「スポーツジム集客」の方法とマーケティング戦略で売上・販促を最大化する方法

「スポーツジムを運営しているが、売上をあげるための戦略が分からない」

上記でお悩みではないでしょうか。

実際に現状「スポーツジム 集客」と検索しても、ネット上にはジム集客に携わったことのない方が執筆した記事やブロガーが書いた推論しかなく、実践に基づいた施策がないためこれらの情報を鵜呑みにするのは大変危険だと感じます。

そこで、月間15万人以上が利用するフィットネスWEBメディア「FitMap」を運営するマーケティングのプロ・株式会社FiiTのメディア編集部が、スポーツジム・フィットネスクラブの集客のために実施すべきマーケティング戦略について詳しく解説します。

今回お話しする内容を理解し、実践することで必ず集客・売上に繋がることをお約束します。

フィットネス業界の市場同行について

どの業界においても現在の市場同行を知ることは、ビジネスの第一歩です。本題に入る前にフィットネス業界の同行について、少しお話ししたいと思います。

2012年から2018年まで、フィットネス業界は右肩上がりに伸び続けていました。特に2018年は、過去7年間で最大の伸びを記録しており、市場規模は前年より4%増・会員数は前年比11%増の514万人で、初めて全国民の参加率が4%を越えています。(※1)

ここまで聞くとフィットネス業界は伸びている分野と思いがちですが、そうでもありません。経済産業省によると、2019年の会員数は0.1減・利用率も0.4%減と5年ぶりに減少。2021年にはコロナの影響を大きく受け、会員数は-28.9%と大幅に減少しています。(※2)

現在も世間では「フィットネスブーム」という言葉が使われており、伸び続けている業界だと思われがちですが、実際のデータを見るとそうでもないことがわかります。パーソナルジムや24時間ジムなどが次々とオープンする反面、全体的な利用者は減っているのです。

参照元
※1:FitnessBusiness
https://business.fitnessclub.jp/articles/-/29
※2:経済産業省「フィットネスクラブの動向」
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/sanko/pdf/hv58_02j.pdf

スポーツジムの集客にマーケティング戦略が必要な3つの理由

まずは何故スポーツジムの集客アップや売上向上において、マーケティング戦略を実施する必要があるのかをお話ししたいと思います。

現代のビジネスにおいて、もはやマーケティング戦略を実践することは、売上向上に欠かせない要素となりました。

スポーツクラブ・フィットネスクラブにおいても下記の3つの理由から、マーケティング戦略は必須だと言えます。

  • 競争が激化している
  • WEBマーケティングの活性化
  • 顧客ニーズの変化

それでは順に深堀していきます。

競争が激化している

現在、フィットネスクラブやパーソナルジムは年々増加しており、日々顧客の取り合いが激化しています。そのような市場環境で、運営を成功させるのは容易なことではありません。

以前は地域の商圏内に限られた数のスポーツクラブしかなかったため、自然とエリア内のユーザーがジムに入会してくれる状態でした。しかし現在はマーケット内にいくつものフィットネス施設が乱立し、商圏内の顧客の取り合いが起こっています。

正しい戦略を実践し、確実に商圏内のユーザーを集客できなければ、フィットネスクラブの運営を成功させることはできないのです。

WEBマーケティングの活性化

WEBマーケティングが活性化し、同時に一般化したことで、マーケットの競争率はより一層激しいものになりました。

今までスポーツジムやフィットネスクラブの広告は、ポスティングや看板広告などエリアマーケティング手法が一般的でした。しかしWEBでのマーケティングが一般化したことにより、エリアを制限せずにお店の宣伝が可能となったのです。

より広範囲で、より多くのターゲット層を対象に宣伝ができるWEBマーケティングは、便利であると同時に競争の激化ももたらしています。

正しいWEBマーケティングの知識を知り、実践することが現代のビジネスでは求められているのです。

【関連記事】

顧客ニーズの変化

スポーツクラブに通う利用者のニーズは年々変化してきています。

以前は健康とダイエットを目的に通う人がほとんどでしたが、現在では「スタイル維持・コンプレックス克服・フィットネス競技のため」など利用者がスポーツジムに通う目的が多様化してきています。

顧客のニーズが多様化したことにより、従来のマーケティング戦略では集客を成功させることが難しい状態です。しっかりと顧客のニーズを読み取り、他のジムにはない魅力を強調することが、現代のスポーツクラブの運営には求められています。

マーケティング戦略を実践する前に知っておくべきこと

ここでは、マーケティング戦略を実践する前に知っておくべきことについてお話します。

マーケティング戦略は決して突発的に行うものではありません。戦略を実践する前に、いくつかの分析を行っておく必要があります。

どの様な分析を行うべきかは分野や業界によって様々ですが、スポーツジム・フィットネスクラブは以下の3つを戦略実践前に行うことが大切です。

  • 商圏分析
  • 顧客ニーズの分析とターゲット層の明瞭化
  • 競合他社の把握

順に詳しく解説していきます。

商圏分析

商圏分析を行うことは、スポーツジム・フィットネスクラブのマーケティングを行ううえでの第一歩です。

商圏分析とは「エリア内に居住・訪問する人の趣味や嗜好を分析し数値化すること」を指します。主に国勢調査のデータを使用しますが、信頼できるデータなら他のものも利用可能です。

商圏分析をマーケティング戦略前に実施しておくことで、顧客となるターゲットがエリア内に居住しているのかを前もって知っておくことができます。

商圏分析は、後述するポスティング広告にとって必須の分析方法です。必ず実施しましょう。

顧客ニーズの分析とターゲット層の明瞭化

自社が獲得したい顧客のニーズとターゲット層を明確にしておくことは、マーケティング戦略を実施するうえで非常に重要なことです。

スポーツジムに通う顧客のニーズは様々です。時代と共にニーズも変化しており、フィットネスクラブに通う目的も人それぞれ異なります。「自社のスポーツジムの顧客ニーズはどこにあるのか」を知らなければ、集客・売上を高めていくことができません。

また「どんなユーザーをターゲットに運営を行うのか」も分析しておく必要があります。若年層向けならWEBを中心とした戦略、シニア向けなら従来のポスティングや看板広告などターゲット層によってマーケティング戦略は異なります。

競合他社の把握

スポーツジムの運営では、競合他社を分析しておくことは必須の要素です。

スポーツジム・フィットネスクラブはエリアマーケティングが主流の業態です。同地域内のユーザーをいかに囲い込めるかが、運営の成功を左右します。競合他社にエリア内のユーザーを獲得されてしまうと、集客できる顧客が居なくなってしまうからです。

競合他社の強み・弱み・ターゲット層・立地など様々な要素を分析しておきましょう。そのうえで「競合他社にない自社の魅力」を見つけることができれば、集客に有効な戦略を実施することができます。

また「競合他社がどのようなマーケティング戦略を実施しているのか」を知っておくことも大切です。同じ戦略の実施を回避することで、ユーザーの取り合いを避けることができます。

他社ジムのコンセプトについては下記記事に整理しました。こちらも併せてご参考ください。

【関連記事】

スポーツジム・フィットネスクラブのマーケティング戦略

本題であるスポーツジム・フィットネスクラブのマーケティング戦略についてお話ししていきたいと思います。

マーケティング戦略は、業界や分野において全く方法は異なりますが、ここではスポーツジム・フィットネスクラブに適した以下のマーケティング戦略についてお話しします。

  • スポーツジム特化のポータルサイトへの掲載
  • ホームページ・LPで集客対策の実施
  • コンセプトを見直す
  • 入会特典などのキャンペーンの実施
  • イベントの開催
  • ポスティング広告
  • 看板広告
  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • SNS発信

それでは順に解説していきます。

スポーツジム特化のポータルサイト掲載

地域でのマーケティングが非常に重要なスポーツジムは「スポーツジム特化のポータルサイト」への掲載が集客が売上を上げるための鍵です。

月間15万人以上がジム探しで利用するジムポータルサイト「FitMap」のデータでは、現状ジム探しで8割以上の方が「WEBで検索した」と回答していたほど、現在はWEB施策が非常に重要になります。

既に地域のジムまとめページへ流入あるサイトに掲載することになるため、即効性という観点では最も効率よい手法と言えるでしょう。とは言え、掲載料で数十万取るサイトもあるため、大きく予算をかけられないスポーツジム経営者の方は初期費用が安いサイトに掲載することをおすすめします。

スポーツジム系のポータルサイトは限られており、下記あたりが送客が多いと評判です。

その他にも集客実績のあるスポーツジムのポータルサイトをまとめたページもありますので、よろしければ併せてご確認ください。

FitMapは月額固定費用完全無料で掲載できますので、まずは気軽に試してみたい方はFitMapをお試しください。詳細資料は下記よりダウンロードできます。

ホームページ・LPで集客対策の実施

ホームページやLPを集客できる体制にするよう見直すのも、「広告費を削減して売上を伸ばす」観点では非常に重要です。

しかし、即効性もない上にホームページやLPに改修をかけるとなるとお金も大きくかかってきます。また、WEBマーケティングの専門性のある方がディレクションしないと、結局作り直してまたお金がかかる、なんてことになりかねません。

改修をかける際は必ず、WEBマーケティングに精通したWEB制作会社に依頼するようにしましょう。

弊社もWEB制作承れます。月間15万人以上が利用するジム特化WEBメディア「FitMap」を運営して得たWEBマーケティングノウハウを活用したWEB制作を行わせていただきます。ご興味ありましたら「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。

【関連記事】

ジムのコンセプトを見直す

同じエリアに出店されているジムと比較し、自社がどういう差別化を行っているかは、ポジショニングというマーケティングをする上で重要になります。

その中でもどういうコンセプトでジムを展開しているかは、あなたのジムへ入会される決定打となる確率が高いため、他ジムと差別化できていない場合は策定し直すことをおすすめします。

大きいフィットネスジムのポジショニングについてまとめたページがありますので、自社のコンセプトがイマイチぶれてしまっている方は下記ページを参考にコンセプトを策定してみてください。

入会特典などのキャンペーンの実施

入会特典などのキャンペーンを実施することは、スポーツジム・フィットネスクラブのマーケティングにおいて必須です。

スポーツジムやフィットネスクラブがキャンペーンを行う最大の理由は「ユーザーの入会へのハードルを下げるため」です。実際に既存ジムのほとんどが入会キャンペーンや会費割引のキャンペーンを行って、入会者を増やそうと取り組んでいます。

また競合となるスポーツジムのキャンペーン内容をチェックしておくことも大切です。ジムの運営に悪影響が出ない程度で、他社に負けないキャンペーンを実施することにより入会者を多く獲得することができます。

イベントの開催

イベントの開催もスポーツジムのマーケティング戦略として非常に有効です。

スポーツジムやフィットネスクラブの運営において「退会者を減らすこと」は入会者を増やすことと同様に重要な要素となります。何らかのイベントを実施することで、会員のマンネリを防ぎ、退会を防ぐことができます。

またイベントを開催する旨を告知・宣伝することで、入会者獲得に繋がる可能性も。もし可能であれば、地元のポータルサイトなどに掲載を依頼しましょう。ジムの宣伝ができると同時に、新規ユーザーの発掘も行うことができます。

ポスティング広告

ポスティング広告もスポーツジム・フィットネスクラブの運営において、非常に有効なマーケティング戦略のひとつです。

ポスティング広告では、前述した商圏分析のデータを元にチラシの投函を行います。商圏分析から導き出した「ターゲット層が居住しているエリア」に集中してポスティングを行いましょう。

またキャンペーンを実施している場合は、同時並行してポスティング広告を行うのがオススメです。エリア内には、ジムへの入会を何らかの理由で迷っているユーザーも存在します。ポスティングによってキャンペーンを告知することで、入会への意欲を掻き立てることが可能です。

下記に詳しくポスティングについて詳しくまとめたページがございますので、併せてご参考ください。

看板広告

現代ではWEB広告を中心としたオンラインマーケティングが主流となりつつありますが、スポーツジム・フィットネスクラブのマーケティングでは、看板広告はまだまだ有効な戦略のひとつです。

特にロードサイド型の大型・中型のスポーツクラブは、幹線道路沿いに看板広告を設置することで、ユーザーのジムへの認知度を大幅に高めることができます。また駅前の小規模ジムでも駅周辺に看板を設置することで、ユーザーへの訴求が可能です。

看板広告は、高い費用と手間がかかる広告形態ですが、ジムへの認知度を高めるためには非常に有効なマーケティング手法です。期間を限定しての掲載ならば、費用をかなり抑えることもできるので、実施してみることをオススメします。

リスティング広告

リスティング広告とは、パソコンやスマートーフォンで検索した際に表示される広告形態を指します。GoogleやYahoo!といった媒体に広告費を支払うことで、掲載が可能です。

リスティング広告の魅力は、顕在的な顧客をターゲットにできる点にあります。例えば「スポーツジム 24時間 渋谷」で検索する人は、渋谷の24時間ジムを探している人です。つまり自社のスポーツジムの特徴を加味したキーワードを設定することで、より顕在的な顧客をターゲットに絞り出すことができます。

一般的に「オーガニックサーチ」と呼ばれる検索方法は、無料でWEB上に媒体を掲載することが可能ですが、SEO対策を施さなければ上位表示させることはできません。一方でリスティング広告は、費用こそ発生しますが、直ぐにでも上位表示は可能です。

自社のスポーツジムの特徴をキーワードにして広告を掲載することで、より自社が狙うターゲット層にアプローチすることができます。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、webサイトやアプリ上の広告枠に表示される画像や動画、テキスト形式の広告を指します。一般的にバナーとして掲載されることが多いため「バナー広告」とも呼ばれます。

リスティング広告と同様、キーワードを狙って広告表示させることが可能です。ディスプレイ広告は、ポータルサイトのトップページなどにも掲載させることができるので、よりエリアマーケティング色の強いスポーツクラブの運営にはピッタリの戦略です。地元のポータルサイトに自社のスポーツジムの広告が掲載されれば、近隣に居る新規ユーザーの目を一挙に集めることができます。

ディスプレイ広告は、リスティング広告と異なり、画像や動画で広告を打ち出すことができます。自社のスポーツジムのイメージ画像やジムの内装写真は、積極的にディスプレイ広告に活用しましょう。

 SNS発信

インスタグラムやツイッターなどを活用したSNS発信は、現代のビジネスにおいて非常に有効な戦略のひとつです。

SNSを活用したマーケティングの魅力は、何といっても拡散力にあります。投稿した内容が、一度注目を浴びればスポーツジムの認知度を一気に高めることが可能です。費用をかけずにジムの宣伝が出来る非常に優れたツールになります。

ただし無料である反面、効果を生み出すにはかなりの努力と工夫が必要です。すぐには結果が出ないことを理解したうえで、長期的にアカウントを育てる意識が大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現在フィットネス業界の同行は厳しく、競合他社も多いため、非常に厳しい市場であることに間違いありません。そんな厳しい環境だからこそ適切なマーケティング戦略が必要となってきます。

ご紹介した7つのマーケティング戦略をスポーツジム・フィットネスクラブの運営にぜひ役立ててください。

今回は、スポーツジム・フィットネスクラブのマーケティング戦略について、業界マーケティングのプロである株式会社FiiTのメディア編集部がお届けしました。

なお弊社では、今回お話しした内容以外にも、ジム集客に関する様々なご支援を行っております。

ご興味ある方はお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。初回は無料でカウンセリングいたします。

また弊社が運営している、月間15万人以上がジム探しで利用している日本最大級のフィットネスジム検索サイト「FitMap」では、固定費用0円で「入会」成果型の成果報酬でパーソナルジムをPRできます。

WEBメディアでの広告掲載をご検討の方は、まずは固定費用無料のFitMapをお試しください。詳細資料は下記よりダウンロードできます。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

月間20万人以上が利用するフィットネスWEBメディア「FitMap」を運営するWEBマーケティングのプロ集団。スポーツジム・パーソナルジムのマーケティングから経営・開業まで幅広い有益な情報を発信。