ティップネスの広告・マーケティング・プロモーション戦略を徹底考察

「ティップネスの広告戦略・マーケティング戦略について調査して自社の売上アップに活用したい!」

上記でお悩みですね。実際にティップネスの広告戦略などを確認しようとしても、実際の広告状況をチェックするのはとても労力がかかるため難しいです。

そこで、月間15万人以上が利用するフィットネスWEBメディア「FitMap」を運営するマーケティングのプロ・株式会社FiiTのメディア編集部が、ティップネスの広告状況とマーケティング戦略を徹底調査し、今後のマーケティング活動に活かせるようレポーティングしました。

あなたのマーケティング力アップにお役立ちできれば幸いです。

▼▼▼ 本気でジム集客をしたい方以外は無視してください ▼▼▼

昨今、パーソナルジムが増え続けている背景もあり、実際のデータで月10人以上の新規集客ができていないジムは約4割が5年以内に廃業へ追い込まれている現状です。

さらに既存顧客の退会も多くなり、売り上げがみるみる減少しているといった声も多く聞きます。しかし、そうは言っても、

  • 集客と言っても自分で考えうる施策は実施したし、もう何をすれば良いかわからない…
  • どの集客施策が効果的かわからず、怖くて動けてない…
  • 費用対効果が悪くて、広告にお金を回せていない…

上記でお悩みのジム経営者は多いでしょう。

そういった方のために、月間30万PV以上・日本1のアクセス数を誇るジムメディア「FitMap」を運営する株式会社FiiTが、実際にパーソナルジムで月20人以上集客増加した実績に基づく”集客コンサルティング”をご提供。本質的なマーケティング戦略と圧倒的に効果の出る集客施策をご提案することで、御社ジムの売上を大幅に改善し、長期的に利益が出続ける仕組みを構築していきます。

「コンサルティングは高いのでは?」と思われる方もご安心ください。【業界最安値】でご提供することはもちろん、どこよりも数値結果にコミットすることで、お支払いいただく金額を大幅に超える売上を創出させていただきます。

ただ、本気で集客を改善したいというジム経営者の方でないと結果は変わりませんし、我々も”本気で改善したい”という思いのある方のみと一緒にお仕事をしております。そのため1社1社丁寧に対応するために、無料相談は月【3社限定】

これから”本気で集客を強めていきたい”というジム経営者様は、まずは下記ボタンより無料相談をお申し込みください。

▶︎ 無料集客相談する
※本気でない店舗様からのご依頼や相談内容によってはお断りする場合もございます。

ティップネスの広告・プロモーション戦略のポイント

ポイント①:テスト店舗による新サービスの試験提供についてメディアを通して告知

『コンディショニングベース』と呼ばれるサービスを吉祥寺店にて試験提供している。
このサービスは、会員のその日のコンディションに応じたフロアを用意し、回復が必要な会員には、『リカバリーフロア』と呼ばれるフロアを用意、また体温コントロールの為の、『Warmブース』・『Coolongルーム』、筋肉・関節・神経にアプローチするためのエリアとして、『自動整体機』やバネ式のストレッチマシン『ボディメトリクス』を完備している。
集中してトレーニングする為の『アクティブフロア』には、パーテーション付きの『パーソナルRUNブース』や『心拍コントロールシステム』といった最先端コンテンツを取り揃えている。このようなサービスを試験的に営業し、メディアにて特集を受けることで、見込み客へのアプローチを行っている。

ポイント②:日経トレンディ『ヒット予測特集』によるメディア掲載

運動しない97%の人を動かす、新発想のジム『疲労回復ジム』として、2018年日経トレンディ『ヒット予測特集』第3位で掲載。疲れた団塊ジュニア世代が毎日ジム通いすることで、その疲労が癒されると特集された。ジムに通って日常的に運動する人の割合は僅か3%であることに目を付け、残りの97%の人をいかに動かすかに向けたアプローチを展開している。これまでフィットネス業界が取り組んできたことと真逆の発想で取り組むことで、話題を呼んだ。

ティップネスのマーケティング戦略のポイント

ポイント①:異業種とのアライアンスによるビジネス展開

株主の日本テレビホールディングス・読売新聞とのアライアンスをコアに様々な業種とのアライアンスを組んでいる。地域向けアライアンス事業として、行政向け・個人事業主向け・他業種サービス作業向けのビジネスを展開。企業向けアライアンス事業として、健康経営支援及び福利厚生サービスへの展開。企業向けにおいては、保険会社・住設会社、外食・アパレル産業等、日常生活につながる業界とアライアンスを展開することで、シナジー効果を発揮している。

ポイント②:入会2年以上の会員向けに施設利用券の提供

フィットネス業界では、従来から新規入会キャンペーン等、会員数増加に向けた新規客へのアプローチを展開しているが、ティップネスでは、既存の会員が継続利用による自社へのロイヤリティを上げるアプローチを展開している。TLPP(ティップネス・ライフタイムパートナー・プログラム)と呼ばれるサービスで、入会から満2年以上の会員を対象に会員の家族や友人を無料で同伴できる施設利用券や一人でも無料で利用可能な施設利用券(招待券)を特典として提供している。またこれまで紙媒体で郵送していたが、『モバイルウェブ』と呼ばれるサービスにより電子化をすることで、大幅なコスト削減及び効率化を図っている。
サービスの拡充とコスト削減を両輪で回すことで、他社との競争力強化を実践している。

ポイント③:毎日を楽しく軽やかに過ごすための情報を発信するプラットフォームの提供

『カラダにいいこと推進部』と名付け、生活を今よりもっと快適に、毎日を楽しく過ごしてもらうため、各種体験イベントへの参加や定期的にニュースを発信している。またこの発信者は、アンバサダーという登録すれば誰でもなれる仕組みとなっており、健康・美容に関するプラットフォームとして、位置付けている。またこのプラットフォームへの投稿や各種イベントに参加することで、プレゼントと交換できる『アンバサダーポイント』が付与され、よりコミュニケーションが促進する仕組みとなっている。
事業の周辺でのコミュニケーションを活発化させることで、自社(サービス内)との交流を豊かにしている。

ティップネスの差別化戦略

ポイント①:多様な業態によるブランド展開。

豊富なプログラムと充実の施設の総合型フィットネスクラブ『ティップネス』に加え、
24時間年中無休でリーズナブルな月会費マシンジムの『ファストジム24』、丸の内に在住する人々をターゲットにした『TIPNESS MARUNOUCHI STYLE』、ワーク&ライフパフォーマンスを支えるコンディショニングクラブ『YIPNESS NIHONBASHI STYLE』、最先端の施設とプログラムでサポートするエンパワーメントジム『ティップクロスTOKYO』、女性の為のヨガコンディショニングサロン『libery』、女性のための溶岩ヨガスタジオ『HOTLUX』、0~15歳までのキッズスクール『ティップネスキッズ』の計8ブランドを展開し、各ターゲットに合わせた商品・サービスを提供するブランド展開を行っている。

ポイント②:『コンディショニング』の考え方を取り入れたオリジナルメソッド

オリジナルメソッド『1WEEKコンディショニング』のサービスを提供し、やみくもにトレーニングを頑張るのではなく、ココロとカラダの状態を総合的に評価する為に独自に策定した新指標『調子』をもとに、運動・食事・回復をトータルで考え、トレーニングの効果が出やすい状態に整えることに重点を置いた『1WEEKコンディショニング』を会員へ提案している。最大の特徴はトレーニングや回復の効果を最大限に引き出すための『調子別』のメニュー構成であり、利用者は、毎回備え付けの専門スキャナーで『調子』の測定を行い、その日の状態に応じた内容のトレーニングまたは回復メニューを行う。

まとめ

ティップネスの広告・マーケティング戦略についてまとめさせていただきました。やはり大きなフィットネス企業は戦略を持ち賢く広めていることが伺えます。

あなたのマーケティング活動や広報活動の参考になれば幸いです。フィットネス業界により良い価値を提供されることをお祈り申し上げます。

また弊社が運営している、月間15万人以上がジム探しで利用している日本最大級のフィットネスジム検索サイト「FitMap」では、固定費用0円で「入会」成果型の成果報酬でジムをPRできます。

WEBメディアでの広告掲載をご検討の方は、まずは固定費用無料のFitMapをお試しください。詳細資料は下記よりダウンロードできます。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

株式会社FiiT代表取締役。 FitMapの正式リリースからわずか3ヵ月で月間10万人が利用するメディアへ急成長させる。 ジム向けの集客支援を多方面から支援する会社を拡大中。 ※FitMapユーザー数:20万人/月 (2021/5数値)