スポーツジム開業マニュアル|フランチャイズ・独立店舗立ち上げの必須知識

「スポーツジムを開業したいけれど、方法が分からない」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「スポーツジム 開業」などで検索しても、ネット上にはスポーツジムの開業に関わったことがない方が執筆した記事や広告ページしかなく、こうした信憑性に欠ける情報を鵜呑みにして開業に踏み切るするのは、非常にリスクが高いです。

そこで、月間15万人以上が利用するフィットネスWEBメディア「FitMap」を運営するマーケティングのプロ・株式会社FiiTのメディア編集部が、スポーツジムを開業するために必要な知識についてお話しします。

これからスポーツジムを開業しようと検討されている方は必見です。

フィットネス業界の市場同行

本題に入る前に、現在のフィットネス業界の市場同行について少しお話ししておきたいと思います。これから開業を検討されている方は、現状の市場同行をしっかりと理解しておいて下さい。

2012年から2018年まで、フィットネス業界は右肩上がりに伸び続けていました。特に2018年は、過去7年間で最大の伸びを記録しており、市場規模は前年より4%増・会員数は前年比11%増の514万人で、初めて全国民の参加率が4%を越えています。(※1)

ここまで聞くと「フィットネス業界は伸びている」と思いがちですが、そうとは言い切れません。経済産業省によると、2019年の会員数は0.1減・利用率も0.4%減と5年ぶりに減少。2021年にはコロナの影響を大きく受け、会員数は-28.9%と大幅に減少しています。(※2)

現在も世間では「フィットネスブーム」という言葉が使われており、伸び続けている業界だと思われがちですが、実際のデータを見るとそうでもないことがわかります。パーソナルジムや24時間ジムなどが次々とオープンする反面、全体的な利用者は減っているのです。

現状、コロナ禍の影響でスポーツジムを含めたフィットネス業界は非常に厳しい市場環境にあります。各社様々な取り組みを実施していますが、この危機を脱する方策を打ち出せているスポーツジムはほとんど存在していません。

このような市場環境でスポーツジムを開業し運営を成功させるには、徹底した準備が必要なことは言うまでもありません。今回お話しする内容をしっかりと理解し、まずは開業までのプロセスを理解しましょう。

参照元
※1:FitnessBusiness
https://business.fitnessclub.jp/articles/-/29
※2:経済産業省「フィットネスクラブの動向」
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/sanko/pdf/hv58_02j.pdf

スポーツジム開業のために必要な知識

本題であるスポーツジム開業のための知識についてお話ししていきます。

スポーツジムの開業に必要な知識は大きく分けて以下の3つがあります。

  • 開業資金について
  • 内装・塗装工事について
  • マシン設備について

基本的にはこの3つの知識が備わっていればスムーズに開業を行うことができます。もちろん開業後には、経営の知識や財務に関する知識が必要ですが、これらについては本題から逸れるので割愛します。

それでは3つの知識について深堀していきたいと思います。

開業資金について

スポーツジムを開業する時にまず考えるべきは『資金について』です。そこで、スポーツジムを開業するための資金について解説していきたいと思います。

スポーツジムの開業資金について考える上では、「開業に必要な資金」と「資金の調達方法」について理解を深める必要があります。

この2つの内容をしっかりと理解しておくことで、開業のための資金繰りをよりスムーズに進めていくことが可能です。

開業に必要な資金

まずは開業にどのくらいの資金が必要なのかを把握します。

スポーツジムの開業に必要な資金は以下の3つです。それぞれに発生する大まかな金額も記載します。

  • 物件取得費:家賃×6ヶ月分(家賃30万円の場合。30×6=180万円)
  • 内装費:350万円〜630万円
  • 設備費用(マシンなど):50万円〜120万円

上記の金額を参考にすると、全体で500万円〜1000万円の資金が必要な計算になります。もちろん『フランチャイズ契約』か『独立』なのかによっても、かかる資金は全く異なってきますが、参考程度に理解しておきましょう。

また「100万円あれば、スポーツジムを開業できる」ということを述べるメディアもありますが、これは全く信憑性の無い情報です。100万円程度では、下手をすればマシンを購入した時点でキャッシュ切れを起こしてしまいます。

上記に記載している金額もあくまで参考程度の大まかな金額です。実際に開業に踏み切る際は「多数の業者で相見積もりを作成した上で、さらに明確な必要資金を算出する必要がある」ことも覚えておきましょう。

資金調達について

スポーツジムの開業にどのくらいの資金が必要なのかが理解できたら、次は「どのように資金を調達するのか」を考える必要があります。

スポーツジムの資金調達方法として代表的な3つの方法をご紹介します。

  • 自己資産の利用:自身が保有する貯金などの資産
  • フランチャイズ契約による資金補助:大手スポーツジムなどとFC契約を行い、開業資金の援助を受ける
  • 日本政策金融公庫(日本公庫)からの融資:日本政府の公的機関からの資金援助

これ以外にも様々な資金調達方法がありますが、上記3つは「比較的リスクが少ない資金調達方法」です。できるならば自己資産を利用して開業するのがベストです。自己資産の利用ならば、経営破綻という最悪のケースでも借金の返済を背負うリスクがありません。

ただし「自己資産で開業資金を全て賄うと手元のキャッシュがゼロになる」という方は、FC契約か日本公庫からの資金援助を検討しましょう。

もちろんどちらも融資を受けるには、『融資条件』と『リスク』があります。特にFC契約で融資を受けた場合は「本部に開業後一定のロイヤルティを支払い続ける必要がある」ので、熟考してから契約を締結するかを判断しましょう。

以上がスポーツジムの開業資金の基本知識です。今回は大まかに解説しましたが、開業資金については下記の記事でさらに詳しく解説しています。ぜひ一読してみてください。

内装・塗装工事について

スポーツジムの開業において内装・塗装工事は必須です。そこで内装・塗装工事について理解しておくべき4つの要素について解説していきたいと思います。

前述した通り、内装工事は300万円を超える費用が発生する大規模な取り組みです。スポーツジムの開業のための重要なプロセスの一つでもある内装工事に関して無知では『イメージ通りのジム』を完成させることはできません。

今回ここでお話しする4つの要素は内装・塗装工事において必須のポイントです。実際に内装工事に取り掛かる前にしっかりと内容を理解しておきましょう。

スケルトン物件or居抜き物件かを選ぶ

ここで言うスケルトンとは、『何もない空間』という意味です。つまりスケルトン物件とは「何もない空間で一から内装設計を行うことができる場所」を指します。スケルトンの魅力は何と言っても、一からデザインを決められることです。

対して居抜き物件とは「以前にスポーツジムなど、何らかのお店が運営されていた場所」を指しています。スケルトンと違ってベースの壁紙や設備は元から決まっていますが、一から工事を行う必要が無いため、費用を大幅に節約することが可能です。

どちらの物件を選ぶのかは、予算や集客したいターゲット層によって異なってきます。例えば「40代〜50代の健康・美容意識が高い女性」をターゲットにしたい場合は、オシャレな空間を造り出せる『スケルトン物件』がオススメでしょう。反対に「トレーニングさえできれば良い」と言う客層をターゲットにする場合は、居抜き物件で費用を抑えるのが得策です。

物件の選択は内装・塗装工事の最重要ポイントです。まずは大前提として、どちらの物件を選択するのかを検討しましょう。

床の耐荷重と防音設備を徹底する

スポーツジムの内装工事を行う時に特に注意すべきことは『床の耐荷重』と『防音設備』に留意することです。

床の耐荷重はほとんどのテナント物件で1㎡あたり300kgとなっています。これを超えて一箇所にマシンを集中させた場合、最悪のケースとして床が抜ける危険性もあります。必ず「あらかじめ物件の耐荷重を確認しておく」ことが必須です。あまりにも荷重性が悪い物件は、スポーツジムとして利用するには不向きです。

また防音設備にも気をかける必要があります。ダンベルやバーベルの器具を使用した時に出る音は、想像以上に響き渡ります。壁が薄い物件や、真下に住民やテナント店が入っている物件は特に要注意です。騒音問題に発生した場合、営業停止となる可能性もあります。

オシャレなデザインやマシン器具にこだわる前に、床の耐荷重と防音設備に気を配り、問題が無いことを確認しましょう。

レイアウトや壁紙のデザインは顧客ニーズに適したものを選択する

スケルトン物件を選んだ場合は、一から物件の内装をデザインすることができます。しかしただ闇雲に自分の好きなデザインを選べば良いという訳ではありません。

必ず「自社のターゲットとなる顧客のニーズに合うデザイン」を心がけましょう。例えば、高級志向のスポーツクラブならば『高級感と落ち着きのあるモダンなデザイン』に。女性専用ジムならば『明るく、清潔感があるデザイン』といった具合です。

内装・塗装工事においてもしっかりとコンセプトを持つことが重要です。「何故そのデザインにするのか?」を考えましょう。顧客のニーズとマッチしたデザインにすることで、より利用者からの評判も高くなるはずです。

また居抜き物件の場合で、一からデザインが必要ない場合も注意が必要です。元からあるデザインを使用すれば塗装費などを節約できますが、自社の顧客ニーズとあまりにマッチしていない場合はデザインを変更する必要があります。

以上がスポーツジムの内装・塗装の基本知識になります。下記の記事でさらに詳しく解説しているので、ぜひご一読ください。

マシン設備について

スポーツジムを開業する際に欠かせないのが『マシンの設置』です。

内装や塗装などに比べて、マシン設置に興味がある経営者やオーナーの方も多いのではないかと思います。

しかし「自分が気に入ったから」という理由で何百万もの資金を使って闇雲にマシンを購入するのは危険です。しっかりと、マシン購入の基本ポイントを抑えた上で購入の意思決定をする必要があります。

そこでマシンの購入に関するポイントを2つご紹介したいと思います。これから開業のためにマシンを購入される方は、ぜひ参考にしてみてください。

家庭用or業務用マシンかを選択する

大前提として、まずは『家庭用マシン』か『業務用マシン』のどちらを自社のスポーツジムに設置するのかを決定します。

一般的な大手スポーツジムの多くは、『業務用マシン』を使用していることがほとんどです。その理由は「使い勝手がよく、丈夫だから」です。多くの会員が連続で利用する大手のスポーツクラブでは、故障が少ない業務用マシンが適しているのです。ただし1台あたりの相場は、70万円〜200万円とかなり高額になります。

反対に家庭用マシンは、業務用マシンに比べて比較的安価で購入することができます。相場は10万円〜50万円ほど。ただし業務用マシンに比べて、安定性や耐久力は劣ります。

数千人規模の会員数を誇るスポーツジムで家庭用マシンを設置するのは、オススメしません。反対に数百人規模で、ジムエリアも狭いのに業務用マシンを購入するのも費用の無駄使いになります。どちらのマシンを選択するかは「自社の予算や顧客ニーズを参考に決定する」ことが大切です。

マシンのラインナップは顧客ニーズに合わせる

「どのようなマシンを置けばいいのか分からない」という方も少なくないのではないかと思います。

そんな方は、まず「自社の顧客はどのようなトレーニングをしたいのか?」について考えることが大切です。女性中心の客層なら、マシン器具やスミスマシンなどの比較的安全性の高い器具を。男性中心ならフリーウェイトエリアを充実させる必要があります。

いずれにせよ「自分が気に入ったマシンを設置する」という短絡的な決定は避けましょう。必ず利用者の目線に立ってラインナップを考えることが重要です。

マシン購入は内装・塗装工事同様に多くの費用が発生する事項です。しっかりと分析や情報収集を行った上で意思決定を行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『スポーツジムの開業マニュアル』として開業前に理解しておくべき3つの要素について、業界マーケティングのプロである株式会社FiiTのメディア編集部がお届けしました。

スポーツジムを開業するということは、多くの意思決定を必要とし、同時に大変な労力と資金がかかる取り組みです。中には「スポーツジムは簡単に独立・開業できる」という声もありますが、決して惑わせれてはいけません。

今回お話しした内容も含め、しっかりと情報分析と計画を行い開業に臨んでください。

なお弊社では、今回お話しした内容以外にも、ジム集客に関する様々なご支援を行っております。

ご興味ある方はお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。初回は無料でカウンセリングいたします。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

月間20万人以上が利用するフィットネスWEBメディア「FitMap」を運営するWEBマーケティングのプロ集団。スポーツジム・パーソナルジムのマーケティングから経営・開業まで幅広い有益な情報を発信。