コナミスポーツクラブの広告・マーケティング・プロモーション戦略を徹底考察

「コナミスポーツクラブの広告戦略・マーケティング戦略について調査して自社の売上アップに活用したい!」

上記でお悩みですね。実際にコナミスポーツクラブの広告戦略などを確認しようとしても、実際の広告状況をチェックするのはとても労力がかかるため難しいです。

そこで、月間15万人以上が利用するフィットネスWEBメディア「FitMap」を運営するマーケティングのプロ・株式会社FiiTのメディア編集部が、コナミスポーツクラブの広告状況とマーケティング戦略を徹底調査し、今後のマーケティング活動に活かせるようレポーティングしました。

あなたのマーケティング力アップにお役立ちできれば幸いです。

コナミスポーツクラブ広告戦略のポイント

ポイント①:顧客を育成する動画コンテンツ配信

『コナミメソッドまとめ』にて、同社が蓄積している様々なノウハウを無料で楽しむことができる。動画の内容には、腰痛に悩む方向けのストレッチの方法や正しい筋力トレーニングの仕方、前転・後転をマスターするコツまで様々なジャンルが掲載されている。同社及びフィットネスクラブに関心がない層に対してもWEB上でノウハウに該当するワード検索した場合、本ページを訴求することができ、同社の取り組みを知ってもらう機会として貢献している。

ポイント②:謎解きイベントとのコラボイベント開催

同社は、謎解きイベントを企画するクロネコキューブ株式会社とコラボし、所有する大型ウォータースライダーを舞台に謎解きイベントを開催。施設の至るところに謎解きのヒントとなるパズルが散りばめられており、同社の施設紹介を兼ねている。クロネコキューブ社の集客力を上手く活用し、謎解きイベントに参加する若年層・ファミリー層へのPRとしている。

コナミスポーツクラブのマーケティング戦略のポイント

ポイント①:施設外における商品・サービス展開による収入を確立

同社では、本業のフィットネスクラブ施設運営に加え、施設外での収益の柱を確立している。具体的には、企業向けの健康指導や地域支援事業などの出張サービスの展開。サプリメントなどの健康関連食品やプラグラム開発、スポーツイベントの企画運営を行っている。またEC事業においては、健康関連商品の販売を行っている。本業の周辺領域で事業展開することで、シナジー効果を生み出し、双方へ作用することで、全体収益への好循環を生んでいる。

ポイント②:効果を徹底的に追求したプログラム展開

専門知識を持ったインストラクターが、リバウンドしにくい体づくりをサポートする『バイオメトリクス』や全身の筋力トレーニングによる魅せたいプロポーションを実現する『V-BODY』等、運動に加え、食事やサプリメントを活用した効果の高いプログラムを展開している。またこれらのプログラムをリニューアルすることで、時代に合わせたプログラム内容へと進化を遂げている。本業のフィットネスクラブを利用する会員の最大の目的である、ボディメイクを確実に実現できるよう、プログラムの進化でサポートすることで、顧客満足度の向上につなげている。

ポイント③:子供をターゲットにしたスクール展開

同社は、全身運動となるスイミングが子供を対象にニーズが高まっていることを受け、子供向けのスイミングスクール『運動塾』を展開している。本サービスでは、元競泳日本代表選手である同社の社員がコーチとして、泳ぎ方を指導する『少人数制のスクール』にて実施している。大人数制のスイミングスクールと異なり、一人一人にきめ細やかな指導ができるため、子供の習熟度も高く、保護者から高い評価を受けている。高付加価値×細かいターゲット(子供)で、マーケットを絞ることで、特定のニーズに応えるサービスを展開している。

コナミスポーツクラブ差別化戦略

ポイント①:健康を睡眠からサポートするアプリ開発

同社は、睡眠の質を向上させるアプリ『快眠生活。』を配信している。より多くの人々の健康をサポートする存在でありたいという想いのもと、アプリによる睡眠サポートまで手掛けることで、理念実現を目指している。本アプリの具体的な内容として、生物が持つ約24時間の周期『サーカディアンリズム』に基づき、寝ている最中だけでなく、起きている昼間の過ごし方にもアプローチし、良質な睡眠実現のサポートを行っている。

ポイント②:高齢層を対象にしたサービス展開

60歳からの運動スクールとして『OyZ』を展開し、年齢を重ねた層がもつ特有のニーズへ応えている。このOyZは、Open(開く)・Youth(若さ)・Zip(活力)の頭文字を取っており、今再び、若さと活力の扉を開こうをコンセプトにサービス展開している。具体的なプログラムとして、『足腰強化コース』・『脳活性化コース』等があり、認知症や認知機能改善に向けて取り組んでいる。フィットネスクラブとして、カラダへのアプローチのみならずココロへのサポートも行うことで、60代からの健康生活実現に寄与している。

ポイント③:エグゼクティブのニーズを満たす最高級な空間設計

同社の最上位ブランドである『グランサイズ』では、エグゼクティブならではの高級感あふれる設備環境・充実したパーソナルトレーニングに加え、忙しいビジネスマンにとって便利なサロンやエステルームなどを完備している。本ブランドのコンセプトは、『最高の自分であり続けるための、最上級の時間と空間』としており、設備を含め、応対するトレーナー等コンセプトに合わせて設計をしている。商品・サービスラインナップを豊富にすることで、幅広いニーズへの対応を実現している。

まとめ

コナミスポーツクラブの広告・マーケティング戦略についてまとめさせていただきました。やはり大きなフィットネス企業は戦略を持ち賢く広めていることが伺えます。

あなたのマーケティング活動や広報活動の参考になれば幸いです。フィットネス業界により良い価値を提供されることをお祈り申し上げます。

また弊社が運営している、月間15万人以上がジム探しで利用している日本最大級のフィットネスジム検索サイト「FitMap」では、固定費用0円で「入会」成果型の成果報酬でジムをPRできます。

WEBメディアでの広告掲載をご検討の方は、まずは固定費用無料のFitMapをお試しください。詳細資料は下記よりダウンロードできます。

月間15万人以上が利用するフィットネスWEBメディア「FitMap」を運営するWEBマーケティングのプロ集団。スポーツジム・パーソナルジムのマーケティングから経営・開業まで幅広い有益な情報を発信。