促進され、WEB上でのマーケティンは、企業が成長し生き残るために必須のものとなりました。同じことがスポーツクラブやフィットネスクラブにも当てはまります。ポスティング広告や看板・店先広告のようなオフライン広告以外に、オンラインでのマーケティングが現代では主流となっています。

WEB上にあるホームページは、どこに居ても・何時でも閲覧し情報を得ることができます。ユーザーに必要な情報を四六時中届けることができるホームページは、ジムの運営において必須なのです。

スポーツジムのホームページが持つ役割

現代では数えきれない程の企業がホームページを所有していますが、業種や分野によってホームページの運用方法や役割は全く異なります。

ここでは、スポーツジムのホームページにおける役割についてお話ししたいと思います。ただ何も考えずにホームページを運用しているのと、役割を理解しているのでは、得られる結果も全く異なります。

今回ご紹介する4つの基本的な役割をしっかり理解しておきましょう。

  • 認知度を高める
  • ジムの特徴やメリットをユーザーに伝える
  • ジムの利用者に正確な情報を届ける
  • キャンペーンなどのサービスをユーザーに訴求する

それでは順に解説していきます。

認知度を高める

ホームページを制作し運用することで、自社のジムの認知度を高めることができます。

スポーツクラブの運営において最も大切なことは、いかに多くの人に「認知」されているかです。入会率や会員数を増やすためには、まずはジムの存在自体を知っておいてもらわなければなりません。

ただし、ホームページを制作して所有しているだけでは、多くの人に閲覧してもらうことはできません。SEO(WEBサイトで上位に表示されるための仕組み)について学び、対策を行わなければなりません。

SEOについては奥が深く、ジムの運営を行いながら、対策を完璧に行うことは至難の業です。あくまで基本的な対策を長期間で行うのがベストですが、どうしても時間が無い場合は、専門家に依頼するのもひとつの手段です。

ジムの特徴やメリットをユーザーに伝える

ホームページ上で自社のジムの特徴やメリットを伝える。つまり「ブランディング」を行うことも大きな役割のひとつです。

単純に料金や営業時間が掲載されているだけのホームページでは、ユーザーの目には留まりません。他のジムにはない、自社のジムだけが持つ魅力をホームページを使って余すことなく伝えましょう。

どういったターゲットでジムの運営を行っているのかによって、ホームページの構成も異なってきます。例えば女性専用ジムならば「女性 ジム」で検索するユーザーが圧倒的に多いでしょう。前述したSEOにも関係しますが、自社の持つ特徴やメリットをキーワードとしてホームページ制作を行うことが大切です。

ジムの利用者に必要な情報を届ける

ホームページの役割は、なにも新規のユーザーに情報を発信することだけではありません。既にジムに入会している利用者に、必要な情報(休館日などのご案内)を正確に届けることも大切な役割のひとつです。

年末年始などの休館日の案内はもちろん、既存の会員にとってお得なキャンペーンなどの告知も行いましょう。ホームページのPV(閲覧数)が増えるだけでなく、退会者を減らすことにも繋がります。

ホームページを制作する際には、新規のユーザー視点だけでなく「既存の会員にも意味のあるサイトか?」を考えながら制作することも非常に大切なのです。

キャンペーンなどのサービスをユーザーに訴求する

ホームページは、自社のジムが行っているキャンペーンなどのサービスをユーザーに訴求するために有効なツールとなります。

スポーツジムを運営しているのならば、入会率や会員数などを増やすために必ず何らかのキャンペーンを行うはずです。そのキャンペーンをホームページ上で告知・宣伝しましょう。

キャンペーン告知専用のコンテンツをホームページ上で制作するのもオススメです。こちらは費用が別途かかりますが、1ページ上で情報が混雑することを防ぎ、ホームページの見やすさがより高まります。

スポーツジムのホームページ制作における5つのポイント

ここまでで、スポーツジムの運営にはホームページが必須であることが十分に理解できたのではないかと思います。

ここからは本題である「スポーツジムのホームページ制作で注意すべきポイント」についてお話しします。これからホームページの制作を検討されている方はもちろん、既に自社のホームページを運用されている方も、ポイントを抑えられているかを確認しながら読んでみてください。

  • ジムのサービス内容を明確に記載する
  • 入会方法や料金は分かりやすく表記する
  • 自社のジムだけが持つメリットを強調する
  • お客様の声を掲載する
  • キャンペーンや入会特典を盛り込む

それでは順に深掘りしていきます。

ジムのサービス内容を明確に記載する

スポーツジムのホームページ制作においては、自社のジムは「どんな施設で、どのようなサービスを提供しているのか」を記載することが最も大切です。

ホームページを訪れたユーザーにとって、そのジムの実態はまだまだ不透明です。どんな場所で、どのようなトレーニングをするのかをユーザーは理解できていません。そんなユーザーの疑問を解決することが、スポーツジムのホームページにおける最も重要な役割です。

施設内の環境や通っている客層、ジム内のマシンまで明確に分かりやすく記載しましょう。ユーザーは、中身のよく分からないジムには絶対に通いません。料金の安さやキャンペーンを打ち出す前に、ジムの詳細を分かりやすく伝えることが先決です。

入会方法や料金は分かりやすく表記する

入会方法や料金設定は、できるだけ分かりやすく表記しましょう。

キャンペーンを全面に押し出しすぎて入会方法や料金がどこに記載されているのか、よく分からないホームページも存在します。「入会方法は写真やイラストを交える」・「料金については表形式にする」などユーザーが見やすいように工夫することが大切です。

また料金の安さを売りにしているジムならば、料金表記に一層の力を入れて制作するように工夫すると自社の強みが際立ちます。入会方法については「入会はコチラ」などのリンクボタンを設置しておくのもオススメです。

ホームページを訪れたユーザーが、瞬時に入会方法や料金を理解できるようなページを心がけましょう。

自社のジムだけが持つメリットを強調する

ホームページ制作において、自社のジムだけが持つメリットを強調することも集客に繋げるための重要なポイントです。

次々と競合のジムがオープンしている現在において、残念ながら「自社だけの強み」を持たないスポーツジムやフィットネスクラブは生き残っていくことが難しいのが現状です。ホームページ上でも、自社のメリットが目立たないジムは集客できないばかりか、ユーザーがすぐに離脱してしまいます。

例えばトレーナーが特殊な指導資格を持っていれば、それだけでホームページ制作の材料となります。まずは「自社だけが持つメリットや強みは何なのか?」を見極めてください。強みやメリットを強調できれば、自然と集客にも繋がっていきます。

お客様の声を掲載する

実際にジムを利用しているお客様の声を掲載することも、スポーツジムのホームページ制作において非常に大切です。

実際に利用している人の声を掲載することで、ページを閲覧したユーザーのジムに対する信頼度を高めることができます。特に、ダイエットに成功した等の体験談は、ジムへのイメージを高める要因となります。パーソナルジムの場合は、利用者に許可を取ってビフォーアフターの写真を掲載させてもらうのもオススメです。

またあえて批判的な口コミも掲載してみるのも有効です。クレーム間近の声は危険ですが、あえて悪い口コミも掲載することで「このジムは口コミを捏造していない」とユーザーに思ってもらうことができます。

入会特典などのキャンペーン内容を盛り込む

ジムで行っているキャンペーンもホームページ上でアピールしましょう。特に入会特典や期間限定での会費割引などは、新規ユーザーの集客を高めるために非常に有効です。

競合他社との競争が激しいフィットネス業界では、ほぼ全てのジムが何らかのキャンペーンを実施して集客に繋げています。同じサービスレベルのジムならば、ユーザーは間違いなくお得な特典を得られる方のジムを選択します。ホームページ上でもキャンペーンの内容がハッキリと分かるように掲載することで、ユーザーの入会意欲を高めることができるでしょう。

ただしホームページはあくまで自社のジムの基本情報を掲載するツールです。キャンペーンの掲載がページのメインとなることは避けましょう。

ホームページで追加すべきオススメのコンテンツ

最後にスポーツジムのホームページで追加すべきオススメのコンテンツを紹介します。

ホームページは特別なスキルを所有していない限りは、業者に依頼することがほとんどだと思います。当然コンテンツを追加すれば、かかる費用も増えていきます。もし予算的に許されるのであれば、以下のコンテンツをホームページに盛り込むのがオススメです。

  • ブログコンテンツを盛り込む
  • ジム内の写真を掲載したギャラリーページを設ける
  • よくある質問(Q&A )ページを作成する

ブログコンテンツを盛り込む

ブログ記事を掲載するページを設けることで、よりホームページは充実したものになります。

内容は、スタッフの紹介やダイエット・筋トレに関する情報などがオススメです。通常のブログサイトと違って、SEOを気にする必要はないので、お客さんやユーザーに届けたい情報を自由に記載しましょう。スタッフ同士が日替わりで執筆するのも手段のひとつです。

ホームページの内容は、日々変わるものではありません。適切な情報やジムの特徴をユーザーに届けるために、ある程度ページ内容は固定しておく必要があります。そこでブログコンテンツを盛り込むことで、ホームページに動きを与えることができます。

ブログ記事を読むためにファンができれば、ホームページの閲覧数も増え、集客にも繋がってくるはずです。

ジム内の写真を掲載したギャラリーページを設ける

ジム内の写真のみを掲載した専用のギャラリーページを設けましょう。

ホームページを閲覧したユーザーに、ジムへ来てもらうためには「ジムに通った時のイメージを具体的に抱いてもらう」ことが大切です。より具体的なイメージを想像するほど、ユーザーの中でジムへの興味は大きくなります。

写真ギャラリーを制作するうえで、自社のジムだけが持つメリットを強調することも大切です。トレーニング器具にこだわりがあるならマシンの写真を。館内設備(シャワールームやエステなど)に自信があるなら、その場所の写真を多く掲載しましょう。ユーザーに強く自社の魅力をアピールすることができます。

よくある質問(Q&A )ページを作成する

ホームページ上で、ジムによくある問い合わせを一覧にしたページを設置しましょう。

ここでは単にお客様から過去にあった質問とその回答を載せるだけでは不十分です。予算の関係でメインページでは、十分に伝えられなかった情報も一緒にコンテンツに盛り込んでしまいましょう。費用の節約になるだけでなく、一問一答形式なのでユーザーも非常に閲覧がしやすいです。

ただし想定される全ての質問を掲載する必要はありません。あくまでユーザーが、比較的持ちやすい簡単な疑問にのみ回答しましょう。それ以外の質問は、問い合わせフォームから敢えて行ってもらうことで、ジムへの集客を一層高めることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スポーツジムの運営において、ホームページの制作と運用は欠かせないものです。今回お話しした5つのポイントを振り返ります。

  • ジムのサービス内容を明確に記載する
  • 入会方法や料金は分かりやすく表記する
  • 自社のジムだけが持つメリットを強調する
  • お客様の声を掲載する
  • キャンペーンや入会特典を盛り込む

これらのポイントを抑えるだけで、スポーツジムにおけるホームページの質は、かなり向上するはずです。再度自社のジムのホームページを確認してみてください。

なお弊社では、今回お話しした内容以外にも、ジム集客に関する様々なご支援を行っております。

ご興味ある方はお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。初回は無料でカウンセリングいたします。

また弊社が運営している、月間15万人以上がジム探しで利用している日本最大級のフィットネスジム検索サイト「FitMap」では、固定費用0円で「入会」成果型の成果報酬でジムをPRできます。

WEBメディアでの広告掲載をご検討の方は、まずは固定費用無料のFitMapをお試しください。詳細資料は下記よりダウンロードできます。

月間15万人以上が利用するフィットネスWEBメディア「FitMap」を運営するWEBマーケティングのプロ集団。スポーツジム・パーソナルジムのマーケティングから経営・開業まで幅広い有益な情報を発信。